2007年11月アーカイブ

中国検閲事情

 今日は中国における検閲事情です。

A few (edited) words on Chinese censorship
By Mure Dickie

It is one thing to write about censorship (as anyone who seeks to explain how China works must), quite another to have your own words gutted of their meaning on nationally broadcast television.

This was my fate earlier this year when I took part in a discussion about China's future on Shenzhen Satellite TV's Reform Dialogue programme.

The concept of the show was fascinating: an exploration by former senior officials, academics, journalists and students of the implications for China of issues brought up in the Rise of the Great Nations , a history series shown on state television last year. But while the discussion during the recording session was wide-ranging and stimulating, the version broadcast offered an object lesson in how the Communist party's pervasive system of media censorship guides and limits public political discourse.

For me, it meant that those of my comments not cut completely were stitched together in ways that robbed them of any political sensitivity and, indeed, of most of whatever significance they might have had.

When I made the point that it would be dangerous for China to emulate past "Great Nations" in seeking to seize global or regional leadership, for example, the reference to danger was cut out. All that was left was the bland suggestion that China seek instead to be one member of an international community of great nations. References to legitimate international concerns about China's rejection of democracy and the nationalism of Chinese youth were also expertly excised.

The taming of one foreign journalist on a show with only a tiny share of the national television audience is no big deal. But censorship does matter - and not just to those with a narrow interest in politics. While Beijing has in recent decades greatly eased the degree of control exercised over coverage of topics such as entertainment, business and economics, the influence of the party's propaganda department remains pervasive. I was reminded of this by a recent report in one of southern Guangdong province's bolder newspapers of an alleged embezzlement case involving the local branch of the postal savings system.

In most places, the arrest of He Liqiong, the branch head, would be big national news. According to the Yangcheng Evening News, Ms He is suspected of siphoning off an estimated Rmb1.8bn ($240m) in savings. The case raises questions about the quality of local financial regulation, as well as about the management of a postal savings system that was recently converted into China's fifth biggest bank.

Such issues are not getting a public hearing, however. The Yangcheng Evening News report was a rare and brave break in a blanket of silence thrown over the case by the Guangdong government. "Last year, the provincial party committee issued an order forbidding reporting on this case," says a local official. "The report by the Yangcheng Evening News was a breach of discipline."

While courageous Chinese journalists continually test the boundaries, they swim against a regulatory tide. The collapse of the government's attempt to cover up the deadly Severe Acute Respiratory Syndrome epidemic in 2003 raised hopes Beijing might ease censorship, but Hu Jintao, president, appears even more keen to control than his predecessor Jiang Zemin.

Mr Hu has stressed the need to strengthen the state's already surprisingly effective "management" of the internet, in order, as he puts it, to protect "national cultural information security and the long-term stability of the state".

Some visitors to China - and, indeed, many Chinese - say free-speech advocates overstate the censors' power. But local media look much freer than they really are - in part because of the role dupes such as me play in creating a false impression of genuine debate. No one watching Reform Dialogue could have known that my real views never got past the editing room.

The party propaganda department wisely suppresses discussion of its work (my comments about the difference between western and Chinese media were among those excised, for example). But it leaves every journalist, editor and television producer in no doubt that there are boundaries they should not cross.

The result is that true public exploration of vital questions facing China is near impossible. Viewers of Reform Dialogue never had the chance to hear participants wonder whether authoritarianism might be good for catch-up economies, suggest emulation of Japanese reverence for traditional culture and grapple with the issue of whether China's emergence should be described as a "rise" at all.

Many viewers saw last year's Rise of the Great Nations series as an unprecedented attempt to stimulate wider debate about how China should manage its own rise. For now, the debate remains stunted.

How much does this matter? I will leave the last word to Zhou Xiaozheng, a Beijing professor who enlivened the Reform Dialogue studio session with sharp commentary on the social issues surrounding China's climb to Great Nation status - little of which survived the editors.

"If people do not have the right of expression, there can be no 'rise' to speak of," Prof Zhou said in one remark that, ironically perhaps, did make it to broadcast. "[And] even if you do 'rise', nothing good will come of it."

 FT11月22日の記事です。

 中国で討論番組に参加して発言した筆者が、後に放送を見たらものすごく編集をされていたとの経験を語っています。中国には表現の自由がない、言論が統制されている、と、ずいぶんお怒りのご様子です。

 しかし、編集するくらいなら最初から参加させない、というのが中国のやり方のような気がします。参加させられた上で、発言が編集されたことには、何か意味があるような気がします。

 例えば、収録段階で自由に発言させることで、中国共産党に対する不満を、一種のガス抜きしようとしていたのではないでしょうか。不満があることは著者の口を借りて明らかにすることで、ただし、一方ではそれを公にはしない、といった戦略だと思われます。

 中国はもともと統一国家というより、連邦国家のようなものです。今でも各省が独立の機会をうかがっています。経済力を育成し、国際社会で影響力を十分に発揮できるようになるまでは、少なくとも独立は認められません。その独立につながる動きも封じられます。そうした動向のなかで今回の事例は理解されるべきでしょう。

 有り体に言えば、著者は利用されたのでしょう。とはいえ、利用されるほど重要人物であったのだと、自信をもっても良いと思います。ただの人では利用価値はないのですから。

覚書 071126

「英国におけるeラーニング 政策とプログラム例」『欧州マンスリーニュース』2007年11月号。
・英国政府はeラーニングを「情報通信技術(Infomation and Communication Technology:ICT)を用いた学習方法」と定義している。
・今日のeラーニング政策及び方針は、2003年、2005年に概説されている。
・政府のeラーニングに対する期待を反映したプログラムの代表例としては、「英国オンラインセンター」(2001年導入)、「ラーンダイレクト」(2000年導入)、「カリキュラム・オンライン」(2003年導入)がある。
・英国オンラインセンターとは、図書館、コミュニティーセンター、学校などの一部にコンピュータを配されたコーナー(オンラインコーナー)のことである。全ての市民がインターネットや電子メールを利用できる環境づくりを目的として2001年から始まった。現在、英国全土で6000カ所以上ある。事前予約はほとんど不要であり、多くの場合無料で利用できる。利用者の約7割が生活保護の受給者や失業者、身体障害者などで占められている。
・オンラインセンターの営業時間はそれが設置されている施設の開館時間と同一であることが多く、夜間や週末には利用できないとい不満が多くの利用者から出ている。また、地域の公共施設などにこうしたコーナーがある事実を知らない住民も多く、政府の宣伝不足を指摘する声もある。
・ラーンダイレクトは、英国オンラインセンターでICTの基礎的なスキルを身につけた人々に次のステップを提供すると同時に、すべての成人に対して柔軟かつ多様なeラーニングの機会を与えている。ラーンダイレクトはeラーニングの教育、就職・転職に関する総合情報サイトである。このサイトは、産業界の労働力を高めることを目的に、官民パートナーシップ(Public Private Parneship:PPP)で設立された会社である産業大学(University for industry:Ufi)によって2000年に立ち上げられた。オンライン上で500種類以上のコースを提供しており、設立以来200万人以上の受講者が約450万以上のコースを受講している。
・2005年の報告書では、eラーニングの利点として教育機関へのアクセス問題の解消や学習計画の柔軟性などを挙げている。政府は2003年4月に、英国オンラインセンターの運営をUfiに委託し、ラーンダイレクトの統一学習ネットワークを可能にした。(覚書注:講義内容や教材は誰が制作しているのか。Ufiか。)
・カリキュラム・オンラインは、CD-ROMやDVD、コンピュータソフト、オンライン講義などのマルチメディア教材を教育機関へ提供することを目的としたポータルサイトである。カリキュラム・オンラインの最大の特徴は、教育機関がeラーニング・クレジット(eLearning Credit:eLC)を使って教材を提供する点にある。eLCは政府が各地域の地方教育当局(Local Education Authorities:LEA)に配分されるカリキュラム・オンライン用の助成金を指す。2002年から2005年までの総額は5億5500万ポンドに達した。
・英国オンラインセンターについては、利用者の「8割が新しいスキルを身につけることができた」と回答している。ラーンダイレクトも毎週約1万件に上る受講申請があり、広く市民に評価されていることがうかがえる。
・カリキュラム・オンラインは2005年11月の拠出を最後に、その使用期限である2008年8月をもって終了する。が、関係各機関はカリキュラム・オンライン上のカタログ取り扱いについて2007年秋より協議を開始する。

宮脇淳「パートナーシップに求められるリーダーシップ」『行政管理研究』No.117、2007年3月号。
・行政、企業、住民を問わず全ての主体は、程度の差はあっても自分自身が属してきた世界や経験の中から受け継がれてきた歴史的体質に自縛する構造にある。パートナーシップを導くには行政が企業や住民などの「異なる歴史的体質」にも冷静に目を向ける勇気が必要である。
・明示のルールと暗黙のルールの間に一定の調和関係がある場合には、暗黙のルールがネットワークが目指す場合の目的の達成をルートは違っても支援するものであるか否かを確かめれば良い。支援する場合には、暗黙のルールと言えども否定する必要はなく、見守ることが重要である。
・ネットワークに構造的対立が存在する場合、パートナーシップに過度な成果を期待せず野心を限定し損失を最小化することで現実的な成果にのみ、まず手を伸ばす戦略が必要である。
・「ジョハリの窓」理論によれば、パートナーシップを組む当事者間が相互の長所・短所を理解していない関係、「見えない世界」がある。たとえば、「行政は自らの短所を認識していない。しかし、パートナーシップを組む相手方の住民は行政の短所をよく認識している。逆に、住民は自らの短所を認識していない。しかし、行政はよく認識している」という状況である。

田中秀明「公務員制度改革 上級管理制度の意義と課題(下)」『行政管理研究』No.117、2007年3月号。
●総括
・公務員の数や人件費の削減などの改革の特徴は、Peters and Savoie [1994]、Halligan [1996]、Ingraham [1998]、Bourgault and Savoie [2000]、Peters and Pierre [2001]、Aucoin and Bakvis [2003]などが指摘している。具体的には、1. 公務員の政治家への応答性の強化、トップダウンによる官僚機構のコントロール、公務員の政策提言機能の弱体化(バイアスのない助言を要求する)、2. 公務員のマネジメント能力の強化、民間企業と同様の経営手法の導入、の2つである。
・後者は、しばしばNPMの教義であるとして引用されるが、NPMをより広義に捉えるならば、前者の政治的なリーダーシップの強化や集権化が重要である。Pollit and Bouckaert [2004]は、NPMの教義は分権化を良いと見なすだけではなく、政治的コントロールとアカウンタビリティも強化するべきと述べる。Aucoin [1990]は行政国家化による肥大化を改善するため、権限を集中させて官僚機構を飼いならすことを政治家が求めるようになったとする。
・改革の成果については、2つの大きく異なる見方がある。公務員の政治的な応答性が高まり成功したと見る立場と、終身雇用が崩れて公務員の政治化や優秀な職員の流出・確保が困難になり、モラルや倫理が低下したなどの弊害が大きいと見る立場である。後者の立場について、Peres [2003]は公務員の効率性はかなりの圧力にさらされているとする。Aucoin and Bakvis [2003]は、政策助言に関して公務員を脇に追いやってしまい、政策顧問の役割が増大した、と述べている。Cambell [2001]も、政治的スタッフの数と役割の増大は、政府の政策立案能力を低下させたとする。
・Peters and Savoie [1994] "Civil Service Reform : Misdiagnosing the Patient", Public Administration Review, 54(5), pp.418-425.
・Halligan [1996] "The Diffusion of Civil Service Reform", in Kekke, Perry and Toonen(ed), Civil Service Systems in Comparative Perspective.
・Ingraham [1998] "Making Public Policy : The Changing Role of the Higher Civil Service", in Peters and Savoie(ed), Taking Stock : Assessing Public Sevtor Reforms.
・Bourgault and Savoie [2000] "Managing at the Top", in Peters nad Savoie(ed), Governance in the Twenty-first Century : Revitalizing the Public Service.
・Peters and Pierre [2001] "Civil Servants and Politicians", in Peters and Pierre(ed), Politicians, Bureaucrats and Administrative Reform.
・Aucoin and Bakvis [2003] Public Service Reform and Policy Capacity : Recruiting and Retaining the Best and the Brightest, a paper prepared for workshop on "Challenge to State Policy Capacity : Global Treand and Comparative Perspectives", City University of Hong Kong, April 5-6.
・Pollit and Bouckaert [2004] Public Management Reform : A Comparative Analysis, Second Edition.
・Aucoin [1990] "Administrative Reform in Public Management : Paradigms, Principles, Paradoxes and Pendulums", Governance, 3(2), pp.115-137.
・Peres [2003] "Administrative Tradition and the Anglo-American Democracies", in Halligan(ed), Civil Service Systems in Anglo-American Countries.
・Cambell [2001] "Juggling Inputs, Outputs and Outcomes in the Search for Policy Competemce : Recent Experiences in Australia", Governance, 14(2), pp.253-282.

新川達郎「政府のガバナンスを考える」『行政管理研究』No.118、2007年6月。
・ガバナンスは多義的である。例えば、ガバナンスからガバナンスへという議論もある。ガバメント中心のガバナンスからネットワークや恊働のガバナンスへの変化を議論するものである。用語の出自も使用される文脈も大きく異なっていることからして、バズワードとこれを考え、むしろこの用語を極力使わないで議論しようとする傾向があることも当然といえるかもしれない。
・ガバナンスは複雑な諸相を言い表す共に、一定の体系的な整理を試みるために利用されている。また、行政改革、業績管理、政策評価といった政府あるいは行政の管理問題について、ガバナンス概念からのアプローチがなされている。こうした状況の中で、ガバナンス概念をツールとして何をどのような方法で議論するのか、その意義があるのかどうかを、研究においても実務においても明らかにしなければならない。
・ガバナンス議論には、1. 組織の自己規律やその統制過程に焦点を合わせている場合と、2. 多様なアクターや集団間のネットワークや恊働関係に関心を持って議論している場合とがある。前者の組織ガバナンスについては、政府が期待された通りに機能しているかが、とくに行政の内部管理あるいは部内統制という観点から問われている。こちらの点については、従来の行政管理の議論の枠内でも十分に展開できたのではないか、あるいは敢えてガバナンス論を適用する必要はないという指摘もできるかもしれない。
・後者については、行政だけが主体的な管理行為者ではなく多様なアクターがそれぞれ自律的に連携協力することで行政管理が成立するという構図が特徴となる。

毎熊浩一「市民の行政統制術・歓談編 『まちドック』からみた松江市行政経営の一断面」『行政管理研究』No.118、2007年6月。
・恊働は万能薬ではないし、他にも方法はある(毎熊浩一「恊働幻想論 NPO政策の批判的実践的基準」『島大法学』第49巻第2号、2005年)。
・NPOと行政の関係には「対等(恊働)」以外に、少なくとも「補完(支援)」と「対抗(統制)」があるはずだが(Young [2000] "Alternative Models of Government-Nonprofite Sector Relations : Theoretical and International Perspectives", Nonprofite and Voluntary Sector Quarterly, Vol.29, No.1.)、最近は前の2つに偏りすぎている気がする。行政は行政であることをわすれてはいけない。市民やNPOによる「対抗」的実践がより重要になる(効率的かつ応答的なガバナンスの実現に貢献する。坂本治也 [2005]「地方政府を機能させるもの? ソーシャル・キャピタルからシビック・パワーへ」『公共政策研究』第5号)。
・市民とはただの「住民」とは違う。辞典には「社会問題の存在を自覚し、その解決に主体的に取り組む人々」とある。しかし、一般の「住民」にとっては、「市民活動とはいったい何でしょうか。毎日一生懸命働いて、税金を払って、家族を養い守っている者に、他に何をせよと言うのでしょう」。「常に理想の『市民』を強要され、身構えていなければならない社会など窮屈でたまらない」。個人の尊厳や自由が守られた上での市民活動じゃないと、かえってその基盤も崩れてしまうだろう。
・「民」の側に様々な点で限界があるから、それを「補完」するために行政がある。これを「ボランタリーの失敗論」という(Salamon [1995] Partners in Public Service : Government-Nonprofit Relations in the Modern Welfare State.pp44-48.)。行政学の教科書にもある内容である(新藤宗幸 [1998]『行政ってなんだろう』岩波ジュニア新書、西尾勝 [2000]『行政の活動』有斐閣)。ただ、民がやりたくてもやれない領域もある。そもそもやりたくないこともある。「行政でまかないきれなくなった部分を都合よく『市民の皆さんで』とか『ボランティアを利用して』となっていないだろうか」。
・「補完」というと受動的なニュアンスがある。が、「それは単に市民の言う通りにやるというだけではなく、行政自ら積極的にアイディアを出すということも含まれていると理解しなければならない。行政はそのために市民がお金を出し合って雇ったプロの集団である」。
・自治体を改善しようとする場合、「合理的な技術」と「民主的な正当性」が必要になる。その結節点が「政治」である(行政管理を行政経営へ、さらには自治システムへと展開させるためには、首長ですら行政の一部と見なされてきた政治不在の日本の自治体において政治を回復することが不可欠である。後房雄 [2005]「行政評価の第2段階へ 事務事業評価を超えて」『ガバナンス』2005年5月号、105ページ)。

牛山久仁彦「住民と行政の『恊働』を考える 『恊働』をめぐる議論の整理と今後の課題」『行政管理研究』No.119、2007年9月号。
・「恊働」という言葉については、オストロム(Vindcent Ostrom)が造語した「コプロダクション(Coproduction)」の訳語として用いることが指摘されている(荒木 [1990])。言葉の意味からとれば、共(Co)に何らかのものを生産する(production)ということを表現しており、何か産み出すための協力の有り様を問うている言葉である。
・ただし、恊働を「うまく行なう」ことが、誰にとっての、誰のためのことなのかについては、依然として不明確である。
・「恊働」が「いつの間にかだんだんオカミつまり行政ないし職員による、従来型の御用外郭団体の組織化へと逆流する」と批判されている(松下圭一 [2005])。「<自立>しているはずの市民活動もその間に行政・職員依存に変質する」のであって、「NPOはたえずこの分岐点に立って」いる。「恊働という言葉は、この市民主権からくる基本のシクミをごまかしてしまう」のである。
・「恊働」が「財政逼迫による事業や組織のスクラップが問われるなかで、うまくすり抜ける便法を行政機関に与えてしまっている」(新藤宗幸 [2003])。
・「公私恊働」は「公共サービスの民間開放」と名付けられた新しい行政運営の方法に他ならず、「かつての公共サービス提供にみられた権威主義的な対応を廃し、受け手たる住民の立場からその在り方を改善していく目的をもつものではないことは、もはや明らかであろう」(岡田 [2003])。
・「公共性」はこれまで、政治や行政が実現するべき目標としてしばしば語られてきた。そして、いわゆる「公共性」を実現するために「公共政策」が行なわれることになる。(覚書注:公共性=社会で解決するべき問題や課題=政府が実現するべき目標、公共政策=そのための施策)
・「大きな政府」の下での公共政策は政府の政策と同一視されてきた。資本主義の発展による矛盾を是正するために政府は市民社会と市場経済に介入することが「公共政策の源流」である(新藤 [2004])。しかし、「政府の失敗」により「公共選択論」や「新保守主義」などが公共政策に影響を与えた。こうした状況の中で公共政策の担い手が問題となった。
・政府の言う「公共性」が必ずしも普遍的な意味での公共性を意味せず、支配や統治の言説として用いられる場合がしばしば見られていることは、すでに常識的になっているといえよう。「公共性」とは、むしろ「当局によって規制されてきた公共性を、まもなく公権力そのものに対抗して自己のものとして主張する」私人たちの生活圏として捉えられるのであり、それを「市民的公共性」という用語で説明しようとするものなのである(ハーバーマス [1994])。 ・「恊働」をめぐる議論はそうした文脈よりもむしろ、政府の施策として見られることが多く、批判的に捉えられる場合も多い。しかし、行政と住民が公共政策の内容について競い合うという意味を「恊働」に付与させたいと考える。公共サービスの供給にあたっては、行政がそれを独占する時代は終わり、多様な供給主体が役割を分担しながら住民の生活を支えていくことが不可欠になっている。しかし、「恊働」批判としては、それが行政の責任放棄ととられたり、住民への負担転嫁と考えられるのである。結局のところ、公共サービスの在り方について、政府主導で進められるのではないかという住民の不満も根強い。政策形成過程における市民やNPOの位置づけを拡大しなければならない。
・荒木昭次郎 [1990]『参加と恊働』ぎょうせい。
・松下圭一 [2005]『自治体再構築』公人の友社。
・新藤宗幸 [2003]「『恊働』論を超えて 政府形成の原点から」『地方自治職員研修』3月号。
・岡田章宏 [2003]「『公私恊働』の政策動向」室井力編『住民参加のシステム改革』日本評論社。
・ユルゲン・ハーバーマス [1994]『公共性の構造転換(第2版)』未来社。
・新藤宗幸 [2004]「自治基本条例の法的考察」『年報自治体学』第17号。

覚書 071125

「ユーロ圏は緩やかに減速するも消費が下支え、英国は来年前半にかけ原則」三菱東京UFJ銀行『西欧経済の見通し』2007年11月19日。
・英国の景気は堅調に推移している。今年7ー9月期の実質GDP成長率は前年比3.3%と前期より0.2ポイント上昇した。
・しかしながら、最近の原油価格や穀物価格の高騰に伴い、仕入れコストが上昇し、企業の利益が圧迫されている。今後、企業の活動が減速していく可能性が高い。
・住宅価格についてはピークアウト感が強まっている。10月の住宅価格指数は2ヶ月連続で低下した。前年比ベースでも6.6%と、伸び鈍化が鮮明になっている。当面、住宅価格の調整は続くと見られる。
・消費者物価指数は10月に前年比2.1%と、9月よりも0.3ポイント上昇した。これは、最近の原油価格高騰に伴うガソリン及び軽油価格のほか、食料品価格が大きく上昇したことによる。今後も原油価格が高水準で推移することを考慮すれば、インフレ圧力は緩和されず、引き続き物価動向を注視する必要がある。こうしたなか、来年第1四半期にBoEは利下げを行なうとみる。

柵山順子「イギリス景気好調を支える労働改革市場 足元まではサッチャの功績だが、長期的にはブレア改革の持つ意味は大きい」第一生命経済研究所『EURO Trends』2007年2月23日。
・イギリス経済は90年から92年にマイナス成長を記録して以来、およそ15年間にわたりプラス成長が続いており、安定した景気拡大を維持している。その間、01年のITバブル崩壊や05年の住宅バブル崩壊の時には成長率が鈍化したものの、プラス成長は維持してきた。
・イギリス経済は旺盛な消費が牽引役となっており、その安定した拡大がこの15年間の経済成長を安定させている。このように消費が安定的に推移する背景には、労働環境の改善が続いていることが挙げられる。その発端はサッチャー政権による一連の改革である。
・サッチャーの信念として「自助努力」が挙げられるが、いわゆる「階級社会」の中でそもそも教育などの問題でスタート地点に立てない人がたくさんいた。そのため長期失業者や、社会的に排除された人々(後にNEETといわれ注目を浴びた)が増加するという問題が生じた。
・ブレア政権が採用した政策は、教育を通して労働者、とくに失業者のスキルを高めるものであった。つまり、長期失業者などを社会福祉などで保護するのではなく、労働市場に戻れるように力を貸すというもので、新自由主義とソシアル・ヨーロッパ(覚書注:欧州での社会民主主義のことか?)を調和させた新たな道「第三の道」と呼ばれるものであった。具体的にはニューディール政策が代表的である。
・労働生産性や雇用者の伸びを見てみると、サッチャー改革の効果が出始めたと見られる85年以降に労働生産性が上昇し、ブレアが改革を始めた95年以降には雇用者数が増加している。つまり、サッチャー時代には労働生産性により景気は拡大し、ブレア時代には労働生産性上昇は若干鈍化したものの、就業者数が増加したため景気の裾野が広がったと考えられる。イギリス経済の好調さを牽引してきたのは、就業者数の拡大と労働生産性の向上を両立してきた金融業だと言える。
・ブレア改革により、労働環境は改善した。収入に対する満足度は80年代や90年代よりも2000年代のほうが向上している。収入階級間の移動を見ても、この13年間で最低所得層のうち、およそ3分の2がその他の所得階級に移動するなど、問題とされてきた格差の固定が緩和されてきている可能性が指摘できる。低所得者層の所得水準自体が上がっていると考えられる。

「国際比較で見る所得格差と高齢化の動向」ニッセイ基礎研究所『経済調査レポート』No.2007-03、2007年8月。
・日本とシンガポールでは中間層と比べて低所得層の所得低迷が目立っている。日本、イタリア、シンガポール、韓国では、高齢化と世帯規模の縮小が急速に進んできた。
・日本における所得格差拡大のかなりの部分が高齢化の進行と世帯規模の縮小トレンドによって説明可能であるといっても、それですべての変動が説明できるわけではないし、世帯主の年齢構成や世帯人員のほかはまったく変化がなかったというわけではない。例えば、若年層の所得格差については1990年代半ば頃から顕著な拡大傾向にあったが、2004年からは若年層の失業率が低下傾向にあるため、若年層の所得格差が最新時点では縮小に転じているかどうかが注目される。
・所得格差の分析にあたっては、基本的に全世帯を対象にした所得格差の指標を計測し、高齢化や世帯規模の変化などについては別途検討する(覚書注:論壇を見ても、このような世帯を分析対象とした研究が一般的である)。
・ジニ係数を見ると、韓国以外の五カ国(英国、シンガポール、英国、日本、イタリア)については、1980年代半ばから1990年代末までの期間に渡って、ジニ係数の上昇傾向が共通して観察される。2000年に入り、英国、イタリア、シンガポールは横ばいから低下傾向に転じたのに対して、日本、英国ではそのような基調変化は見られない。なお、対前年変化幅の5年間平均値をみると、日本ではジニ係数上昇の幅が縮小している。
・第5五分位所得の第1五分位所得に対する倍率を見ると、五カ国の推移はジニ係数の推移とほぼ同様のパターンをたどっている。日本では一貫して上昇傾向にあるものの、2000年以降は倍率が鈍化していることが見てとれる。また、第5五分位所得の第3五分位所得に対する倍率でも、日本は上昇傾向を見せているが、ほぼ横ばいの推移となっている。さらに、第3五分位所得の第1五分位所得に対する倍率では、第5五分位所得の第1五分位所得に対する倍率と同様の推移であり、日本では低所得層の所得低迷が著しかったことがジニ係数などで計測される格差を拡大させる要因となっていることが示唆されている。
・世帯構造では、日本はわずかに減少している一方で、単身世帯が増加していることが示されている。単身世帯では世帯主の離職が世帯所得に直接反映されるので、単身世帯における所得分布は二人以上の世帯における所得分布よりも不平等度が大きいと考えられ、単身世帯の割合が高まれば、統計上の所得格差は拡大する可能性が高い。ただし、単身世帯には単身高齢者世帯が少なからず含まれており、高齢化の進行と単身世帯の増大は不可分であると言える。
・日本では世帯ベースでの高齢化が顕著に進み、高齢化の進行が社会全体の所得格差を拡大させる大きな効果を持っている。

藤森克彦「トニー・ブレア 反映と失墜の10年」みずほ情報総研。
・「1997年と今の生活水準を比べてほしい。雇用の増加、失業者の減少、医療と教育の向上、犯罪の減少、持続的な経済成長。すべてを実現できたのは、1945年以降、この政権だけだ。」英国のブレア首相は5月10日の退陣表明演説でこう語った。
・ブレア政権発足当初、サッチャー政権による改革の負の遺産が残されていた。「社会的排除」と「機会の不平等」である。ブレア政権は貧困に陥った人に手当を支給して最低限の生活を保障する「セーフティネット」の構築よりも、職業訓練などを行なって労働市場に送り出すことに重点を置いた。これは「トランポリン型福祉」と呼ばれている。
・具体的な政策は「福祉から就労へプログラム」である。これは4項目から構成されている。1. 職業紹介機能や職業訓練の強化。2. 所得保障の条件化。3. 低所得者の労働意欲向上を目的とした賃金の魅力化。4. 働く環境の整備。
・これらの改革の結果、生産年齢人口の就業率は、97年の70.6%から05年の72.6%へと2ポイント上昇し、主要先進国のなかで最も高くなった。また、失業手当の受給者数は97年から06年にかけて4割程度減少した。貧困状況を見ると、全人口に占める貧困者の割合(絶対的貧困率)は、97年度から05年度にかけて半減した。
・一方、教育や医療分野の公共サービス向上もブレア政権の重要課題であったが、ここでは国民の評価は低い。ブレア政権では、公共サービスの「多様性と選択」を重視して、民間部門でも学校や病院サービスを提供できるようにした。しかし、行き過ぎた開放は公共サービスの「平等性」を損なう面があるとの意見もある。
・ブレア政権には確かに課題も多いが、全体的には「市場経済の活性化」と「機会の平等と社会的公正」の両立という点である程度の成果を上げてきたと言えよう。しかし、イラク戦争への対応をめぐって国民の信頼を失い、評価を落とした。イメージ戦略を重視したブレア首相だけに、そのカリスマ性がはがれ落ちると国民の支持が離れるのも早かった。

「単一国家における分権改革 フランス、イタリア、イギリスにおける改革と財政規律」財務省財務総合政策研究所『PRI 』2007年1月。
・近年、地域圏自治体に権限を委譲する動きや、地域圏自治体を創設しようとする動きの背後にあるものとして、EUの欧州構造・結束基金(European Structural Funds and Cohension Funds)の存在が挙げられよう。地域間の不均衡問題を処理するための手段として、構造基金(Structural Funds)、結束基金(Cohesion Funds)を通じた補助、そして欧州投資銀行による融資の3つが整備された。この3つの中で主要な政策手段となっているのが構造基金である。
・2000年から2006年までの計画期間で構造基金に充てられた予算総額は1950億ユーロ(1999年価格)であった。そのうちイギリスは166億ユーロを受け取っている。受領地域はイングランドを除く各地域が多くなっている。地域圏自治体を持たなかったイギリスで、労働党がイングランドに政府開発公社や地域議会といった地域機関を創設することを公約した理由の一つとして、EUによる構造基金の枠組みに適合させるためであるとも言われている(横田 [1999]、pp.190-192、横田光雄「英国労働党政権の新地方自治政策」日本地方自治学会編『地方自治叢書10 機関委任事務と地方自治』1997年)。
・EUと加盟国の間では補完性の原理が適用される(1992年制定のマーストリヒト条約Maastricht Treaty)。マーストリヒト条約での補完性の原理とは、単一の加盟国で処理できないような問題は、EUレベルで処理することが望ましいという理念である。EUとの加盟国の関係のみならず、加盟国における国と地方の役割分担のあり方についても影響を与えている。
・英国では2005年に、地方自治体の支出のうち最大の費目となっている初頭・中等教育に関する権限についても移譲が行なわれた。地方自治体における教育部局であった地方教育当局(Local Educational Authority:LEA)から各学校へと教育に関する権限が委譲された。LEAは予算配分権限は持っているが、配分された予算の運営は各学校に委ねられたほか、教職員の任命権が学校に委譲された。中央政府は元々、LEAに対する直接的な統制手段は持っておらず、財政的な統制を行なうのみであった。
・英国の地方自治体はカウンシル税の税率を設定できる権限を有している。しかしながら、カウンシル税による税収は歳入の20%程度を占めるに過ぎない。このこの比率では、地方自治体が支出を1%増加させようとすれば、カウンシル税を5%引き上げなければならない。このように歳出総額から見ればわずかな増減であっても、カウンシル税に対しては拡大された影響が及ぶことをギア効果(Gearing Effect)と呼ぶ。
・日本では道州制の議論がなされているが、多層制の地方自治体はフランスやイタリアでは運営費用の観点から常に批判されており、1層制の地方自治体が中心であるイギリスでも2層制の非効率性が指摘されている。このような点に鑑みれば、財政再建が重要な課題となっている日本においては、都道府県の上に新たな地方自治体を建設することは非現実的であると思われる。
・内貴滋「「外部評価と住民の視点」 英国の行政サービスとCPA制度」『地方財政』2006年2月号。

カップラーメンの危険性

 今日はカップラーメンの危険性です。

カップラーメンは人体に対してこんなにも危険!!!!!!!!!!!!!!!!

1)ラットによる実験では、ラットをラーメン内に入れると87%の確率で溺死する。
2)カップラーメンを食べた人が将来200年以内に死亡する確率はほぼ100%。
3)凶悪犯がカップラーメンを購入する確率は、同じ犯罪者がアフガニスタン国債を購入する確率よりはるかに高い。
4)カップラーメンを気管に入れると咳嗽反射が起こり、最悪の場合窒息により死に至る。
5)カップラーメンを食べながら自動車を運転した場合、重大な人身事故が発生するおそれがある。
6)健康な成年男子にカップラーメン1個のみを与えて長期間監禁した実験では、被験者の99%が50日以内に死亡した。
7)電化製品をカップラーメン内に入れると、破損するおそれがある。
8)25年間保存されたカップラーメンは有毒である。
9)カップラーメンを作る際に火傷をした人の85%は、カップラーメンがなければ火傷はしなかったと述べている。
10)米国では倒壊したカップラーメンの入ったコンテナの下敷きになって人が死亡した事例が報告されている。

 カップラーメンはなんて恐い食べ物なんでしょう! みなさんはこのような悪魔の食品が野放しにされている現状に沈黙したままで良いのですか! さあ、声を挙げましょう! 今こそカップラーメンに鉄槌をくださなくてはなりません!

 ……そんだこんだで、嘘を言わずに任意の真実を信じ込ませる典型例です。もちろん、上記の内容はお遊びとして作られたものですが、現実世界でも散見される言説でしょう。こうした議論の難点は、局所的な事実と全体的な因果関係が関連していないことです。ミクロとマクロが繋がっていないと言えばわかりやすいでしょうか。

 例えば、1点目です。ラーメンにラットを入れたら死ぬことぐらい誰でもわかりますが、これとカップラーメンが人体にとって危険であることとは全く関係ありません。ラットはただ水没して死亡しただけです。この事実からは水のような液体に水没することの危険性が導かれるのみです。むしろ、水没しても溺死しなかった13%が気になります。意外に死なないものです。

 ともあれ、他の記述も含めて、よく考えれば直接的にも間接的にもつながりがない事柄が並んでいるだけですが、その間にさも強い関連性があるかのように思い込ませています。とはいえ、この場合、それを思い込ませる側に罪があるのではありません。思い込んでしまう側に問題があるのです。

 適当に聞いて勝手に独り合点してしまい、落ち着いて考えようとしない姿勢では、こうした言説に惑わされやすいでしょう。あるいは、何の根拠もなくカップラーメンは悪い食べ物だと思い込んでいる人も、何の疑問も抱かずにやっぱりそうだと思い込んでしまうでしょう。ですから、思い込ませる側としては、適当な統計数値や論理を間に挟んで権威付けして、扇情的な結論を示せば良いだけです。あとは勝手に人々は思い込んでくれます。

 このような事例を見るたびに思います。どうせなら思い込ませる側に回りたいものだ、と。ただ、その場合、何を思い込ませたらよいのか、いつも悩みます。訴えたい主張がないんです。人間の真の主は猫である!とか触れ回ってみようかしらん。

適正な賞味期限

 今日は適正な賞味期限です。

「賞味期限短すぎる?」 政府内で議論始まるasahi.com

 食品の期限表示は今のままでいいのか??。相次ぐ食品偽装事件にたまりかねて、政府内でそんな議論が始まった。「賞味期限」への理解が広がっていないことが偽装を誘発したり、まだ食べられる食品の廃棄を招いたりしているのでは、と福田首相は考えているようだ。ただ、食品の安全性を左右する問題だけに、消費者が納得する妙案を探すのは難しそうだ。

 「賞味期限が短いので、業者が表示を偽装してしまう側面があるかもしれない」。首相は1日、岸田国民生活担当相を首相官邸に呼び、消費者の視点で政策を総点検するよう指示した際、そんな感想を口にした。

 「まだ食べられるものでも、賞味期限を過ぎると捨てられる。ここを変えれば『もったいない』の精神を広げることにつながる」とも強調した。

 食品の期限表示は食品衛生法と日本農林規格(JAS)法で定められており、「消費期限」と「賞味期限」の2種類がある。消費期限は製造日を含め、おおむね5日以内に品質が悪くなる食品につけられ、期限内に消費する必要がある。これに対し、比較的日持ちする食品を対象にした賞味期限はおいしく食べられる期限で、過ぎたらただちに食べられなくなるというものではない。

 だが、「賞味期限を超えると食べられないと誤解され、捨てられる食品が少なくない」(農水省)。消費者の新鮮志向に応え、業者が実際に味が落ちる期間より短く賞味期限を設定する傾向もあるという。

 このため、政府内では消費期限と賞味期限の違いをもっと消費者にPRするほか、もっと分かりやすい表現を工夫すべきだという声も出ている。

 一方で「業者のためにPRしていると誤解されるのでは」(首相周辺)と懸念する声もある。首相も「ルールを決めてもそれを破ることがある限りは国民の信頼を得られない」と述べており、まずは不正表示の取り締まり強化が先行しそうだ。

 至極もっともな議論です。

 昨今マスコミによって取り上げられている食品の賞味期限問題ですが、さすがに過敏反応だと思います。白い恋人や赤福などが賞味期限を改竄していたと槍玉に挙げられていますが、その一方でこれらの食品によって健康被害などの問題が生じたとの報道は一切ありません。

 賞味期限の改竄は法的にも倫理的にも糾弾されるべきでしょう。が、それによって食品の安全がどの程度損なわれたのかははっきりしていません。おそらくは衛生上は何も問題ないのでしょう。であれば、いったいこれほどまで騒ぎになるのはなぜなのでしょうか。理解に苦しみます。←したり顔で。

 むしろ、法律で定められた賞味期限の設定方法に疑問が生じてきます。赤福の事例は確かに法律違反ですが、これで何年も健康被害がでなかったわけですから、法律のほうが実態を反映していないと考えるべきでしょう。普段は法律が画一的だと非難するマスコミですが、賞味期限問題も法律が画一的に適応されて発生した問題です。

 やっぱり賞味期限は法律に則るべきだとの主張も可能です。が、その場合は問題になっている食品にはどのような危険性があるのかを明らかにする必要があるでしょう。賞味期限が切れた白い恋人や赤福を衛生上の観点から検証しなければなりません。そのような作業を踏まえた上で件の企業を批判するべきですが、誰も取り組んでいません。

 国民としても徒に食品不安を煽られるだけでは途方に暮れてしまうと思います。マスコミはいったい何がしたいのでしょうか。理解に苦しみます。←しらけ顔で。

 なお、私の今回の議論には食材の偽装問題は視野に入っていません。ただ、問題の性質は同じだと思います。牛肉コロッケや比内鶏が偽物の食材を使用していたとしても、それが食品の安全にまで影響がない限りは、単なる詐欺の問題でしかありません。

 実際、偽装比内鶏弁当に入っていた鶏は老鶏であるため若鶏よりも歯ごたえや味がしっかりしていると評判だったようです。偽装牛肉コロッケは100%牛肉のコロッケよりも美味しいと思います。もちろん、この場合も偽物であったことは罰するべきですが、たとえ偽物であってもうまいものはうまいいという意見もあるのではと世論に問うくらいの気概がジャーナリズムには求められているのではないでしょうか。

参考Wikipedia:賞味期限赤福白い恋人石屋製菓

覚書 071119

「経済成長、労働力不足に寄与 内務省報告、移民受け入れを評価」労働政策研究・研修機構『海外労働情報』2007年11月。
・内務省は10月、「移民の経済的財政的影響」と題する報告書を発表した(Home Office [2007], "The Economic and Fiscal Impact of Immigration")。移民の近年の増加について、経済成長や財政状況の改善に寄与するとともに、高齢化に伴う労働力不足緩和の一環を担うなど、積極的な評価を下している。その一方で、移民の急激な増加による公共サービス面の拡大を余儀なくされている地方自治体からは財政支援を政府に求める声が出ている。
・公共政策研究所(IPPR)の2003〜4年についての推計では(Institute for Public Policy Research [2007], "Britain's Immigrants - An economic profile")、移民は政府収入の10%に貢献(税金など)、政府支出の9.1%相当を享受(各種給付、公共サービス)している。長期的には、財政改善や労働力不足の緩和に寄与するとともに、高齢化に伴う国民負担率の増加幅を押し下げる効果が期待される。
・移民の増加は、国内の労働力に不足している技能を補完することにより、イギリス人労働者の生産性を高めているほか、国民経済に必要なサービスを提供することにより、イギリス人労働者が他のより適した職に就くことを通じて、間接的にも生産性に寄与している。
・11月初め、イングランドとウェールズの500弱の地方自治体が構成する地方自治体協会(Local Government Association:LGA)は、独自の調査をもとに、A8(新規EU加盟国である東欧諸国)などからの移民の増加が地域に及ぼしている影響について報告書を発表した。移民の受け入れによる利益は認めつつも、その急激な増加が教育・住宅供給・医療など地域の公共サービスの維持を難しくしている、というのがその内容だ。また、犯罪の被害にさらされやすい移民や貧困家庭の児童の保護の必要性も併せて指摘している。
・LGAはこれらの問題の対策費として、新たに年2億5000万ポンドの予算投入を政府に要請、また調査などによるデータの整備や実態把握、地域の実状に沿った予算配分などを求めている。

城野敬子「新たな移民政策を模索するイギリス 急増する移民の経済・社会への影響」日立総合計画研究所『欧州レポート』2007年11月13日。
・EU加盟国15カ国のうち、2004年5月1日に新規加盟した10カ国に対して労働市場を即座に解放したのは、イギリス、アイルランド、スウェーデンの3カ国のみであった。加盟国は新規加盟国からの労働者の流入に対して、加盟後7年間、各国の法律によって一定の制限をも設けることができることになっている。
・昨今のイギリスの経済成長の一因は、多くの移民を受け入れたことにあると言われているが、2007年10月、イギリス内務省は、移民がイギリス経済にどのような影響を与えているかについて各方面の研究成果をまとめた報告書を発表した(Home Office [2007], "The Economic and Fiscal Impact of Immigration")。
・報告書では、「2004年と2005年には経済成長の17%が移民によってもたらされた」(Institute for Public Policy Researchによる試算)、「2001年から2006年にかけて移民は労働者人口を年平均0.5%増加させ、2006年には60億ポンド分の経済成長をもたらした」(財務省による試算)などの研究成果が紹介されている。
・2006年度の第4四半期には労働力人口の12.5%が外国生まれとなっており、10年前の7.4%から大幅に増加している。イギリス人と移民は労働市場では補完的な関係にあり、移民の増加によってイギリス人の職が奪われるという状況は起こっていないとしている。一般的に移民の技術水準は高く、賃金も高いため、移民は納税を通じて財政面でも貢献しているという。
・イギリス政府は2007年1月にEUに加盟したブルガリアとルーマニアからの非熟練労働者に対しては、労働市場の開放を見送り、流入を規制する政策を採っている。その背景として、移民受け入れの経験の少ない地方都市にも移民が流入したことが社会に新たな課題をもたらしており、さらなる移民の流入がこうした課題を深刻化させる懸念があることが指摘できる。
・移民影響フォーラム(Migration Impacts Forum)が2007年10月にイギリス各地域の状況についてレビューを行ったところ、イギリスのほとんどすべての地域で、移民による社会的な圧力が高まっていることが明らかになった。犯罪、地域としてのまとまりの低下、健康、教育、家不足などが多くの地域に共通する課題として指摘された。

後藤あす美「英国経済見通し 今は信用不安より原油高?」大和総研『エコノミスト情報』2007年11月9日。
・10月の金融政策委員会で利下げも検討したBoEだが、11月8日も引き続き、政策金利を5.75%に据え置くことを決めた。サブプライムローン問題の悪影響が本格化して景気下ぶれの懸念が強まっている一方で、1バレル100ドルの大台に迫る水準まで上昇した原油価格がインフレ上ぶれに働く懸念がある。
・英国景気は4四半期連続となる前年比+3%台成長を遂げた。07年の第3四半期に関しては市場予想が前年比+3.1%だったのに対し、実際は同+3.3%となった。しかしながら、10月に入り、この堅調さが英国の不安材料になった。ポンド高である。先進国の中では相対的に英国経済は強い。この景気の強さが、ポンドをドルからの流出資金の受け皿的存在に押し上げてしまった。
・欧米では07年7ー9月期決算がほぼ出揃い、サブプライムローン問題が顕在化している。だが、英国の場合、大手銀行は半期決算のため、08年の2月か3月まで実態がわからない。トレーディングの中間報告があっても、11月末から12月初旬である。現在膿を出し切りつつある世界金融市場に、来年の初頭、英国が再び動乱をもたらす可能性を秘めている。
・06年以降の住宅価格の上昇は、国内外の富裕層による投機目的に資金によるものであった。特に好調だった金融業のボーナス資金が不動産市場を支えた。よって、サブプライムローン問題を抱える金融業が不振であると、ボーナスといった投機資金がダイレクトに細ってしまう。
・が、一方で、投資対象として成熟した不動産市場であるため、オイルマネーといった資金の運用先としては地位を築いていると考えられよう。今のところ、各住宅価格算出会社の見通しでは、英国の不動産価格の上昇率は鈍化する見込みだが、オイルマネーによる不動産産業の活性化が、資産効果を高め、消費を下支えし、景気の減速に下限(=GDP成長率前年比+2%程度)を設けてくれるだろう。

中沢剛「英国インフレ・レポート:来年初利下げへ」三菱UFJ証券『欧州経済フラッシュ』No,27、2007年11月15日。
・英国中央銀行(BoE)の四半期報「インフレーション・レポート」8月号が14日に公表された。インフレ率は、エネルギー価格上昇やポンド不安によって、来年には再び目標の2%を上回るとし、前回見通しよりも上方修正した。ただ、現状の賃金がおおむね安定し、雇用に弱さも見られる上、逼迫していた需給にも既に緩和の兆しがあるという。そして、今後の景気減速による一層の需給緩和から、中期的には2%近辺まで低下すると予想した。

トーマス・メイーズ「日本とイギリス:21世紀における協力」自治体国際化協会『自治体国際化フォーラム』217号(2007年11月号)。
・スーツは仕立て屋が軒を連ねるロンドンの通り名「Saville Row」から「背広」と呼ばれている。

覚書 071113

「英国におけるエスニック・マイノリティ施策 多文化共存の観点から見た英国の取り組み」自治体国際化協会『CLAIR REPORT』307、2007年8月24日。
・本レポートは主として、2006年7月にコミュニティ・地方自治省から公表された「機会の増大、社会の強化戦略年次報告("Improving Opportunity, Strengthening Society" One year on - A progress report on the Government's strategy for race equality and community cohension)」に基づき、近年各分野で実施されているエスニック・マイノリティ支援策を取り上げるとともに、このコミュニティの結束に関する取り組みを4つの分野から説明している。
・エスニック・マイノリティ(ethnic minority)とは、直訳すると「民族的少数派」ということになるが、英国では非白人種を指す言葉として、広く使われている。この言葉は、海外から移住してくる外国人だけでなく、英国内で生まれた非白人種も指すため、特に後者の比率のほうが現在増加しつつある英国においては、この言葉を用いることが多くなっている。なお、「少数民族(minority ethinic)」や「黒人および少数民族(black and minority ethnic)」といった言葉も使われるが、定義的に大きな違いはないため、ここではエスニック・マイノリティという言葉に統一して用いている。
・2001年に行なわれた国勢調査(Census)によると、イングランドとウェールズにおける総人口は5200万人となっており、そのうち8.7%にあたる約450万人がエスニック・マイノリティとされている。歴史的な背景から、インド亜大陸やカリブ海、アフリカ大陸の出身者が多く、これらの国の出身者だけで、エスニック・マイノリティの過半数を占めている(約340万人)。なお、英国では「アジア」と言った場合には、インド亜大陸を指す場合が多く、日本などの極東アジアの国々(中国を除く)はその他のエスニック・グループに分類される。
●教育
・学力においては、政府が毎年行なう普通科中等学校修了試験(General Certificate of Secondary Education:GCSE)で、最も良い成績を残しているのは中国人で、81%が5個以上のA*〜C評価を獲得しており、これに次いでインド系(70%)という順になっている(白人英国人は55%)。逆に、カリブ系黒人(42%)と、白人とカリブ系黒人の混血(44%)、その他黒人(42%)のGCSE達成度が最も低く、全国平均まで達していない状況にある。
●労働
・エスニック・マイノリティのなかではインド系とカリブ系黒人、その他黒人が最も雇用率が高く、各々が70%と69%である。一方で、バングラディッシュ系(39%)とパキスタン系(44%)のグループは、最も雇用率が低くなっている(白人は77%)。エスニック・マイノリティの失業率は、全国平均(4%)に比べるとほぼ2倍であり、カリブ系黒人やアフリカ系黒人、混血系グループの失業率が最も高く、ぞれぞれが9%を示している(白人は3%)
●住宅
・英国では、不動産の所有権に関しては、建物は土地に属しており、土地と建物が一体のものとして所有される。このため、一軒家については、自由保有権(freehold)と呼ばれる完全な所有権が売買されるのに対し、集合住宅については最低99年以上の定期賃貸借権(leasehold)が売買されるのが一般的であり、その集合住宅と土地の自由保有権を有する地主が別に存在する。
・持ち家率を見ると、インド系の74%とパキスタン系の69%が高く、特にインド系では白人(72%)を上回っている。その一方で、アフリカ系黒人は最低の比率であり、3割にも満たない(29%)。
●医療
・英国ではNHS(国民医療保険サービス:National Health Service)により基本的に誰でも無料で診察を受けることができるため、エスニック・マイノリティに関して診療費の問題が議論されることはそれほどない。問題となっているのは語学問題である。英国では、全国規模の医療通訳の派遣制度は存在しておらず、全国サービスとしてあるのはNHSが提供する電話通訳制度だけである。
●コミュニティの結束
・「コミュニティの結束(community cohension)」とは、2000年の人種関係(修正)法制定あたりから使われ始めた言葉であり、「多文化主義(multiculturalism)」に若干修正を加える概念である。その名の通り、いかに結束したコミュニティを築くかということを主目的としている。
・結束したコミュニティとは次のようなものを指している。1. 共通の構想と所属意識がコミュニティ全体に存在する。2. 多様性が尊重され評価される。3. 異なる背景を持つ人々が人生において同じ機会を有する。4. 異なる背景を持つ人々の間で強く好意的な関係が展開されている。
・政府はコミュニティの結束を実現するため、以下の4つの項目を主要な柱として様々な政策を展開している。1. 共通の所属意識の創設。2. 人種差別と過激主義(extremism)に対する取り組み。3. コミュニティの結束に取り組んでいる地域への支援。4. 宗教コミュニティへの関与。
・政府が取り組んでいくべきと考えている課題は以下の4点である。1. 過激主義へとつながるコミュニティの憤り(他より不利な待遇を受けているとの認識を考慮)。2. 地域ごとの構想の構築(地域への所属意識と一体性を発展させる)。3. 統合に対する問題(統合された社会の構築と、住宅と教育における選択可能性の必要性とのバランス)。4. 皆のための機会(同じ機会を得られるようにする)。
●関係する政府関連機関
・コミュニティ・地方自治省(Department for Communities and Local Government)は、コミュニティの発展や平等性の促進、地方自治に関する責務を有する政府組織であり、それまで地方自治を受け持っていた副首相府の解体に伴い、2006年5月に発足した。地方自治に関する分野では、自治体のために業績管理制度や自治体構造などの枠組みを設定する責任を有している。
・グレーター・ロンドン・オーソリティ(Greater London Authority:GLA)は、2000年に設立された、ロンドン全域を管轄する広域の地方自治体である。直接選挙で選ばれるロンドン市長(Mayor of London)と、同じく直接選挙で選ばれるロンドン議会(London Assembly)で構成される。
・人種平等委員会(Commission for Racial Equality)は、1976年の人種関係法(Race Relations Act 1976)に基づいて設立された団体で、差別の排除、機会の平等の促進、良好な人種関係の促進、人種関係法の検討作業に責任を有し、政府に対し勧告を出すとともに、独自の調査やガイドラインの発行などを行なっている。
・コミュニティの結束研究所(Institute of Community Cohenson:ICC)は、人種や多様性、多文化主義に対する新たなアプローチを模索するため、2005年に設立された団体で、より良い人種関係を築くことに焦点を当てている。ICCは4つの大学(Coventry University、De Montfort University、University of Leicester、University of Warwick)が協力して設立したもので、コントベリー大学に本部を置いている。
・他に各地方自治体も、エスニック・マイノリティの問題に取り組む主体として重要な位置を占めている。

「英国が目指す『プリンシプルベース』の監督・規制とは何か」みずほ総合研究所『みずほレポート』2007年10月23日。
・英国の金融監督当局(Financial Services Authority:FSA)が進めている「プリンシプルベース」の監督・規制手法が注目されている。FSAは「プリンシプル」と「ルール」を併存させる中で前者への傾斜を一層強めようとしている。
・FSAがこれまで行なってきた監督・規制アプロートには、規制当局が果たす現実的な役割について「失敗ゼロ」からの脱却を前提とした上で、1. 法定目的が達成されないリスクの影響度と蓋然性を基準に(リスクベース)、2. 実効性と効率性を備えた業務遂行が追求されており(費用・便益の規律)、3. 公式・非公式のコミュニケーションを通じて金融機関と共通の理解を醸成しながら進める(コミュニケーションの充実)という特徴がある。こうした特徴は、「プリンシプルベース」を進める上でも基本的に維持され、引き続きFSAの重要な行動基準になると考えられる。
・FSAが「プリンシプルベース」への傾斜を通じて目指しているのは、めまぐるしい環境変化が続くと予想される中で「ルールベース」が持つ限界を強く認識した上で、従来のアプローチを一層レベルアップすることであり、これを通じて法定目的の達成をより確実にしようとしている。
・金融機関にとっては、「プリンシプルベース」によってルールの分量が減少しても期待される水準が低下するわけではなく、上級経営層の一層強力なリーダーシップの下で自律性・自発性を発揮しながら「プリンシプル」に対する実効性を確保することが求められることになる。一方、当局にも、多様性や許容範囲を認めた上で運用面の整合性・公正性の確保やコミュニケーションなどのスキル向上などが求められる。
・「プリンシプルベース」の監督・規制アプローチとは、政策を通じて達成しようとする結果を「プリンシプル(基本原則)」として示し、その結果を達成する手法・プロセスを金融機関に委ねる、結果志向の手法のことである。
・「ルールベース」とは、個々の状況に応じた詳細な規則の制定を通じて政策目標を達成しようとする手法である。「ルールベース」の場合、政策目的を達成するための具体的なプロセスについて詳細に規定される傾向が強いと言われ、金融機関が何をすれば良い(何をしてはいけない)のかがわかりやすい反面、経営上の自由度も限られることになる。
・ただ、実務上の論点としては二者択一ではなく、個々の局面に応じた「プリンシプル」と「ルール」の使い分けや、これを通じた全体的なバランスの取り方が重要になる。FSAも引き続き「ルール」が必要な分野があると認めつつ、全体としては「プリンシプルベース」への傾斜を強めようとしている。
・「ルールベース」中心のアプローチには、ある目的を達成するために当局が詳細なルールを制定しても、結果の実現には必ずしもつながらない、という大きな問題があると考えられている。これは、ルール制定過程での課題とルール制定後の遵守過程での課題によるものである。また、複雑・大量のルールの賦課により金融機関のコスト負担も増えるため、政策的な実効性が確保されないまま競争やイノベーションを阻害するという弊害も招きやすい。
・「ルールベース」の限界を認めることは、所定の目的を達成するため個々の状況に最適の手段・プロセスを判断する役割は、当局ではなく事業内容を熟知した金融機関に委ねるほうが適している、という考え方にもつながり、政策上のツールの選択にも影響を及ぼすことになる。
・英国は90年代後半から「ベターレギュレーション」活動に取り組み、「世界で最良の規制環境」を目指している。この活動は、1. 政府の規制による問題への対処が必要かつ最善の選択肢である場合があることを認めつつ、2. 現実には、日常生活における様々な問題に対処する際、政府・当局の行動に過度に依存する傾向があり、結果的に過剰な規制を許して「過保護国家」となり、これが将来的には社会全体としてマイナスになる、という認識に基づくものである。「Less is more(少ないほど多い)」という標語にも象徴されるように、費用と便益の規律を働かせながら継続的な効率性向上に取り組むことで、本来達成すべき政策目的をより少ない負担で実現しようとする。
・FSAが法的目的として挙げているのは以下の4項目である。1. 市場の信認の維持、2. 公衆の認知の促進、3. 消費者の保護、4. 金融犯罪の削減、である。これらに対する共通理解を作り上げるために各目的に説明を添付している。例えば、消費者保護とはあくまで適正な保護のことであって、利用者の自己責任原則が一般に免除されるわけではない(FSAも消費者が被る損害を100%なくそうとしているわけではない)という意味であることが明記されている。
・FSAによれば、例えばある金融機関における散発的な問題の発生は、問題が明るみになった際にFSAと金融機関が迅速かつ有効な是正措置を講じれば、規制上の失敗とはならない。他方、日常的にモニタリングしていると公言している分野で金融機関や市場の重大な問題に気付かず、問題が明らかになってからも適切な是正措置を講じていなければ、法定目的を満たしたことにはならない。
・FSAが進める「プリンシプルベース」での「プリンシプル」とは、高いレベルで定められた(つまり一般的な表現で示された)規範のことであり、最も代表的なものとしては、所管する金融機関が遵守すべき事項を一定の普遍性を備えた表現で示した11項目の「事業の基本原則」がある。具体的には、1. 誠実性、2. 技量・注意・入念さ、3. 経営と統制、4. 財務面の慎重さ、5. 市場行為、6. 顧客利益、7. 顧客との連絡、8. 利益相反、9. 顧客との信頼関係、10. 顧客試算、11. 規制当局との連絡、である。
・「事業の基本原則」は、FSAが定める規則の中では最も高い次元にあり、他のFSAの規則(例えば消費者保護の観点から定められる詳細な規則)で代替されない性格のものである。つまり、詳細な規則への違反がなくとも「事業の基本原則」に照らして違反とされることがありうる構造になっている。
・「プリンシプル」に基づいて日々の業務を行なう場合、個々の行動の適法性に関する不確実性がつきまとうことになる。また、詳細なルールがなく「プリンシプル」のみに基づく場合、その後の解釈などの変更により過去の行為に遡及して違法性が認められることも懸念されている。「プリンシプルベース」を進めるためには、目指すべき結果について金融機関と当局が共通の理解に立っていなければならない。

有機EL

 今日は有機EL(Electro-Luminescence:電子発光)です。

 携帯電話のディスプレイに採用されるなど、注目を浴びている有機ELですが、その原理や仕組みがよくわからなかったので、ウィキペディアさんに相談してみました。

 ……やっぱりよくわかりませんでした。素人には難しい解説でした。

 が、とりあえず、有機ELの有機は有機物のことであり、発光体が有機物であることから付けられた名称であることはわかりました。有機物とは、例外もありますが、炭素原子を含む化合物です。

 任意の色を取り出せる発光という点が注目される要因のようです。液晶ディスプレイではバックライトの光を調整して表示しており、発光体が別に必要になります。一方で、有機ELではバックライトが必要なく発光できます。その分の基板を薄くすることができますので、携帯電話などの薄型化に貢献できると期待されています。

 ほぼ毎日、数時間を対面している液晶ディスプレイの仕組みも完全には理解していませんが、それに代替していくであろう有機ELも近寄りがたい雰囲気を醸し出しています。何とか技術発展に遅れずに知性を鍛えてはいるつもりですが、専門外の領域ではやはり認識が追いつきません。少し悔しいです。

 さて、知らなくて悔しいと言えば、杉山祥子です。ええ、女子バレーの日本代表です。ミドルブロッカーです。有機ELの話はもう終わりました。いまは杉山祥子です。いいですか。ちゃんと話題についてきてくださいよ。

 杉山祥子と言えばスギのニックネームで親しまれ、私の嫁候補として有名でしたが、私の知らないうちに結婚していたようです。今年の5月でした。

 ……ちくしょう。

 相手は6歳上の男性のようです。私とほぼ同じ年齢です。

 ……ちくしょう。

 いや、まだ可能性がないわけではありません。他人の嫁になってしまうことくらい、よくあることです。これから取り戻せば良いだけです。挽回できます。

 杉山はUKB(United Kingdom of Benyamin:benyamin連合王国)には欠かすことができない人材です。同じ女子バレーの日本代表である高橋みゆき荒木絵里香とともに王国の女子バレーセクターの嫁として活躍してもらわなければなりません。

 なお、UKBには他に、モーニング娘。セクターやアニメ・マンガセクターの嫁たちがおり、王である私を毎日楽しませ……あれ、何だか目から汗が出てきました。うっうっ。

覚書 071107

「海外労働事情」『Business Labor Trend』2007年11月号。
・イギリスは教育・技能訓練政策の改革に着手した。改革の第一歩として政府が6月に打ち出したのは、「スキルズ・プレッジ」(技能に関する誓約)という在職者の教育訓練に関する企業・団体向けのプログラムである。「スキルズ・プレッジ」とは、各企業などが従業員全員の技能水準を全国資格枠組みのレベル2以上に引き上げることを政府に対して誓約するというものである。
・「スキルズ・プレッジ」には英国労働組合会議(TUC)、英国産業連盟(CBI)も協力しており、各傘下の労組・企業に対して参加を呼びかけるなどしている。とはいうものの、民間企業の態度は総じて冷ややかである。訓練の費用負担への懸念、訓練効果への疑問が主な理由だ。英国商工会議所は、各企業はそれぞれの実情に応じて訓練を実施しており、公的資格制度を基準にした訓練は費用増にはつながっても経済効果は薄い、と批判している。
・ブラウン政権はイノベーション・大学・職業技能省を設置した。高等教育および成人向けの教育・技能分野を所管する。今年度中に労働者個人を対象にした「スキルズ・アカウント」をいうプログラムをパイロット実施する。これは失業者や技能訓練受講者などへのサービスの充実とシステム化を図ることが狙いである。

渡部亮「時評/欧米政治の地殻変動」『第一生命経済研レポート』2007年11月号。
・ロンドンで驚いたのは、テロ活動に対する警戒の物々しさであった。ロンドンは「地球国家の首都」とも呼べる国際都市だが、いまや内戦状態ないし厳戒令下にあるような錯覚に陥った。

『みずほ欧州経済情報』2007年11月号。
・英国動向:7〜9月期の英実質GDP成長率は前期比+0.8%(前期同+0.7%)へと加速した。業種別では建設業やサービス業、とくに金融業が牽引役となった。需要項目は未発表であるが、英国経済の牽引役である個人消費の好調さが実質GDPの押し上げに寄与したと見られる。
・今のところ、英国では金融市場の混乱による実体景気への影響は限定的なようである。影響は金融業に限定されており、製造業や小売業、流通業の景気感が大きく悪化している兆しは見られない。
・現時点では、金融市場の混乱による実体景気への影響は限定的で、英国景気の堅調さがうかがえる。また、消費者のインフレ期待の高止まりや足ものと原油価格の上昇など、先行きのインフレ懸念が拭えない状況である。しかし、英国は金融セクターの比重が大きいだけに、実体景気への影響は避けられないだろう。また過去の利上げによる累積的な効果もあり、英国景気は減速に向かう見込みである。

廣木重之「わが国のODA実施体制の変遷と時代の要請」『外務省調査月報』2007/No.2
・ODA:Official Development Aid/Assistance(政府開発援助)
・2007年(平成19年)4月、経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)は2006年の各国ODA実績を発表したが、ここでは英国は米国に次ぐ第2位となり、わが国は1982年(昭和58年)以来24年ぶりで3位以下となった。
・英国はその植民地の運営・治安維持についてはできるか限りローカル・コストでまかなうという方針でのぞんできており、植民地の経済開発に本国政府の予算を使うという発想はほとんどなかった。
・英国のODAはもともと植民地政策に根ざしており、1957年(昭和32年)のマレーシアやガーナの独立を端緒として次々に独立していった国々との関係を適正化するという時代の要請に従って発展してきた。
・1970年(昭和45年)ヒース保守党政権の誕生により、海外開発省(Ministry of Overseas Developmet)は外務省傘下の海外開発庁(Overseas Development Administration)に改組された。
・1974年(昭和49年)労働党政権が再度、外務省から独立させ、海外開発省を設置した。労働党政権の支持層の意向を受けて1975年(昭和50年)の英国経済協力白書において、最貧国重視が打ち出された。
・1979年(昭和54年)にマーガレット・サッチャーが首相となり、再び海外開発省が外務省傘下の海外開発庁に改編された。この後、英国ではいわゆる「援助疲れ」が顕著となり、英国の援助額は減少を見せた。
・1997年(平成9年)の政権交代を機に労働党のブレア首相は、国際開発省(Department of International Development)を設置し、大臣を閣僚に格上げした後は、英国の援助量は目覚ましい伸びを見せた。また新しい援助の潮流を打ち出すなどの活発な政策展開を図り、経済協力にかかる国際世論をリードしつつある。
・わが国は昭和28年(1953年)から昭和41年(1966年)まで世銀から総額約8.6億ドルの融資を受けている。世銀融資にかかわるすべての返済が終わったのは平成2年(1990年)のことであった。
・わが国のODAは、国際社会への復帰をスローガンに積極的に賠償協定をビルマ、フィリピン、インドネシア、ベトナムと結び、その過程で経済協力部が外務省に設置され、外交のツールとして役立ってきた。

原田泰「ヨーロッパの生産性はなぜ日本より高いのか」『エコノミスト情報』大和総研、2007年8月24日。
・全産業でも製造業でもアメリカの生産性がもっとも高く、他の国(日本、ドイツ、フランス、スウェーデン、イギリス)は全産業では最高で90%でしかない。製造業ではアメリカの優位がさらに高まり、最高でも77%でしかない。
・各国ともアメリカにキャッチアップしてきたが、90年代以降、日本を典型としてどの国でもキャッチアップの遅れが見られる。とくに製造業では後退とも言える大きな遅れが見られる。
・アメリカまたは自国の平均と比較して生産性の高い産業は、ヨーロッパ諸国ではほぼ共通しており、建設、卸小売(イギリスはほぼ自国平均)、郵便通信、金融保健不動産(イギリスは自国平均)である。ただし、これらの産業の動きは異なる。郵便通信は最近になって生産性を高めている。建設は生産性が低かったが上昇して高くなった。卸小売と金融業は生産性が高かったが、低下してアメリカに近づいている。

後藤あす美「英国経済見通し 住宅価格が鍵を握る08年」『エコノミスト情報』大和総研、2007年10月12日。
・10月4日、イングランド銀行(BoE)は政策金利を5.75%に据え置くことを決定した。
・ノーザン・ロックの一件は消費者や企業のセンチメントにショックを与えたが、予想以上に強い消費指標から、実体経済が急激に後退するとは考えにくい。
・住宅価格の伸び率後退は資産効果を下支えする消費を徐々に押し下げると見ている。2008年に向け、景気の減速は明確になっていくだろう。

覚書 071103

橋本択摩「イギリス 実質GDP(2007年7-9月期・速報値)ー前期に引き続き、潜在成長率を上回る成長」第一生命経済研究所、2007年10月19日
・イギリスの7ー9月期実質GDP成長率(速報値)は前期比+0.8%、前年比+3.3%と市場予想を上回る伸びとなり、前期に引き続き潜在成長率(+2.5%)を上回る成長となった。
・今回の産業別速報値および月次の統計から推測すると、個人消費の高い伸びに牽引された成長となった模様だ。金融市場の混乱がイギリスに本格的に波及したにも関わらず、消費需要は依然として強いことが示された。
・小売売上が高い伸びで推移するなど消費が好調である背景には、イギリスの雇用所得環境が明確に改善傾向にあることが挙げられる。17日に発表された9月の失業率は2.6%と前月から変わらなかったが、失業者数は前月比マイナス1万2800人と12ヶ月連続で減少している。また、6ー8月の平均所得の伸び率も前年比+3.7%と高い伸びを保つなど、雇用所得環境は企業活動の堅調な推移を背景に改善基調が続いている。
・17日に公表されたMPC(Monetary Policy Committee:金融政策委員会)(10月3ー4日開催分)で、ブランチフラワー委員より利下げ提案が出されたことが明らかになった。MPCでは「利上げが維持か」の議論から「利下げが維持か」の議論に移っている。もっとも今回のMPCでは「今月利下げを実施した場合、金融政策がインフレ目標の達成ではなく、金融システム支援を目的としているとの誤解を招きかねない」として、政策金利の5.75%据え置きを決定している。

辻田祐子「英国におけるフェアトレードについて」アジア経済研究所、2007年9月30日。
・2006年の英国のフェアトレード商品年間小売額(推計)は前年比48%の4億950万ユーロで英国(推計4億9900万ユーロ)に次いで第2位であった。人口一人当たりの小売額でもスイスに次いで第2位と推計され、文字通り世界第2位のフェアトレード市場として順調に拡大を続けている。
・1990年代に環境、健康、貿易などで独自の理念を掲げる生協が先鞭をつけ、その後1994年よりフェアトレード認証制度が始まり、ここ5〜6年で本格的に大手スーパーがフェアトレードに参入した。この背景には、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility:CSR)の一環としてフェアトレードへの取り組みが行なわれていると考えられよう。
・フェアトレードの課題は以下の3点である。第一に、フェアトレードは生産者に対して市場価格にプレミアムを上乗せして払うため、過剰供給が進んでフェアトレード以外の商品の市場価格が下落すること、また、生産者はフェアトレードそのものの目的であるフェアトレード以外への作物への多様化を図るインセンティブがなくなる(The Economist, 9 Dec 2006)。
・第二に、フェアトレードの認証を受けていない商品がフェアトレード商品として市場に出回っている可能性がある(Financial TImes, 8 Sep 2006)。
・第三に、生産者の生活向上に関する疑問である。フェアトレード商品の農場などでも法定最低賃金さえも支払われていないケースや繁忙期の長時間労働の問題などは依然として未解決のままと指摘される(The Guardian, 5 Mar 2005/Financial Times, 8 Sep 2006)。
・フェアトレードをビジネスの一つの柱として掲げ、自然の原料をベースにした化粧品会社ザ・ボディショップの創始者アニータ・ロディックが先日急逝した。彼女は「フェアトレードは大企業にとってトロイの木馬である。(中略)フェアトレードは単に利益と効率をもとにした指標ではなく、『公正で優れた』社会という指標をもとにした尺度の導入を企業に余儀なくさせるだろう。そしてフェアトレードとは、ビジネス・コミュニティに『いつ』『いくら』と同じ頻度で『なぜ』を問い、社会に『それは何か(どのような商品か)』と同じように『それはどのようになされたか(作られたか)』を意識させることなのかもしれない」と述べている。

西村邦幸「リバウンドと温暖化対策」三菱総合研究所、2007年10月29日。
・英国の経済学者のジェウ゛ォンズは、1865年に出版された『石炭問題(Coal Question)』の中で「エネルギ効率向上がかえってエネルギー消費を増加させる」現象について言及した。これを「ジェウ゛ォンズのパラドックス」と言う。ジェウ゛ォンズは経済学においてリバウンド現象を最初に提起した研究者として知られている。
・省エネに関するリバウンドについての研究事例はそれなりにあり、例えば主に家庭部門を対象とした省エネ対策を講じた場合、起こりうるリバウンド現象の規模は達成を予定していた省エネ量のおおむね0〜30%程度であり、一方で産業部門を対象とした研究では35〜70%であるとしている文献もある。

自民党と民主党の大連合

 今日は自民党と民主党の大連合です。

 自民党の福田康夫首相と民主党の小沢一郎代表が2日に党首会談を開き、福田首相が小沢代表に連立を打診しました。

 予想通りです。とくに驚きはありません。民主党は今回は世論を意識して連立を拒否するでしょう。が、水面下では連立の具体的なかたちを巡って調整が進められると思われます。

 それよりも、面白い記事を見つけました。産經新聞(SANKEI EXPRESS)の 記事です。冒頭で党首会談の様子が書かれているのですが、ある意味とても微妙な雰囲気だったことが伝わってきます。

 部屋の中では、国会職員数人がテーブルや椅子(いす)などを次々にひっくり返していた。盗聴器が仕掛けられていないかどうかチェックしていたのだ。
 2日午後2時57分、福田首相が、穏やかに笑みを浮かべて会場に入った。
 1分遅れで民主党の小沢代表が入室。こちらは口を一文字に結び、いつになく厳しい表情だった。
 民主党の鳩山由紀夫(はとやまゆきお)幹事長(60)が、「では、自己紹介を…」とジョークを飛ばすと、福田首相は「それはよくご存じじゃないですか」と応じ、皆が笑ったが、小沢代表はすぐに硬い表情に戻った。
 自民党の伊吹文明(いぶきぶんめい)幹事長(69)も場を和ませようと、「われわれは、ビールのラベルみたいなものですから」と難解なジョークを言ったが、黙殺された。

 伊吹文明……。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia