歯の洗浄

 今日は歯の洗浄です。

 口内環境を整えるため、歯の根っこのほうを洗浄してもらいました。いわゆる、歯石を取る作業ですが、今日はその準備として歯と歯茎の間を水流で洗ってもらいました。

 衛生士曰く、歯と歯茎の間の汚れは通常の歯磨きでは取れず、その汚れが固まって歯石となり、それが悪い菌を発生させて、歯周病になってしまうようです。

 私の場合、ひどい歯周病のようです。歯茎がやせていたり腫れていたりするところがあります。歯周病は改善できず、進行を食い止めることだけが可能のようですので、私もこれ以上悪化しないように治療を受けています。

 しかし、歯周病は怖いものです。私は歯磨きは適正にできていると評価されましたが、その私でも歯周病になっています。歯磨きだけでは無理で、歯医者でのみ対処ができる、しかも、対処しないと歯が抜けていく……。

 なぜに人類はこのような病気を抱えてしまったのか、と思わず言いたくなりました。気をつけていても誰でも罹患する上、死に直結しかねないという意味ではガンに近いと思います。みなさんもお気をつけください。

 次回、といっても、2ヶ月後ですが、次回はいよいよ歯石を除去するようです。器具を歯と歯茎の間に入れて、歯石を削り落とします、と説明されました。どう考えても痛そうです。衛生士は、麻酔しますから安心してください、と言っていましたが、麻酔するほど痛いということです。

 今からどきどきしてきました。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia