映画『源氏物語』

 今日は映画『源氏物語』を観ました。

 作者とされる紫式部が、時の権力者、藤原道長にいきなり強姦されるところから始まるこの映画は、事後、式部がなぜか道長を愛してしまい、その想いを「源氏物語」に込めた、との解釈を主軸としています。

 道長を光源氏に見立てる一方で、式部は自らを六条御息所として物語に登場させた、との図式で映画は構成されています。そう、あの嫉妬に狂い、源氏の君に近寄る女性たちを呪い殺しまくる六条御息所は、道長を愛してやまぬ式部自身であった、という物語です。

 主人公は光源氏あるいは藤原道長ですが、映画の中心は紫式部であり、その写しである六条御息所となっています。その六条御息所を私の妹であるところの田中麗奈が見事に演じていました。先日に観た『山本五十六』では脇役でしたが、今回は実質的に主役です。少し安心しました。

 映画では平安時代の貴族社会が再現されています。衣装はもちろん、青海波などの雅楽、暮らしぶりが映像になっています。私が着目した点は御簾です。御簾を通じてお互いの顔や屋敷からの景色を見る場面がいくつかあり、当時の人々はこのように見ていたのか、と感じることができました。

 また、御簾越しに物を受け渡しする場面も興味深かったです。六条御息所が光源氏に書の手本を渡すとき、御簾の隙間から手だけを見せつつ渡します。本当に手だけしか見えません。ここから性交まで持ち込むのですから、光源氏はやはり凄腕ですな。

 物語は六条御息所が都から離れるところで終わります。このままでは光源氏に近づく女性を次々と人を呪い殺してしまうと、六条御息所は自ら光源氏のそばから去ります。自分の恋愛よりも、相手の幸せを考える、そのような六条御息所の姿に、光源氏は何が最も大切なのか、やっと理解しました。めでたし。めでたし。

 って、何を終わっているんだ! 紫の上がまだ出てきていません。紫の上が出てこないまま、映画は終わりました。ダメです。この映画はダメです。くそです。制作者はいったい、源氏物語を何と考えているのでしょうか。

 源氏物語と言えば紫の上、紫の上と言えば源氏物語、世界の常識です。それなのに、紫の上が出てきません。これはもはや源氏物語ではありません。単なる紫式部物語です。映画の名前は偽りです。ウソです。羊頭狗肉です。

 源氏物語の肝は、街角で見かけた紫の上を拉致して、屋敷に監禁しつつ理想の女性に育成する過程です。いわゆる光源氏計画です。人類の夢の計画です。誰しもが抱く夢は、はるか1,000年も前に完成されていた、それが源氏物語なのです。

 私を愛しているなら、私が何をしても許してくれ、とか言いながら、光源氏が紫の上の純血を散らす場面とか、どのように映像化されているのか、いろいろなところを膨らませながら、楽しみにしていました。楽しみにしていました。楽しみにしていました。

 それなのに、紫の上が出てこないとはどういうことでしょうか。ツンデレの葵の上は出てきているのに。せめて癒し系の花散里が出てきていれば。いや、それでも、紫の上のいないことの穴埋めにはなりません。

 私はうなだれるようにしながら、映画館を後にしました。ここまでがっかりした映画は久しぶりです。しょんぼり。

<参考>

紫上     ロリ
藤壺     義母(母の面影あり)
葵上     ツンデレ年上妻
夕顔     病弱、死亡フラグ
六条の御息所 ヤンデレ
明石上    委員長タイプ(中流家庭)
朧月夜    奔放なお嬢様
末摘花    ブス、どじっ娘
源典侍    熟女
花散里    癒し系
女三の宮   寝取られ
玉鬘     親娘丼

(息子ルート)
雲井雁    幼馴染
大君・中の君 姉妹
浮舟     自殺未遂(バッドエンド)


空蝉     パッケージ絵のみ 攻略不能(ファンディスク発売未定)
朝顔     パッケージ絵のみ 攻略不能(同上)
桐壺     実母、パッケージ絵のみ 攻略不能(同上)

 物語の源流は源氏物語にあることがよくわかります。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia