初詣と甘酒

 今日は近所の神社に初詣に行ってきました。

 初詣と言っても、正しくは巫女詣です。ですから、お参りは仮の目的です。適当にさっさと済ませて、真の目的である巫女さんを拝むために、おみくじを引きにいきました。そうです。おみくじは巫女さんが対応してくれるのです。

 おみくじ所にはたくさんの巫女さんがいましたが、今年の巫女さんはメガネっ娘にしました。純朴そうな巫女さんで、寒風に吹かれてほっぺたが赤くなっていました。かわいそうに。指名とかしたら店内に入れてあげられるシステムを神社でも導入するべきだと思いました。

 なお、おみくじは吉でした。邪念に惑わされずに、心を清くしていることが大切だと書いてありました。もっともです。神社でキャバクラの指名システムなんて思い浮かべているようでは、吉に恵まれません。むしろ、私が神様なら遠慮なく天罰を下します。

 ということで、続いては巫女汁を飲みにいきました。この神社では甘酒を巫女さんが給仕してくれます。ですから、甘酒ではなく巫女汁(みこじる)です。いろいろなアレが入ってそうです。1杯300円もする巫女汁ですが、本当にアレが入っているなら、10倍の値段でも喜んで払います。というか、いっそのことアレを直に飲みt(天罰!天罰ぅ!)

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia