歴史認識の是正

 今日は歴史認識の是正です。

日韓首脳会談  懸案乗り越える努力を

 野田佳彦首相と韓国の李明博大統領との首脳会談がきのう、京都で行われた。経済連携協定(EPA)締結交渉の再開などでは一致したものの、従軍慰安婦の問題をめぐる認識の隔たりは大きく、重い歴史を背負ってきた日韓関係の難しさも浮き彫りにした。

 会談のかなりの時間が費やされたのが、慰安婦問題だった。大統領は「優先的に解決する誠実な勇気を持つ必要がある」と強い調子で述べ、日本側に対応を求めた。前日の在日韓国人との懇談会でも問題に言及しており、経済的実利をより重視して直接言及を避けてきたこれまでの姿勢とは一変した。

 背景には日本との交渉を強く迫る憲法裁判所の違憲判断と、少女像設置を契機とした元慰安婦に同情的な国内世論の高まりがある。

 今年8月、韓国の憲法裁判所は元慰安婦の請求権をめぐり政府が具体的な措置を講じてこなかったのは違憲との初判断を下した。今月14日には、元慰安婦の支援団体がソウルの日本大使館前に被害女性を象徴する少女像を設置した。

 これらをきっかけに韓国国内の世論は硬化している。首脳会談で問題提起しなければ「憲法違反」との突き上げに遭うのは必至だ。

 与党候補が敗れたソウル市長選をめぐる内紛や実兄の秘書らが関わる疑獄事件もあり、残り任期1年余りとなった大統領の求心力低下は著しい。来年4月に総選挙、12月に大統領選を控え、世論に配慮せざるを得なかったのだろう。

 日本政府は、植民地支配に関する個人請求権は日韓国交正常化の際の協定で解決済みで、元慰安婦もこれに含まれるとの立場だ。野田首相も会談で日本の立場をあらためて伝えたが、一方で人道的見地から努力する考えも示した。

 村山内閣の1995年、元慰安婦への「償い金」支払いなどを目的に基金が設けられた。役割を終えたとして07年に解散したが、高齢化が進む元慰安婦への支援は課題として残る。日本政府は水面下で要望を聞く努力を続けてきたがなお知恵を絞る必要があろう。

 そのほかの議題は時間切れの感が強い。2004年以来中断しているEPA交渉については再開で一致したが、時期は示されず、前回会談からの進展はないに等しい。

 環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の弾みとしたい日本、日中韓自由貿易協定(FTA)を見据える韓国、双方にとって日韓EPAは重要だ。交渉は曲折も予想されるが、粘り強く臨む必要がある。

 北朝鮮の脅威をめぐる防衛協力や拉致問題…。日韓が緊密に協力すべき課題は多く、互いに重要な隣国であることに変わりはない。未来志向の関係構築のため、懸案を乗り越え、大局的見地から歩み寄る努力が双方に求められよう。

[京都新聞 2011年12月19日掲載]

http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20111219.html

 いわゆる慰安婦問題に関する京都新聞の社説です。注目すべきは冒頭で「従軍慰安婦」という単語を使っていながら、以後の文章では慰安婦としか言っていない点です。両者の使い分けについて何も説明されないままですので、あたかも両者が同じ意味であるかのように読者を印象づけようとしています。

 高知新聞の社説も「従軍慰安婦」となっています。

【日韓首脳会談】再燃した未来志向の懸案
2011年12月19日08時27分

 野田首相と韓国の李明博大統領が目指す「未来志向」の日韓関係に、「過去」が影を落としそうだ。両首脳の会談で、焦点の従軍慰安婦問題についての話し合いは平行線をたどった。

 李大統領が日韓首脳会談で慰安婦問題に具体的に言及したのは、これが初めてだ。この問題に対し「優先的に解決する誠実な勇気を持つ必要がある」と、日本側に強く迫った。

 これに対し野田首相は、賠償や謝罪については解決済みとの認識を表明した上で、「これからも人道的見地から知恵を絞ろう」と応じた。

 首相は就任後、国際会議以外の最初の外遊先に韓国を選ぶなど、日韓関係重視をアピールしてきた。大統領も過去2回の会談では、慰安婦問題に具体的に言及することは避けてきた。

 両国関係の「トゲ」であるこの問題が再燃したのは、ことし8月の韓国憲法裁判所の判決がきっかけだ。慰安婦と在韓被爆者の賠償請求権について、同国政府が措置を講じなかったのは違憲と断じた。

 その後、韓国内では賠償などを求める議論が沸騰し、ソウルの日本大使館前に従軍慰安婦を象徴する少女の像が設置されるまでになった。首脳会談で野田首相はこの像について「誠に残念だ」と述べ、早期の撤去を求めた。

 韓国では10月のソウル市長選で大統領与党のハンナラ党候補が大敗。その後も米韓自由貿易協定(FTA)批准同意案の国会強行採決など、李政権の求心力低下を示す事態が相次いでいる。大統領も慰安婦問題で世論に配慮せざるを得なかったのだろう。

 首脳会談のタイミングとしては、悪過ぎた。この問題に多くの時間が費やされ、日韓経済連携協定(EPA)締結交渉再開などの問題にこれといった前進がなかったのは残念だ。

 また慰安婦問題と並ぶもう一つの「トゲ」である竹島の領有権をめぐっても、韓国国会議員らの訪問について首脳会談の前日、玄葉外相が韓国側に抗議した。

 慰安婦問題も竹島問題も、容易に解決できることではない。日韓両国が信頼関係を深める中で、冷静に対応すべき問題だ。中国の急速な台頭など東アジア情勢が変化する中で、日本が重要なパートナーであることには、李大統領も異論はあるまい。懸案はあっても、両国は連携の強化に向けて互いに努力を続けるべきだ。

http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=283387&nwIW=1&nwVt=knd

 高知新聞では「従軍慰安婦」が2回も使われています。よほど強調したいのでしょうが、こちらも「従軍慰安婦」と慰安婦との使い分けについては解説されてません。「従軍慰安婦」と書きたいものの、それはできない、ならばこっそり印象づけてしまえ、との必死さが伝わってきます。

 裏返せば、もはや「従軍慰安婦」が存在しなかったことは、歴史的事実としてほぼ確定しつつあるのでしょう。それに伴い、誤った事実に基づいていた歴史認識も是正されつつある、そうした過程に現在はあるのだと思います。

 それを裏付けているのが、この問題の急先鋒であった朝日新聞の社説です。

日本と韓国―人道的打開策を探ろう

 野田首相と李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領との首脳会談は、これまでとうって変わり、元慰安婦の問題をめぐる重い言葉が交わされた。

 個人が受けた被害にどう向きあうかは、歴史認識や領土問題とともに、双方の国民の感情に直接響きあう。ナショナリズムにも流されやすい。

 それだけに政治指導者は、互いに信頼を築き、冷静にことにあたる努力を続けねばならぬ。

 李大統領は日本との公式会談の場で初めて、元慰安婦問題を論じた。「日本政府が認識を変えれば直ちに解決できる」と訴え、「誠意ある温かい心」に基づく対応を求めた。

 なぜそう主張するのか、歴史的にわからないではない。

 日本政府は、1965年の国交正常化時の協定で完全解決したとの立場を一貫してとる。野田首相もそう主張した。

 けれども、正常化交渉の当時に想定していなかった問題が後になって出てきた。元慰安婦はその典型的な例だ。

 今年、韓国政府は憲法裁判所から、日本への個人賠償請求を「交渉しないのは憲法違反」と断じられた。米国との貿易協定や政治腐敗をめぐる政権批判も強まるいま、元慰安婦問題の進展を迫る世論を無視できない。そんな事情もあった。

 ただここで、韓国の人たちに知ってほしい点もある。

 国交正常化で日本が払った資金を、当時の朴正熙(パク・チョンヒ)政権は個人への償いではなく経済復興に注いだ。それが「漢江の奇跡」といわれる高成長をもたらした。

 また、元慰安婦への配慮がなかったとの思いから、日本は政府資金も入れて民間主導のアジア女性基金が償い事業をした。

 この事業は日本政府の明確な賠償でないとして、韓国で受け入れられなかったのは残念だったが、当時の橋本首相ら歴代首相のおわびの手紙も用意した。韓国は韓国で独自の支援をしたけれど、日本が何もしてこなかったわけではないのだ。

 元慰安婦は高齢化し、何人もが亡くなっている。なのに尊厳は侵されて報われぬままという怨念が、支援団体がソウルの日本大使館前にたてた「記念像」につながった。

 野田首相は李大統領との会談で「人道主義的な見地から知恵を絞っていこう」と語った。

 問題を打開する糸口は、ここにあるのではないか。65年の協定で解決したかしていないかではなく、人道的に着地点を見いだしていく。

 それは行政ではなく、政治の仕事だ。日韓の政治がともに探る。そういう時期にきている。

http://www.asahi.com/paper/editorial20111219.html

 朝日新聞の社説には「従軍慰安婦」の文字はありません。あの朝日新聞でさえも「従軍慰安婦」とは書けないほど、単なる慰安婦問題、いや問題でもなく、単なる慰安婦であったことが認識されているのです。それでも賠償しようぜと主張する姿勢は、さすが朝日新聞といったところですが。

 京都新聞や高知新聞が言う「従軍慰安婦」とは何か、是非とも聞いてみたいところです。おそらく明確な回答はないでしょう。もし回答できるとしたら、それはそれですごいことですが。

 そもそも、李明博大統領は日本に「謝罪と反省は求めない」と表明していましたので、今回も日本は取り合う必要もありません。この問題も長くは続かないでしょう。

 というわけで、現代の慰安婦に会いに行くために、ちょっとメキシコに行ってきます。Yukoちゃん、マジ天使。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia