ジャーナリズムの試金石

 今日はジャーナリズムの試金石です。

民主・小沢代表の秘書逮捕 規正法違反の疑い 東京地検
2009年3月3日 18時31分

 国内で多額の裏金を作っていたとされる準大手ゼネコン「西松建設」(東京)の政治献金に絡み、東京地検特捜部は3日、小沢一郎民主党代表の資金管理団体「陸山会」の会計責任者で、小沢代表の公設第1秘書を務める大久保隆規容疑者(47)、西松建設前社長の国沢幹雄容疑者(70)=外国為替及び外国貿易法違反の罪で起訴=ら計3人を、政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いで逮捕し、東京都港区の陸山会など関係先の捜索に乗り出した。

 特捜部の調べでは、大久保秘書は03〜06年、実際は西松建設の政治献金であることを知りながら、陸山会の政治資金収支報告書に、西松建設のOBが代表を務めていた政治団体「新政治問題研究会」(95年設立、06年解散)と、「未来産業研究会」(98年設立、06年解散)から計2100万円の寄付を受けたとする虚偽の記載をした疑いなどが持たれている。

 西松建設元幹部などによると、西松建設は社名を出さずに国会議員の政治団体に献金する仕組みを作り、OBが代表の政治団体を通じて国会議員側に資金提供をしていたという。

 政治資金規正法は、他人名義での献金や政党側以外への企業献金を禁止している。

http://www.asahi.com/national/update/0303/TKY200903030171.html

 民主党代表である小沢さんの公設秘書が逮捕されました。容疑はありきたりの献金問題ですが、いわゆる政治と金の結びつきを忌避する昨今の風潮からすれば、大問題であると言えるのではないでしょうか。

 マスコミはこれまで政治と金の問題を激しく糾弾してきました。実際の世論がどうあれ、政治と金は関係があってはならぬとマスコミが煽り、それが世論だと吹聴して、大臣を辞職させたり、議員を辞任させたりしてきました。

 それが頂点に達したのが、最近では、安倍内閣の時でした。事務所費問題で文部科学大臣の伊吹文明が責任追求され、同じ問題を追及されていた農林水産大臣の松岡利勝が議員宿舎で自殺するという結末を迎えました。

 後の安倍改造内閣でも閣僚の収支報告書がマスコミによって逐一確認されました。内閣としての政策路線や閣僚個人の政策方針などはまったく議論されずに、政治資金だけが連日延々と話題にされていました。

 そうした流れを受けて、小沢代表にも政治と金の問題が浮上しました。今回の献金問題はいわば公然の秘密であったような周知の事実です。なぜか今まで放置されていましたが、東京地検特捜部がついに逮捕と捜査に踏み切りました。

 誰がどう見ても政治と金が結びついている事件です。さて、政治と金の問題をこれまで厳しく糾弾してきたマスコミがどのような態度を見せるのでしょうか。今後の展開が楽しみです。これもある意味メシウマ状態と言えるでしょうか。

 なお、今回の事件はおそらく陰謀です。次のような小沢代表の発言が彼らに嫌われたのでしょう。

「日本の防衛は日本が責任を」 民主・小沢氏が発言
2009年2月25日 22時1分

 民主党の小沢代表は25日、神奈川県横須賀市に拠点を置く米海軍第7艦隊を引き合いに「第7艦隊で米国の極東におけるプレゼンスは十分だ」と24日に発言したことに関し、「(在日)米軍がひくことによって、日本の防衛は日本が責任を果たしていけばいい」と記者団に語った。日本の防衛で在日米軍への依存を減らし、外交努力と自衛隊の活用の組み合わせで補う考えを示したとみられる。

 小沢氏は「アジアには非常に不安定要因が大きいので、米国のプレゼンスは必要だ」と指摘。この地域に米軍がもたらす抑止力には理解を示したが、「それは第7艦隊の存在で十分」と改めて語った。

 また、「日本はグローバルな戦略を米国と話し合って役割分担し、責任をもっと果たしていかなくてはならない」と強調。「米国に(日本の防衛を)おんぶに抱っこになってるから唯々諾々と言うことをきくことになる」と語り、持論の「対等な日米同盟」の実現には在日米軍削減が欠かせないとの認識を示した。

http://www.asahi.com/politics/update/0225/TKY200902250292.html

 対米従属からの離脱は彼らが許しません。決して言ってはいけない禁忌です。えっ? 彼らって誰かって? さあ? そんなこと私に聞かれても。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia