映画『山本五十六』

 今日は映画『山本五十六』を観ました。

 言わずと知れた、日本帝国海軍連合艦隊司令長官であり、真珠湾攻撃を指揮した人物です。山本五十六を題材に、太平洋戦争へと突入していく日本を描いています。

 副題には「太平洋戦争70年目の真実」とありますが、映画に新鮮な要素はほとんどありません。歴史研究の最新の成果を盛り込んでいる点もなさそうで、半藤利一の小説を実写化しただけとも言えるかもしれません。

 とはいえ、その映像化は一定成功していると感じました。ゼロ戦(零式艦上戦闘機)や戦艦長門はもちろん、戦艦大和も出てきますし、航空母艦の飛龍と赤城も登場します。実写技術は高く、ほとんど実物のように見えます。

 出演者の演技力も優れていたと思います。山本五十六役の役所広司ははまり役でした。いつも静かに戦争回避の可能性を探りつつ、飄々としている人柄を見事に演じていました。おそらくは当て役だったのではないでしょうか。

 他にも、理性派の海軍省局長である井上成美を柳葉敏郎、山本と同じく対米開戦に反対し続けた米内光政を柄本明が、それぞれ役にぴったりに演じています。

 ちょっとしか登場しない山本の姉を宮本信子が演じています。贅沢な配役です。久しぶりに見ましたが、もうお姉さんとは言い難い年齢になっていました。

 あと、私の妹であるところの田中麗奈が、安っぽいダンサー役で出演していました。決して意味のない役柄ではないのですが、かの国民的美少女もここまで、と感慨深いものがありました。

 細かい演技にも気配りされています。いくつかありますが、特徴的であった点は、山本がイスから立ち上がるとき、親指を広きながら拳を机に突いて重心を取るところです。

 左手の人差し指と中指をなくしている山本は、そのようにして立ち上がるのが常だったのでしょう。ちょっとした仕草ですが、山本がぐっと身近に感じられる演技だと思いました。

 映画館の客層は、戦争物ということもあってか、年配の方が多かったです。まさか、山本の指揮を受けた人はいないでしょうが、同じ空気を吸っていた人はいたかもしれません。

 が、客としては最低でした。映画が終わりエンドロールに入ったとたん、ほぼ全員がガタガタと帰り支度を初めました。映画鑑賞の作法が身についていない世代だとはいえ、もう一度ガダルカナル島の前線送りにするぞ、と呪いたい気分でした。←もう一度?

 とはいえ、そうした雑音のなか、エンドロールの背景で流れる大海原を見ながら、山本五十六の、いざ戦争になったら徹底的に戦う、が、そうした状況下でも講和の可能性を常に追求していた姿は、現代でも見習うべきだと考えt......おい、おっさん、前を通るな! ったく、もう。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia