中川財務大臣辞任の背景

 今日は中川財務大臣辞任の背景です。

中川辞任、財務省の“謀略”説も…情報流出が早すぎる
扱いにくい大臣として有名

 中川昭一前財務・金融相の辞任騒動をめぐり、永田町ではさまざまな情報が飛びかい、謀略説すら出始めている。14日にローマで開かれたG7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)後の記者会見で、中川氏がろれつが回らない醜態をさらした背景や経緯に関する情報流出が詳細かつ早過ぎるのだ。「麻生内閣を見限った霞が関、特に財務省周辺が動いたのでは」(自民党筋)という見方が出ている。

 18日の毎日新聞朝刊の「検証ローマの2日」という記事は痛烈だった。中川氏が14日のG7昼食会を途中で抜け出し、ホテル内のレストランで財務省局長と同行した女性記者、イタリア人通訳ら数人と会食したと指摘。

 この席で、≪ビュッフェ形式のサラダとパスタとともに赤のグラスワインを注文≫≪昨年9月の財務相就任以降、G7などの海外出張では同行の女性記者を集めて飲食を行うことが恒例化していた≫と報じた。

 中川氏は夕刊フジなどの取材に「ワインは口に含んだだけ」と証言しているが、気になるのは一連の情報が流れた経緯だ。

 「泥酔疑惑」が問題化したのは15日午後だが、翌16日には「G7昼食会後、問題の記者会見までに正式日程にない会食があった」との情報が流れ、17日午前には「新聞社と民放のEさんとHさんという美人記者が同席していた」「会食をセットした財務省局長は中川氏のお気に入り。ワインのソムリエの資格を持っている」という個別情報まで広まった。

 中川氏は16日夜まで大臣留任に意欲を燃やしていたが、17日午前に委員会出席をキャンセルして病院に。同日昼、財務省内で記者会見して来年度予算案と関連法案の衆院通過後の辞任を表明したが、野党の徹底抗戦の姿勢を受けて同日夕に辞任した。

 この水面下で、前出のような情報戦があったのは間違いない。

 自民党中堅は「情報流出が詳細かつ早過ぎる。同席した女性記者からというより、霞が関関係者、特に財務省周辺から漏れたのではないか。中川氏は『扱いにくい大臣』として有名で官僚らに敬遠されているうえ、内閣支持率の低下から『麻生内閣は長くない』と見限ったのでは」と語る。

 中川氏には酒にまつわる数々の失敗がある。それだけに、かつて中川氏が大臣を務めた経産省の幹部も「そもそも、あんな状態で中川氏に記者会見させたことは財務省にも問題がある。日銀総裁だけに任せる方法もあったのではないか」と、同省の危機管理のあり方に大きな疑問を投げかけた。

 自民党支配の終焉とともに、永田町と霞が関の固い絆も綻びつつあるのか。

http://www.zakzak.co.jp/top/200902/t2009021828_all.html

 昨日の続きです。中川大臣は霞ヶ関が仕掛けた策略にはまった可能性が出てきました。件の記者会見の前に不自然な飲み会が開催されていたのです。

 飲み会には大臣に同行した財務官僚や記者が参加していました。大切な記者会見の前に大臣と酒を飲んでいたのです。財務官僚の玉木林太郎や女性記者は飲み会に疑問を感じなかったのでしょうか。理解に苦しみます。

 ところで、女性記者とはでしょうか。3人とも綺麗な女性だと勝手に推測しています。とくに新聞記者の女性は男受けする見た目でしょうと思い込んでいます。若くて美しい女性に囲まれて煽られれば、男は酒を飲んでしまうものです。たとえ体調不良であろうとも、たとえ重要な会見の前であろうとも。

 そういえば、記事にもあるように、今回は毎日新聞が良い仕事をしました。毎日新聞の暴露により、不自然な飲み会が明らかになりました。女性記者たちの名前や写真なども暴露していただけると助かりましたが、とりあえずは良い仕事だったと思います。

 変態記事以降、他の新聞社から仲間はずれにされている毎日新聞の仕返しでしょう。国民から二度とマスコミだと位置づけられることはない毎日新聞ですが、そのおかげで、他のマスコミを売ることができました。GJです。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia