ES細胞とがん細胞

 今日はES細胞とがん細胞です。

 ES細胞とは胚性幹細胞(Embryonic Stem cells)です。動物の発生初期の胚に含まれる、すべての組織に分化することができる細胞です。必要な臓器を作り出すことも可能となるため、再生医療や移植医療への応用が期待されています。

 現段階の研究水準では、ES細胞の分化を自由に制御できません。ES細胞が一定数集まると、お互いに役割分担を決めて、それぞれの組織に分化していきます。この過程での役割分担を人為的に制御できるところまでは研究は進んでいません。

 役割分担が決める前のES細胞はただ増殖するだけの存在です。本日付け日本経済新聞夕刊の1面のコラム、福岡伸一「究極のがん治療法」によれば、胚から取り出されたES細胞は何か組織を形成することなく、ひたすら増殖を細胞になってしまうようです。

 ES細胞のこうした性質はがん細胞にも言えることだと、コラムでは紹介されていました。がん細胞も何らかのきっかけでひたすら増殖を続けてしまう細胞です。この増殖を制御する方法、つまりがんの治療法はまだ確立されていません。

 がん細胞もES細部も、細胞が分化する過程で適正な役割分担を人為的に決めることができれば、自由な制御が可能になります。その意味では、両者に関する研究は繋がっていることになる、とのコラムでした。

 人類の未来を切り開くES細胞と、人類の宿敵とも言えるがん細胞に、意外な共通点があることに興味を覚えました。胚の発生と細部の分化に関しては、倫理的問題ばかりに焦点が当てられがちですが、純粋な研究領域として見た議論も必要だと思います。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia