蕃薯考

 今日は蕃薯考(ばんしょこう)です。

 蕃薯考という焼酎をもらいました。

 蕃薯考と言えば、江戸時代の農書が有名ですが、これは焼酎のほうの蕃薯考です。鹿児島の焼酎です。何でも、江戸時代の古文書、おそらくは書物のほうの蕃薯考を解読して、当時の製法で仕込んだ焼酎だとか。

 なるほど、飲んでみると、鹿児島焼酎(=芋焼酎)の特徴であるサツマイモの風味が強く、飲み下す際に香りが鼻にふわっとかかる焼酎です。とても美味しいです。

 ビンの見た目も、ふたが針金でがっちり封印されている造りで、秘蔵っぽい雰囲気が漂っています。Google先生に値段を尋ねてみたら、そこそこ高価なものです。ありがとうございました。美味しく飲んでいます。

 ただ、難点があるとすれば、少しアンモニア臭?がします。言うなれば、男子用トイレでにおってくるアレです。こういうものだ、と飲めば良いのですが、なんだか飲尿している気分が少し味わえてしまいます。

 いや、美味しいですよ。本当です。......と、このように「美味しい」アピールをすればするほど、尿に抵抗がないように見えてしまう点が難点です。いろいろな意味で、人生を狂わしかねない焼酎です。

自己紹介

benyamin ♂

2012年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia