アデレード7日目/14日間 2012-08-17

 アデレードの7日目です。

  • 朝はゆっくりと起床する。はずだったが、昨夜が早かったので、結局8時くらいに起きてしまう。
  • 午前中は大学の北側にある川River Torrensの河川敷を散歩する。天気も良く、歩いていて気持ちが良い。川の水は濁っているが。
  • 至るところに鳥がいる。野鳥だろうか。キジと鳩を足して2で割ったみたいなと、白と黒の文鳥を鳩くらいに大きくしたような、カラスみたいな。町中でも見かける鳥だ。
  • 人を見ても逃げない。触らせてはくれないが、逃げてもいかない。食べ物をもらえることを期待しているのだろうか。鳥に何かをあげている人は見たことないが。
  • 川には黒い白鳥がいる。正式な種類は知らないが、見た目は白鳥っぽい。黒鳥とでも呼ぶべきか。くちばしは赤い。
  • たいてい、つがいでいる。彼ら?も人を見ると近づいてくる。触れそうで触れない距離まで来て、人の顔をじっと見つめてくる。こ、こいつら、プロか。
  • 他に、カモがいる。こいつらも寄ってくる。お前もか。鳥の餌とか売っていたら、間違いなく買っていた。
  • 鳥たちと戯れながら昼前まで過ごす。いや、戯れるといっても触っていないが、追いかけ回したり、写真を撮ったりして、遊んでもらう。
  • 一度ホテルに帰った後、午後からはバスツアーに参加する。アデレードの南東にあるドイツ移民たちの町Huhndorfへ行くツアーだ。
  • ツアー会社はGray Lineである。ネットから予約でき、クレジットカードで支払いも済ませることができる。便利だ。
  • いざ集合場所であるCentral Bus Stationに行ってみると、今日の参加者は5人とのことである。よくよく考えれば、今日は平日だ。普通の人は参加しない、参加できない。バスは80人乗りくらいである。車内は閑散としている。運転手とガイドさんがいるが、ガイドさんはいらない規模である。
  • Huhndorfまではバスで30分くらい。Huhndolfに直接行くのではなく、アデレードの町を少し案内してくれる。すでに観光した場所が多いが、改めて車中から眺める。
  • アデレードとHuhndolfを結ぶ高速道路が今年できたらしい。それにより所要時間が随分短縮されたようだ。なお、高速道路は無料である。料金所がないと高速道路という感じがしない。
  • 途中、小高い山を越えるが、その頂上あたりにある展望台に立ち寄る。アデレードが一望できる。見事なまでに平野だ。
  • Huhndolfには1時間ちょっとで到着する。レストランでスイーツを食うイベントがあり、他の人々はそれを選んでいたが、私は空気を無視してビールの飲み比べを注文する。運転手やガイドさんが驚く。別に良いじゃないか。ていうか、このレストランはビールを飲むところではないのか。
  • ビールはラガービール、ダークビール(黒ビール)、ウィートビール(小麦ビール)である。それぞれ小さなコップに入っている。ウィートビールが美味い。つまみにソーセージでも頼もうかと思ったが、もう本格的な飲み会になりそうで、目の前でスイーツを楽しんでいる人に配慮してやめておく。
  • なお、ビールの料金はツアー代金に含まれている。自分で払うと15ドル。うーん。高くないか。
  • ビールを楽しんだ後、Huhndolfの町を散策する。いわゆる昔ながらの町並みを残しており、良い意味で田舎っぽさを楽しむ。
  • が、良くも悪くもそれだけであり、また、小さな町であるため、もの15分くらいで飽きる。テキトーなカフェに入り、カプチーノを飲みながら、だらだらする。先ほどのレストランで飲み続けても良かったか。
  • 夕方頃、アデレードへの帰路につく。昼からビールを飲んだので眠い。途中、山を越えるあたりで、野良コアラを発見する。公園でもない、ただの道ばたで、ユーカリの木の上でコアラが寝ている。さすがオーストラリアだ。
  • コアラは一日18時間くらい寝るらしい。猫か。なぜこのような生き物が生存競争に勝てたのか。有毒のユーカリを食べているから、自分も有毒になって、捕食されないのか。
  • 17時過ぎくらいにCentral Bus Stationに到着する。お疲れさまでした。バスに乗っている時間が一番長かった気がするが。
  • ホテルに帰り、適当に料理を作り、適当にワインを飲む。22時過ぎくらいに寝る。

 以上、アデレード7日目でした。

自己紹介

benyamin ♂

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia