ナゴヤドーム2回目

 今日はナゴヤドーム2回目です。

 前回に続き、ナゴヤドームに行ってきました。今回は巨人戦です。

 結果を先取りすれば、今回もサヨナラゲームで勝ちました。私がナゴヤドームに行くと中日が勝ちます。勝率10割です。しかも両方ともサヨナラゲームでした。私も「もっている」かもしれません。

 今日の試合は、巨人が二桁ヒットを打ちながらも得点ができない一方で、先発のゴンザレスが完璧な投球を魅せる、という奇妙なものでした。好機の場面の度に、打てない打者に回ってくれるような打順を編成した巨人に感謝したいです。

 山場は0対0で迎えた9回表の巨人の攻撃でした。ゴンザレスと投げ合っていた先発のチェンに代わり、中日の守護神、岩瀬が投げました。簡単にツーアウトを取ったのですが、その後の古城と坂本に2連打されてしまい、1-3塁の危機を迎えました。

 巨人はここで、打てていなかった寺内に代えて谷を代打で送りました。これに対して、中日は岩瀬を下げて、浅尾に交代させる策を打ちました。巨人はさらに、谷に代わり高橋由伸を代打の代打で送り出しました。

 燃える展開です。前々日の試合でも、浅尾と高橋由伸は対戦しており、この時は浅尾はタイムリーを打たれています。その試合は引き分けに終わりましたが、浅尾には嫌な記憶として残っているはずです。

 その高橋由伸との対戦です。球場内は大盛り上がりです。大歓声のなか、浅尾はその期待に応えました。高橋由伸を三球三振で討ち取ったのです。最後は低めのフォークボールでした。高橋由伸のバットが空を切った瞬間、浅尾の雄叫びと観客の歓声がナゴヤドームを支配しました。

 0対0が続いていた10回裏、1-2塁の好機を作った中日は代打で堂上剛裕を送り出しました。堂上兄弟の兄貴のほうです。この堂上も、前々日の試合では好機の場面で巨人の投手、久保に抑えられていました。今日も投手は久保です。これまた燃える展開です。

 堂上は見事に役割を果たしました。久保の球をセンター前にはじき返し、2塁にいた和田をホームに帰しました。サヨナラヒットです。またもや球場は大興奮に包まれました。観客は総立ちだっだのではないでしょうか。巨人ファン以外は。

 今回も熱い試合を観戦することができました。裏試合のヤクルトもサヨナラで勝ちましたので、ゲーム差は変わりませんが、大きな勝利になると思います。このまま優勝に向けて爆走してほしいです。

 なお、チケットは内野席の一塁側を取ろうと思ったのですが、さすがに売り切れており、前回と同じ、内野Sの三塁側、5,800円です。周りにはちらほらと巨人ファンがいました。私は、前回買い求めた英智Tシャツを着て応援していました。今日は出番がありませんでしたが。

 そういえば、7回裏にあるドアラのバク転は今日は成功していました。あの野郎、やればできるじゃないか。

 次回はCSの時にナゴヤドームに行きたいと思います。そして、もちろん、日本シリーズも!

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia