2010年5月アーカイブ

血圧測定:100529

 今日は血圧を測定しました。

最高血圧:115mmHg
最低血圧:82mmHg
脈拍数:79 bpm

 相変わらずの低さです。ちょっと軽く運動した後に測定したためか、脈拍数が少し多いですが、以前と比べて変化はありません。

 私はほぼ毎日お酒を飲んでいるため、さすがに血圧が高くなっているのでは、と気になっていました。が、意外にもほとんど影響がないことが判明しました。

 これで安心して今夜もごぶごぶ飲むことができます。

吉岡治の死去

 今日は吉岡治の死去です。

 吉岡治といえば、私にとっては石川さゆりの「天城越え」の作詞者です。冒頭から「自分のものにならないなら、あなたを殺していいですか?」と訴えるファンキーな歌詞は、普段は演歌を聞かない私でも好きになるくらい、魅力と迫力があります。

 歌詞全体は、何というか、救いがないどろどろの男女関係なのですが、独特の非日常性が描かれており、妙に心惹かれる情景になっています。人生に一度くらいは、かような怠惰に身を任せてみたいと、誰でも思うのではないでしょうか。

 そうした歌詞を、妖艶な石川さゆりが歌唱力たっぷりに歌い上げるのが「天城越え」です。楽曲との相性も良く、聞いても歌ってもメリハリが感じられて、心に残る名曲であると私は思います。

 ご冥福をお祈りします。

追記:
 改めて歌詞を見直してみると、どろどろの男女関係どころではないような気がしてきました。

 要点は「刺さったまんまの割れガラス」です。これは比喩的表現で、かつての愛の言葉は壊れてしまったけど、今でも私の心に刺さっている、といった意味だと、私は解釈していましたが、実はもっと直接的な表現かもしれないと思いました。

 つまり、冒頭の「殺していいですか」を実行した後の情景を描いているのではないか、ということです。割ったガラスでぐっさりと殺ってしまい、その死体に刺さった割れガラスをぼんやりと見つめている様子です。火曜サスペンス劇場です。

 その文脈で考えれば、歌詞の前半で「何があってももういいの」が、後半では「戻れなくてももういいの」と変わっている点も、後戻りができない行為をしてしまったことを言っている、と読み取れます。確かに死人は生き返りません。

 さらに、「ふたりでいたって寒いけど」「嘘でも抱かれりゃあたたかい」の部分は、事後、すでに冷たくなった身体に抱きつく姿を描いているようにも見えます。冒頭の宣言通り、殺して自分のものにできた喜びを表現しているのでしょう。

 天城越えの「越え」は、いろいろと越えてはいけない線を越えてしまった、ということなのかと思ってしまいました。男と女の線のみならず、人を殺す線、死人と戯れる線、さらには、自分も死を選ぶ線も含まれているかもしれません。

 以上は1つの解釈に過ぎませんが、こうした素っ頓狂な読み方もできるところが、天城越えの歌詞がもつ魅力と迫力の源泉ではないかと思いました。その一方で、「天城越えって良くね?」と言っていた私は、実は、火サスの情景に魅せられていた可能性もあるということであり、新たな自分を発見したような気分です。

プロ野球選手のその後

 今日はプロ野球選手のその後です。

「戦力外」の進路調査=NPBが公表

 日本野球機構(NPB)は17日、12球団を昨年戦力外となった90選手(日本人)の進路調査結果を公表した。NPB内に残ったのは、選手契約7人、育成選手契約9人、コーチ契約7人や球団スタッフを合わせると全体の57%(51人)。2007年の51%、08年の52%同様、半数以上がNPB内にとどまった。

 国内独立リーグや社会人野球、海外プロ野球、解説者を含めると、野球関係に残ったのは全体の78%(70人)。一方、一般会社と自営業で再出発した8人を含め、野球関係以外に進んだのは22%(20人)だった。

 プロ野球選手となったものの実力が発揮できず戦力外通告を受けて解雇された人々に関する追跡調査です。こうした調査があることは初耳ですが、興味深い調査結果だと思いました。

 印象論では、解雇された選手はラーメン屋でも始める人が多いかと思っていましたが、広い意味での関係者として活躍する人が8割近くいることに驚きました。プロ野球界は意外に懐が広いです。

 一方で、残りの2割程度がやはり一般の世界に旅立っています。いや、逆戻りと言うべきでしょうか。野球から離れてしまったとはいえ、そこそこの生活を送っていけることを願っています。

 そういえば、みんな大好き中日ドラゴンズを昨シーズンで戦力外通告された投手に、中里篤史がいます。将来のエース候補と言われながらも、けがに次ぐけがに泣き、活躍ができませんでした。未完の大器は結局のところ完成しなかったのです。

 読売ジャイアンツに拾われましたが、今シーズンはいまだ一軍登板はありません。敵軍となってしまいましたが、彼のストレートは本物だと思いますので、せめて中継ぎか抑えでビュンビュン放ってくれることを願っています。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia