ナゴヤドーム

 今日はナゴヤドームです。

 みんな大好き落合監督が今季限りで退任することが発表されましたので、彼の勇姿の見納めにナゴヤドームに行ってきました。中日ファンを自認する私ですが、ナゴヤドームはなにげに初めてです。

 対ヤクルト戦です。4連戦の3戦目で、これまで2連勝しています。連戦前、首位のヤクルトとはゲーム差が4.5でしたが、2連勝で2.5まで追い詰めました。今日勝てばゲーム差を1.5まで追い詰められます。

 ところが、初回の表から先発のソトが畠山に2ランを浴びました。試合開始5分で2点を取られました。ヤクルトとは接戦勝負になりなすので、この2点は大きいです。

 それでも中日は2回裏に大島のタイムリーで1点を返しました。大島は中日の中軸として順調に成長しつつあります。先発のソトは初回以降は順調な投球でヤクルトに追加点を与えません。

 中日は今日、2回も牽制球アウトを食らいました。1回裏の井端と、6回裏の森野です。とくに、森野の時は、2アウト2塁の好機に、打てなかった野本の代打に平田が出てきて、逆転ムードが高まった瞬間です。平田は一度もバットを振ることなく、というか、打席で一球もボールを見ることなく、チェンジになりました。選手会長、しっかししてくださいよ。

 その後、交代した平田が、やってくれました。なかなか追加点がとれなかった7回裏、平田がソロホームランを放ち、同点に追いつきました。どでかいホームランでした。さすが平田です。落合監督に似ている打ち方のためか、落合監督の下で大きく成長しました。落合の功績の1つです。途中で不振の野本を平田に代えた落合監督の采配も見事です。

 8回裏に逆転の好機が訪れました。2アウト1塁3塁、ヒットで点が入る局面です。打席には代打で英智が入ります。私が応援している選手です。守備と走塁は球界随一ですが、打力がありません。でも、好機に強く、何かやってくれる選手です。が、ファーストフライに倒れてしまいました。ファールで粘りましたが、今一歩でした。

 ヤクルトは同点で迎えた9回裏に抑えの林を投入してきます。試合時間が3時間半に近づいていますので、2対2のまま同点で逃げ切ろうという采配です。当然の戦略であり、今日は引き分けかと思われました。

 しかし、今日は打てていない荒木が先頭打者でヒットを打ち、好機を作りました。井端が内野ゴロで進塁打になり、森野が四球で歩かされて、ブランコがセンターフライ、2アウトで打席には谷繁が立ちます。強気で好機が得意の谷繁に期待が高まります。燃える展開です。

 谷繁は見事その期待に応えました。レフト前にぎりぎり落ちるヒットを放ち、二塁にいた荒木が好走でホームに滑り込みました。セーフです。サヨナラタイムリーになりました。ドームが揺れるほどの大興奮です。私も思わず立ち上がって歓声を上げました。

 初めてのナゴヤドームで、逆転サヨナラ勝利の試合を見ることができました。私が観戦すると勝つのかもしれません。落合監督下の試合は残り少ないですが、機を見てまた観戦したいと思います。

 なお、座席は内野Sの5,800円を取りました。三塁席に近い場所でした。前から17列目でしたから、選手が近くで見られます。良い席でしたが、やはり1塁側のほうが中日ファンらしいと思います。今度は一塁側の席にしましょう。

 試合前に売店でシャツを買いました。落合監督のシャツは売り切れていましたので、英智と山本昌のシャツを買いました。山本昌はユニフォームのレプリカですが、英智はただのTシャツです。英智ファンはあまりいないのでしょうか。守備固め要因ですから仕方ないのかもしれません。

 追加で、震災復興のチャリティーシャツを買いました。私が気に入っている英智がデザインしたものです。だから買ったこともありますが、復興を願う一人としても、ささやかな支援になればと思います。

 そういえば、7回終了時のドアラのバク転ですが、今日は失敗していました。あのコアラ野郎。1点差を追っていた時でしたので、ドームの空気が本当に嫌なものになりました。もっとも、そうした雰囲気のなかでバク転するドアラも、相当のプレッシャーでしょうが。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia