観たい映画リスト 第2版

 今日は観たい映画リストの第2版です。

いのちの食べかた
28週後

サッチャーリズムとイギリス映画
リヴァプールからの手紙:イギリスにおける南北格差
マイ・ビューティフル・ランドレット:サッチャーリズムによる自助努力の成果
ラスト・オブ・イングランド:フォークランド紛争の暗闇
コックと泥棒、その妻と愛人:姦通、報復、復讐
ストーミー・マンディ:イギリスとアメリカの経済的関係
シャロウ・グレイブ:個人主義のブラックユーモア
バタフライ・キス:社会から見放された個人
ヴァージン・フライト:孤独の先にあるコミュニティ
トゥエンティフォー・セブン:コミュニティーの再生
マイ・ネーム・イズ・ジョー:分断されたコミュニティの中で黙々と生きる人々

ビリー・ワイルダー
サンセット大通り:1950年
麗しのサブリナ:1954年
七年目の浮気:1955年
昼下がりの情事:1957年
お熱いのがお好き:1959年
アパートの鍵貸します:1960年

2009年3月8日追加
ワルキューレ:ヒトラー暗殺映画。
THIS IS ENGLAND:1983年の閉塞感漂う英国を舞台にした青春映画。

 2つを追加しました。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia