映画「風立ちぬ」

 今日は映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。

 宮崎駿監督による堀越二郎物語です。物語は堀越二郎の少年時代から、31歳で零戦の原型を完成させるところまでです。欧米に20年遅れていた航空機技術を何とか発展させようと奮闘する堀越二郎の姿が描かれます。

 物語の大半は堀越二郎が理想的な航空機を追い求める過程に費やされます。監督の宮崎駿が航空機が大好きで、それをたっぷりと描きたい、という気持ちが伝わってきます。

 一方で、物語にはもう一つの軸があります。それは妻、菜穗子との出会いと別れです。堀越二郎は20歳のとき、幼少の菜穗子と出会い、30歳に再会して結婚します。く、くそぅ、うらやましくなんか、うらやましくなんか。

 結婚後、堀越二郎が31歳のとき、菜穗子とは別れることになります。彼女は結核を患っており、最期を迎える前に堀越二郎の前から立ち去りました。自分の美しい姿だけを彼に残して。

 残された時間をばたばたするのではなく、それを受け入れて菜穗子は必死に生きます。その姿勢が映画のキャッチフレーズである「生きねば」なのでしょう。

 菜穗子のとの別れと同時に、堀越二郎は零戦の原型を完成させます。堀越二郎の理想と菜穗子の生き様とが零戦となって結実した、と私は読み取りました。

 菜穗子と出会わなければ、きっと零戦は完成しなかったでしょう。堀越二郎にとって菜穗子は零戦の設計図に欠かせないものだったと思います。もっとも、私の好みで言えば、妹の加代のほうがデュフフ。

 今回の映画では、宮崎アニメで恒例となった、上手そうな食べ物が出てきません。唯一、シベリア(洋菓子、シベリヤ?)が出てくるくらいです。堀越二郎の友人、本庄が紅茶とともに上手そうに食べています。

 私が鑑賞した日は大晦日でしたが、映画館にいたお客さんはなぜだか外国人がほとんどでした。外国人にとって年末年始は単なる休みであるということと、外国人にもこの映画は注目されているということがよくわかりました。が、いずれの外国人も日本語がわかりそうにもありませんでしたが、ちゃんと理解できたのかどうか、不安になりました。

自己紹介

benyamin ♂

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia