北海道研修2日目

 今日は北海道研修2日目です。

・朝食をもりもり食べた。旅先で食べる朝食はなぜこのようにうまいのか。
サロベツ原野に向かう。バス停「サロベツ原生花園」の近くで湿原を見学する。広大な湿原が広がっている。なお、このバス停は現在は使われてないようだが、時刻表を見ると、そもそも1日に2本しかバスが来ない。厳しい世界である。
サロベツ湿原センターへ向かう。1kmほどの遊歩道があり、湿原のなかに渡した橋を歩くことができた。
オロロンラインを通る。途中で、風力発電の風車が連なって設置してある場所があった。ここにも送電線は見当たらない。
JR音威子府駅(おといねっぷ)でそばを食べる。かけそば300円。黒いそばである。うまいそばである。ただ、つゆはおそらく昆布だしであるため、やや力強さに欠ける。
道の駅びふか(美深)で休憩する。トマトジュース「太陽の水」120円と羊の乳「シープミルク」440円を飲む。トマトジュースは甘くて美味しい。羊乳は味が薄くてくせがある。馬鈴薯の北あかりを使ったコロッケを食べる。100円。うまい。
・美深にあるトロッコ王国に行く。廃線になった線路を利用して、トロッコを走らせている。トロッコは自分で運転できる。距離も長く、往復で30分ほどである。意外に速度が出て面白い。廃線を活用する1つの型を見た気がした。
・幌加内(ほろかない)でそばを食べる。野菜天そばを注文した。黒くはない、普通のそばである。美味しい。ただし、だしが(略 若い店主が店を切り盛りしていた。少しでも貢献しようと、土産にそばやそばかりんとうを買い求めた。
・旭川を経由して札幌に向かう。到着後、すぐにサッポロビール園に行く。ジンギスカンをしこたま食べる。うまい。サッポロクラシックの生ビールがあったので、ごぶごぶ飲む。うまい。
・宿泊するホテルは高級ホテルであった。2人用の部屋に1人で泊まる。部屋が3つもあり、トイレが2つ、シャワー室とバスタブが別々にあり、大型のテレビが2台も置いてあった。ソファーもベッドもふかふか。ベッドが大きすぎて落ち着かない。思わず裸で寝た。

 以上、2日目でした。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia