京都プロレス

 今日は京都プロレスです。

 京都にプロレスが発足したと知りましたので、ちょっと見に行ってきました。実のところ、プロレスの観戦は初めてです。

 会場はイオンモール京都ハナの3階にあるイオンホールです。学校の教室くらいの狭い場所にリングが設置してありました。その周りに、地べたに座って観戦する自由席と、イスに座って観戦する指定席がありました。私は3,000円の指定席で観戦しました。自由席は2,000円だったと思います。

 最大で100人程度しか観客が入らない狭い会場です。今日は70人から80人くらいの観客が来ていました。正直、しょぼいところだと思いました。が、試合が始まると、意外にこれがちょうどいいと感じました。

 というのは、選手との距離が近いのです。私の目の前を選手が通って入場してきます。目の前で試合が行われます。目の前でバシバシ打ち合います。マットに叩き付けられた衝撃が直に伝わってきます。

 試合は1対1が2つ、5人のバトルロワイヤルが1つ、3対3のタッグ戦が1つでした。メインは3対3です。全体で1時間くらいでした。

 試合内容は、素人の私から見ても、やや未熟さが目立つものでした。技が当たっていないことが丸わかりの場面もありました。プロレスとはそういうものなのでしょうが、もう少し上手く見せるべきではないでしょうか。

 とはいえ、メインの3対3では、空中殺法や絞め技が繰り出され、面白い試合でした。場外乱闘もあり、自由席に選手が飛び出して、その選手にリング上の選手が飛び込む場面もありました。自由席の観客が少し巻き込まれていました。とても危険ですが、大興奮です。

 選手は男性のみならず女性も何人かいました。いや、女性に見えただけで、中身は男性かもしれません。ほとんどの選手が覆面ですので、実際のところはわかりませんが、体格からしておそらく女性でしょう。男女混合のプロレスも面白いと思いました。

 初めてのプロレス観戦を十分に堪能しました。今回は旗揚げ準備の試合であり、本格的な旗揚げ試合は12月10日の日曜日にKBSホールで開催されるようです。その時はもう少しガチの試合が見られるのでしょうか。機会があれば、観戦したいと思います。

 なお、試合の前座で、京都プロレスのエース、マッハ隼人と、無名の女性歌手とが登場し、デュエット曲をリング上で生で歌いました。古い演歌調の曲で、プロレスの試合には似つかわしくありません。歌った本人のマッハ隼人も自分でそう言っていました。なぜ、これが前座なのでしょうか。

 また、その曲のCDが会場で販売されていました。案の上、誰も買っていませんでした。何がしたいのでしょうか。

 プロレスとは別の視点ですが、選手の体格に目がいきました。私も少し筋トレをしていますので、他人の体格が気になってしまいます。何人かは、私のほうが腕が太いのでは、と思いましたが、ほとんどが鍛え上げた身体をしていまいた。とくに、空中殺法を得意技とする選手はみな良い体格でした。あれくらいになりたいものです。

 これからも京都プロレスを応援していきたいと思います。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia