2009年6月アーカイブ

自民党と民主党との大連立

 今日は自民党と民主党との大連立です。

Japan is losing patience with politics-as-usual
By David Pilling
Published: June 17 2009 18:58 | Last updated: June 17 2009 18:58

There were no Revolutionary Guards on the streets of Chiba, east of Tokyo, this week. Unlike Mahmoud Ahmadi-Nejad, Taro Aso, Japan’s gravelly voiced prime minister, did not seek to stuff ballot boxes or intimidate the opposition. Yet in Japan, as in Iran, voters this week signalled their dislike of a reactionary old party and declared their willingness to gamble on something new.

Events in Chiba, a rather nondescript part of the commuter belt on the way to Tokyo’s Narita airport, admittedly lacked the drama ? and bloodshed ? of those that have shaken Tehran. But the victory of Toshihito Kumagai, 31, candidate for the opposition Democratic party of Japan in the city’s mayoral election, nevertheless signals the probable end of the Liberal Democratic party’s 50 nearly unbroken years in power.

Of course, one should not read too much into the results of a mayoral election, particularly one in which the winning candidate garnered just 170,000 votes. Even Mr Ahmadi-Nejad allowed Mir-Hossein Moussavi, the presidential challenger, a few more than that. But the victory of the Japanese candidate ? who ran on a deliberately gauche ticket of “young, inexperienced in politics and without money” ? indicates the depth of electoral disenchantment with politics-as-usual.

Pundits have been predicting the demise of the LDP ever since the economic bubble burst in 1990. Time and again, they have been left with fish roe on their face. True, the LDP did cede power briefly in 1993. But the rag-bag coalition that replaced it was more light relief than serious usurper. Business quickly returned, more or less, to normal.

Since then, the LDP has clung on for dear life. First, it co-opted parts of the socialist movement, thereby neutralising a force with a credible ideological alternative to its own conservative agenda. Second, it used coalition partners to bolster its parliamentary seats, most effectively through the Komeito, a Buddhist-backed party that enjoys a grassroots following. Third, when things looked really grim in 2001, it resorted to sleight of hand. It elected as its head Junichiro Koizumi, who improbably convinced the electorate that his mission was to smash his own party. That proved a stroke of genius, extending the LDP’s tenure for six more years.

Since Mr Koizumi left in 2006, the magic has faded. Under his successor, Shinzo Abe, who tried to march his party to the right, the LDP was heavily defeated in upper house elections. Although it still controlled the far more important lower chamber, its ability to pass meaningful legislation ended. Mr Abe’s year-long implosion was followed by a lacklustre year under Yasuo Fukuda, a decent but uninspiring prime minister. He duly handed over to the foot-in-mouth Mr Aso, the current incumbent whose approval ratings have dipped in and out of the teens.

The LDP’s secular decline mirrors the end of a state-led system that served Japan admirably for 40 years, but has run out of road. Since 1990, the party has persevered with its well-honed brand of money politics without one key ingredient: money. Lacking fast economic growth, it has had to abandon its successful electoral formula of redistributing wealth collected in the cities to voters in rural strongholds. Mr Koizumi accelerated that shift by attacking some of his own party’s supporters, including construction companies and postal workers. By breaking with its traditional backers, he made the party dependent on fickle urban voters.

That worked a treat when Mr Koizumi’s razzmatazz, leavened by several years of export-led growth, drew excited voters to his cause. But since his withdrawal from politics, the LDP has been left hawking unpopular policies to an electorate fed up with endless lacklustre growth (at best) and political sleaze. If anything, voters have turned against the market-driven policies championed by Mr Koizumi, which they blame for heightened inequality in a once proudly egalitarian society. The party has been left conflicted. Its trauma was laid bare again last week when Kunio Hatoyama, the interior minister, quit after a fight over how to manage postal privatisation, the centrepiece of Mr Koizumi’s premiership.

If evidence were needed that, this time, the LDP really is in trouble, one need look no further than the DPJ. The opposition party is in almost as much disarray as the LDP. It lost yet another leader only last May, this one to a financial scandal. Citing a weak opposition as evidence of the ruling party’s imminent demise may seem absurd. But that is the point. Ideologically riven and recovering from a leadership scandal, the opposition nevertheless continues to win local elections and lead opinion polls. The electorate is in an “anyone but the LDP” mood. That bodes ill for Mr Aso, who must call a general election by September.

Certainly, Japan’s opposition has disappointed before. Nor are political pundits ruling out the possibility of a wholesale realignment that could, under some scenarios, fuse elements of the LDP and DPJ into a ruling coalition. Yet the LDP, the beast that will not die, will need a minor miracle to survive this time. Japan might be the only country in the world where Mr Ahmadi-Nejad could run and stand a decent chance of winning ? fair and square.

http://www.ft.com/cms/s/0/ff38a1d8-5b67-11de-be3f-00144feabdc0.html

 論題にもas usual(相変わらず)とありますが、相変わらず日本が大嫌いなDavid PillingによるFTの社説です。今回も、日本の他のマスコミと同じようなことを言いながら、日本の政治と政治家をこき下ろしています。本当に相変わらずですな。肩書きが東京支局長からアジア編集長に変わっていますが、日本批判が認められて昇進したのでしょうか。

 皮肉はさておき、今回の社説は前半はいつも通りですが、後半が秀逸だと思いました。例えば社説は、自民党が小泉総裁時代に支持基盤であった建設業界と郵政業界を切り捨てたために、地方の組織票ではなく都市部の浮動票に依存する政党になったことを指摘しています。

 これは無論、何も独自性のない指摘です。しかし、日本でもこうした当然の認識をもっている人は少ないのではないでしょうか。こうした支持基盤の変化も加えて、自民党が野に下った1993年以降の日本政治史について、非常に簡潔ですが、ざっとわかりやすくまとまっていると思います。

 とりわけ感心できた点は、最後の部分です。つまり、自民党が大変なことになっている一方で、対立野党である民主党も大変になっている現在、両者の一部同士による大連立の可能性を指摘している点です。その実現は奇跡であるとして、最終的には来る総選挙では民主党の勝利を予測していますが、大連立も視野には入れています。

 今回の社説のごく一部である大連立に私が着目した理由は、私も総選挙後に大連立が成立すると考えているからです。大連立は社説全体の主張ではないため、今回の社説を大連立の記事だと紹介することは曲解に近いですが、日本でもあまり主張する人がいない大連立を久しぶりに見かけたので、小躍りしながら書いています。

 やるじゃん! ピーちゃん!←Pillingのこと?

 総選挙が先延ばしになっていますが、選挙後の自民党敗北を見込んだ大連立を巡る調整が水面下で行われているためだと私は考えています。民主党の保守派が割って出る時機や自民党へ合流か新党結成かなどについて探り合っている状態でしょうか。総務大臣を辞任した自民党の鳩山邦夫がおそらく離党後に新党を結成するでしょうが、それがもしかしたら大連立の母体になるかもしれません。

 何の根拠もない与太話ですが、いずれにしても、私が大連立に期待していることは、これによって自民党と民主党に散らばっている保守派と革新派が整理されることです。とくに民主党に残存する旧社会党勢力は早々に切り捨てられるでしょう。その意味では、私は今夏にあるであろう総選挙に心待ちにしています。

歴史を直視しない中国

 今日は歴史を直視しない中国です。

 天安門事件、正確には六四天安門事件ですが、あの事件から今日で20年になりました。いまだに中国では天安門事件に関する情報が中国共産党により規制され、露骨に隠蔽されています。犠牲になった市民の数なども明らかにされていません。もとより、中国では天安門事件を知らない、知らされていない中国人もいるようです。

 天安門事件の様子は報道機関を通じて世界中に伝えられました。当時はインターネットが発達していませんので、電話やFAXを通じて事件の様子が報道されました。中国共産党はこのときの報道内容を事実として受け入れていません。また、中国人がこうした情報にふれることを厳しく規制しています。

? 映像ではCNNが奮闘し、現場の映像を世界に発信し続けました。このときの映像も中国共産党は事実として認めていません。そのため、現在でもCNNは捏造によって中国を貶める悪い報道機関として嫌がらせを受けており、中国では定期的に工作人によってCNNは攻撃されています。最近では、2008年4月に中国人全員に1人1ドルずつの慰謝料を求める裁判が起こされました。

 中国共産党の歴史に対する姿勢が妥当かどうかについてはいろいろな判断がありえるでしょう。支那を中国として統治するためには必要な措置なのかもしれません。とはいえ、中国共産党が自らの国の歴史的事実を隠蔽していることは間違いありません。そうした政治団体が支配する国が歴史問題を持ち出すことに、ものすごい違和感を覚えます。

えろとすかとろ

 今日はえろとすかとろです。

 ここ数日、おなかの調子が良くありません。おなかに鋭い痛みがずっと続いています。トイレに何度も駆け込んでいます。

 トイレではこんなこんな感じです。

もう我慢できないの……。
いいよ。たくさん出してあげる。
あ、出てる……こんなに。
いっぱい出たね。溜まってたんだ。
……まだ出る……の?
出るっ! 出ますっ! 出ちゃいますっ!
お願い……もう……許して。
ちょ、また、もう、んんっ……。
らめえええぇぇぇぇっ!
アッー!!

 主客や性別が一致しませんが、定番の台詞が頭を駆け巡っています。このような事態でもエロを忘れない自分に感心しました。

 しかし、何が原因なのか良くわかりません。熱はないので、あの流行病ではないとは思いますが……。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia