大統領制

 今日は大統領制です。<参考Wikipedia

 大統領制は通常、立法府から独立した行政府の長を指します。立法府と行政府との権力分立を体現した政治制度です。典型例はアメリカ合衆国でしょう。一般に大統領制と言われて真っ先に思い浮かぶ国がアメリカです。

 その一方で、同じように大統領がいる国であっても、内実は大統領制ではない政治制度もあります。例えば、ドイツやイタリアのように大統領が国家元首として儀礼的な地位しか有していない国もあります。この場合、行政府の長は議会が選出した首相が就任するため、実質的には議院内閣制の政治体制となります。<参考Wikipedia

 また、フランスやロシアでは逆に議院内閣制であるにも関わらず、権限が大きい大統領がいます。首相もいますが、任命権は大統領が持っています。こうした政治体制は大統領制と議院内閣制の混合という意味で、半大統領制あるいは大統領制的議院内閣制と呼ばれます。<参考Wikipedia

 半大統領制は大統領制よりも大統領の権限が広く強いにも関わらず、「半」とはおかしな表現です。ただ、英語ではsemi-presidential systemとなっているので、準大統領制とでも訳出するとわかりやすいかもしれません。私なら元の英語もneo-presidential systemとすべきだと主張して、超大統領制とでもしますが。

 いずれにせよ、大統領制は行政府の長が大統領である政治体制です。そのため立法府である議会と牽制し合う関係にあります。これに対して、議院内閣制は立法府の長である首相が行政権をもっています。ですから、行政府と立法府は相互に協力し合う関係になっています。権力分立としては同様ですが、行政と議会との関係の制度的在り方に差異があります。<参考Wikipedia

 ということで、ふと疑問に思ったことをWikipediaさんに尋ねてみたというわけです。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia