アデレード8日目/14日間 2012-08-18

 アデレードの8日目です。

  • 朝から天気が悪い。雨が少し降ったようだ。今は止んでいるが、今にも降りそうな空模様である。
  • 昨日、WoolWorthsで買ったVegimateを食べてみる。オーストラリアでも賛否両論の食べ物である。
  • パンに塗って食べると、うーん、嫌いな味ではない。塩味が強く、発酵臭がする。イカの塩辛の汁を濃縮したような味である。ご飯にも合うかもしれない。
  • が、わざわざかって食べたいとは思わない。食べ慣れていると、中毒性が生まれそうな気がするが。
  • 今日Gray Lineものバスツアーに参加する。今回はワイナリーが多くあるBarossa Valleyに行くツアーである。ワインのテスティングと昼食の料金込みで1人156ドル。これは高い。
  • Central Bus Stationで朝9時に集合する。他の参加者は30人くらい。今日は土曜日ということもあり、そこそこの参加者である。年配の人がほとんどだが。
  • バスに乗り込み、出発する。が、30分ほど走り、市街地を抜けるあたりで、バスが路肩に止まる。どうやら故障したらしい。ツアーバスが故障!? 日本ではありえない状況である。
  • しかも、運転手とガイドさんが協力して故障を直している。ありえない。代替バスを用意しろよ。
  • 結局、1時間ほど作業して再出発する。その間、私たちはバスに閉じ込められたままである。バスの車窓からは、どう見てもつぶれている韓国食材店が見えるが、それを小1時間ほど眺め続けることになる。何の罰ゲームだ。
  • 昼前にワイナリーRichmond Groveに到着する。有名かつ大規模なワイナリーらしい。
  • 案内役の女性が工場などを案内してくれる。アジア人ぽい。英語もアジアぽい。一所懸命に楽しく話している。時折ギャグも入れて笑いをとろうとするが、参加者の年齢が高いこともあり、誰も笑わない。端から見ていると居たたまれない。
  • いよいよテスティングである。美味い。白も赤も美味い。白は甘くなく、苦みが最適である。赤は強い味わいで、深みがある。これは美味い。
  • 昼からワインを飲み、ふらふらになりながら、次のワイナリーKaeslerに行く。ここで昼食である。カンガルー料理を注文する。カンガルーの肉をワインで煮込んだ料理だ。どんなものかと食べるが、これが美味しい。あっさりした豚肉といった感じである。
  • ワインが当然のように出てくる。白と赤だ。美味いが、ただ、もう細かい味がわからない。昼からワインは酔いが回りやすい。
  • 昼食時、隣にカップルが座る。どちらも30歳くらい。旦那さんのほうはがっしりしている。話しかけると、オーストラリアの西のほうに住んでおり、そこで空手をやっているようだ。礼に始まり、礼に終わる空手に感動して始めたらしい。東京の大会に参加したこともあるようだ。こんなところで空手をやっている人に会うとは、とても奇遇である。
  • 食後、ワイナリーでテスティングをする。もう味がわからないが、一通り飲む。他の参加者たちも酔っ払っていた。彼らの体質でも、さすがにこれほど飲むと、酔うのだろう。
  • このワイナリーは、裏手がブドウ畑になっている。ちょっと傾斜がある畑、まさに丘であるが、そこ一面にブドウが植えられている。見渡す限りブドウである。
  • さらにワイナリーに行くかと思ったが、変な芸術家の生家に案内される。英国からオーストラリアに渡って有名になった画家らしい。あまり興味がわかない。
  • ここで雨に降られる。けっこう強い。折りたたみ傘を持ってきておいて良かった。14日間のアデレード滞在で、傘はこの時しか使わなかったが。
  • 画家の家を出発する。ガイドさんによれば、これで今日の予定は終わりらしく、アデレードに戻るようだ。えー!? 朝、出発時の故障修理に費やした1時間はどう処理されるのか。
  • Central Bus Stationに予定通り17時くらいに到着する。本当にこれで終わりらしい。バスの修理で1時間もとられたが、終了時間は変わらない。1時間の損失は補償されない。適当すぎる。これが日本なら、記念品の絵はがきとか、何かくれるのに。いや、何かほしいわけではないが、何も見返りがない点に疑問を感じる。とはいえ、他の参加者は特に不満も言わずに帰って行く。これが普通なのだろうか。
  • ホテルに帰る途中、アーケードを通ると、店が全部閉まっている。Woolworthsも閉まっている。まだ18時前である。土曜日は店が早く閉まるのか。しまった。晩ご飯の食材を買って帰ろうと思ったのに。踏んだり蹴ったりである。
  • 仕方がないので、ホテル近くの売店で、カップラーメンと、電子レンジで温めるだけの食べ物を買っていく。
  • ホテルに帰り、食べると、これがひどい。まずい。カップラーメンはスープはそこそこだが、麺が最悪である。ぼそぼそしている。カップラーメンがまずいとは。日本のカップラーメンを売り出したら、バカ売れするのではないか。
  • 電子レンジで温めるほうも、これまたまずい。2つあり、1つはビーフシチューのようなものである。メインのビーフが厚切りのハムみたいであり、これがまずい。付け合わせの野菜はそこそこ。
  • もう一つはチャーハンみたいなものである。こちらは味は悪くないが、食感がぱさぱさで、何というか、食べ物ではないという感じである。
  • 買い置きしてあったビール(CoopersのRed Label)でとにかく流し込み、シャワーを浴びて、22時頃には寝る。

 以上、アデレード8日目でした。

自己紹介

benyamin ♂

2012年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia