北海道研修1日目

 今日は北海道研修です。

 2泊3日で北海道に行ってきました。

・北海道とはいえ、いくらなんでも夏は暑いだろうと、当初は半袖とハーフパンツで行こうと思ったが、現地の最高気温が25度前後、最低気温が20度前後であったので、ハーフパンツからジーパンに切り替えた。結果としてこれは正解であった。
・朝は5時過ぎに起きて集合場所に向かう。眠い。
・飛行機で稚内に向かう。小さな飛行機だったが、乗客はほぼ満員だった。稚内は意外に人気があるのだろうか。
・稚内に降り立つ。気温は22度。風が強く、半袖だとやや寒い。ハーフパンツなら死んでいた。
・居酒屋「竹ちゃん」で昼飯を食べる。刺身や寿司がうまい。脂がのったホッケが絶品であった。稚内黒牛のステーキも美味しかった。
JR稚内駅を見学する。最北端の駅であり、線路が行き止まりになっている。JRでは珍しい。電車の本数は少なく、1日8本くらいである。1本逃すと次は2時間後である。最北端らしい。
・駅の北にある北防波堤ドームを見学する。防波堤には相応しくないほどの建築物であり、1つの作品のように感じられた。
ノシャップ岬に向かう。天気は良かったが、雲が多くて、利尻富士は見えなかった。その代わり、ではないが、岬のすぐ近くにある自衛隊駐屯地(分屯地)はよく見えた。
宗谷岬に向かう。言わずとしれた日本最北端である。北方向に樺太がうっすらと見える。感慨にふけりながら、しばらく眺めていた。
間宮林蔵の像が建っていた。樺太が島であることを確認し、間宮海峡を発見している。
・近くの売店で「日本最北端到達証明書」を発行していた。100円。思わず買い求めた。
・宗谷岬の丘に上ると、旧海軍の見張り台があった。岬の北側が一望できる。ここからも樺太がよく見えた。
・丘を奥に入ると、風力発電の風車がたくさん設置してあった。よく回っていたが、送電線が見当たらない。ただ回してるだけなのか。
・ここの丘もそうだが、広大な農地や牧草地が広がっている。英国のそれらを思い出した。
・再び西側に戻り、途中の海岸で利尻富士を眺める。利尻島にもっとも接近してる場所である。若干の雲があったが、綺麗な利尻富士を見ることができた。ちょうど日没の時間だったため、しばらく利尻富士と夕日を楽しんだ。
・ホテルは豊富温泉(とよとみおんせん)であった。お湯はアルカリ性で、少し石油くさい。ゴムのようなにおいとも言える。肌に良いらしいので、たっぷり入浴した。
・入浴後、サッポロクラシックを飲んだ。うまい。苦みがちょうど良い。自動販売機で350mが300円、500mlが400円というぼったくり料金であったが、不思議と悔しくない。これを飲まないと、北海道に来た気がしない。

 以上、1日目です。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia