ステンレス・タンブラー

 今日はステンレス・タンブラーです。

 サーモスのステンレス・タンブラー(JCY-400)を買いました。アマゾンで定価2,625円が2,594円でしたので、値引きされないくらい人気商品なのでしょう。

 ステンレス・タンブラーは、なかに入れた飲み物が冷めにくい、温まりにくいことが特徴です。今の季節に冷たいビールを美味しく飲むために買いました。

 実のところ確かに、ビールを注いで少しずつ飲んでも、ぬるくならずに冷たいまま飲むことができます。飲むときに口に当たるビールの冷たさが、最初から最後まで変わりません。また、結露もしないため、机が濡れることもありません。これは凄いです。

 ただし、当たり前のことですが、ビールがステンレスタンブラーに入っていなければ、機能が発揮されません。私が買ったJCY-400は容量が約400mlですが、350mlの缶ビールは泡立ちのため一度にすべては入りません。缶に残ったビールはぬるくなってしまいます。もう少し容量が大きなものが欲しいです。

 また、このステンレスタンブラーには型番が書かれたシール(約1.5cm×5cm)が側面下部に貼られています。これがはがれません。のりが残ってしまい、見た目がよろしくありません。なぜこのような仕打ちが、と疑問に思います。

 とはいえ、いくつかの課題はあるものの、満足しています。これまではビールのためにグラスを冷蔵庫で冷やしていましたが、そうした準備作業はもう必要なくなるでしょう。真空なので軽くて持ちやすい割に、底面部に重りが付けてあるため、置いても安定しています。

 良い買い物でした。

追記20110716
 型番が書かれたシールですが、100円均一店で買ってきたシールはがしで、きれいにとれました。ステンレスには不適合かと思いましたが、跡も残らないばかりか、傷やくもりなどもありません。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia