京都御所一般公開

 今日は京都御所の一般公開に行ってきました。

・なぜだか前夜から入洛し、京都御苑西にある京都ガーデンパレスに宿泊した。値段の割に良いホテルであった。
・せっかくなので晴明神社に行く。夕方に参拝したためか、人がまばらであった。良い参拝だったが、隣にあるお土産屋がうっとうしく、ご破算になるほどであった。
・参拝後、近くの白山湯に行く。サウナと水風呂があり、良い風呂であった。
・翌朝、ホテルから少し西に行った喫茶店、珈琲の木で朝食を食べる。京都府庁前の通りを西に行くと、南側に見えてくる。老夫婦がやっている小さな喫茶店だが、美味いコーヒーを飲ませてくれる。
・そんだこんだで、京都御所に行く。入る前から、相変わらずの人出にうんざりする。
・今回の目玉は、11時から始まる五節舞(ごせちのまい)である。京都御所内の新御車寄(しんみくるまよせ)で、十二単に身を包んだ4人の女性が踊る舞である。
・五節舞は新嘗祭の一環であることもあり、儀式的な意味合いが強い舞である。そのためか、至極ゆったりとした調子であり、それが雅さを強調している。かつては上級貴族しか見られなかった舞を見つつ、その優雅さと美しさにしばし魅了された。
・事後、京都御所の庭園を楽しむ。紅葉の季節がまだということもあり、美しい緑色で埋め尽くされた庭園を楽しんだ。規模が大きいこともあり、最近見た庭園では最も見事なものの1つだと思われた。
・京都御所からの帰り、同志社大学近くのおもの里でお昼を食べる。久しぶりに来店したが、相変わらず美味いうどんと刺身を食わせられた。

 京都を十分に楽しんできました。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia