医者をなぜドクターと呼ぶのか

 今日は医者をなぜドクターと呼ぶのかです。

 リンク先の質問者と同じ疑問を私も持っていました。つまり、ドクターとは大学院の博士課程を修了して博士号を取得した人のことであり、大学院に行ってもいない医者をドクターと呼ぶのはなぜなのか、という疑問です。

 質問に対して回答者が回答していますが、意味不明です。博士号を取得していない医師をドクターと呼ぶ理由を質問しているにもかかわらず、医師のなかには大学院に進む人もいるというとんちんかんな回答をしています。回答者は間違いなくアホです。

 とはいえ、そうして罵倒したところで、疑問は何も解決しませんので、ちょっといろいろと調べてみました。その結果、確信のある回答だとは言えないものの、オックスフォード英英辞典から妥当な回答を発見しました。

1.
・a qualified practitioner of medicine; a physician.
・a qualified dentist or veterinary surgeon.
informal a person who gives advice or makes improvements.
2.
・(Doctor) a person who holds a doctorate.
archaic a teacher or learned person.
3.
・an artificial fishing fly.

adapted from "The Oxford American Dictionary".

 doctorの意味として第1番目に医者が挙げられています。博士号取得者の意味は第2番目です。ここから類推するに、doctorはもともと医者のことを呼ぶ言葉であり、医者の博識さから意味が派生して博士の人を呼ぶ言葉になった、と考えられます。

 つまり、質問者も私も発想が逆であったのです。ドクターは博士の呼称であるから医者の呼称としてはおかしい、のではなく、医者の呼称であるドクターが博士にも用いられているというのが実際のところである、ということです。

 もちろん、これが絶対的な回答だとは思いません。たとえ英語のdoctorの意味が私の類推通りだとしても、日本語としてのドクターが同じ意味だとは限りません。もう少し詳しく調べる必要があります。

 とはいえ、あのアホ回答者の回答よりは納得できる妥当な回答だと思います。この回答者の他の回答を見る限り、この人はおそらく歯科医です。他の質問には丁寧に回答していますが、なぜか今回はふざけた回答をしています。不埒な医者ですな。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia