三千院、延暦寺、近江神宮

 今日は三千院、延暦寺、近江神宮に行きました。

三千院に初めて行く。有名どころであるが、京都のちょっと奥まった場所にあるため、行く機会がなかった。
・紅葉の季節であったため、庭園がほどよく色づいており、綺麗であった。とくに中心の庭園、有清園は、珍しく杉が立ち並ぶ庭園であった。やはり杉は美しい。
・紫陽花で埋め尽くされた庭園もあった。もちろん、紫陽花は咲いていないが、旬の時期にはさぞかし見事な景色になるだろうことが容易に想像できた。
・帰り道の下り坂で猫に出会う。原付バイクに紐でつながれていた。参拝客の猫だろうか。逃げられないのを良いことに、もふもふしまくる。もふもふ。
延暦寺東堂に行く。根本中堂がある場所だ。だが、庭園がないお寺なので、あまり見るところがない。
・売店で比叡山そばを食べる。680円。山菜と天かす、とろろ昆布が乗っている。ごちゃ混ぜのスタミナそばか。そばは美味しい。
近江神宮に行く。持統天皇が好きな私は、その父である天智天皇も好きであるが、その天智天皇を祀っている神社である。こちらもこれまで行く機会に恵まれなかったので、今日に参拝した。
・とはいえ、天智天皇の像などがあるわけではないので、適当に参拝するだけである。日本の黎明期である飛鳥時代を担った人に思いを馳せた。
・隣接されている時計館に行く。入館料300円。時計を導入した天智天皇に相応しい博物館である。当時の漏刻(水時計)が再現されていた。
・七五三の季節であるため、境内の至る所で、おめかしした親子連れが写真撮影していた。天智天皇のように、新たな日本の黎明を担う人材になって欲しいと、他人事のように願った。
・十割そばを食わせる店があったが、予約制だとか1日10食限定とか、いろいろややこしい店だったので、入らなかった。おそらく味も美味しくないだろう。

 せっかくの機会だからと、欲張って見に行きました。少し疲れましたが、三千院はもう一度、紫陽花の季節に行きたいと思います。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia