科学ニュースの扱われ方

 今日は科学ニュースの扱われ方です。

 理化学研究所の小保方博士が画期的なSTAP細胞の作成方法を発見したニュースは、多くの人が目にしたことだと思います。日本でも注目され、多くの新聞で取り上げられています。しかし、次第に記事における取り上げられ方が非道くなってきました。

 例えば、日本経済新聞は1月29日では真面目な記事を書いています。

理研、万能細胞を短期で作製 iPS細胞より簡単に
2014/1/29 21:00日本経済新聞 電子版

 理化学研究所などは29日、様々な臓器や組織の細胞に成長する新たな「万能細胞」を作製することにマウスで成功したと発表した。成果は30日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。iPS細胞よりも簡単な方法で、効率よく短期間で作製できるという。人間の細胞でも成功すれば、病気や事故で失った機能を取り戻す再生医療への応用が期待される。

 成功したのは理研の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダーらで、米ハーバード大学や山梨大学との成果。

 iPS細胞は複数種類の遺伝子を組み込んで作る。小保方リーダーらは、マウスの細胞を弱い酸性の溶液に入れて刺激を与えることにより、様々な組織や臓器の細胞に育つ能力を引き出した。「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得」の英語の頭文字からSTAP(スタップ)細胞と名づけた。

 生後1週間のマウスの血液細胞を使ったところ、STAP細胞になる確率は7?9%で、iPS細胞の作製効率(1%未満)よりも高いという。作製に要する期間も2?7日で、iPS細胞の2?3週間よりも短い。このほか皮膚や肺、心臓の筋肉などの細胞からも作ることができた。いったん皮膚などに育った細胞が、こうした刺激で万能細胞になることはありえないとされていた。

 STAP細胞を培養したり、マウスの体内に移植したりすると、神経や筋肉、腸など様々な細胞に変化した。iPS細胞では困難だった胎盤に育つことも確かめた。研究グループはSTAP細胞が様々な細胞に変化することを証明できたと説明している。

 人間の細胞からSTAP細胞が作れるかは不明。iPS細胞では、人間の皮膚や血液の細胞から様々な臓器や組織の細胞ができることが確認されている。研究グループは他の動物や人間の細胞から作る研究も始めた。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2901L_Z20C14A1MM8000/

 ところが、次の日である1月30日には、写真記事として以下のような取り上げ方になりました。

日本経済新聞「万能細胞 リケジョの革命」2014年1 月30日。

 リケジョ? 割烹着? ピンク? すっぽん? 今回の発見とどのような関連があるのでしょうか。しかも、小保方博士の肩書きが「リーダー」から「さん」に変わっています。女性研究者という呼び方も違和感があります。日本経済新聞はゴシップ紙になってしまいました。

 いずれにしても、発見された方法について科学的に掘り下げていくのではなく、発見した人について取材して記事にする方向にシフトしています。うーむ。取材することで研究の邪魔になっているのではないでしょうか。

 と心配していたら、案の定、ものすごい邪魔になっていたようです。

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター:メディアの皆さまへのお願い

 本当に日本のマスコミは日本人の足を引っ張ることしかしないですね。ライバル研究者が送り込んできた刺客かと思うほどです。いや、刺客のほうがまだマシでしょうか。

 なお、英国びいきの私は、みんな大好きFinancial Timesの記事が良いと思いました。

Japan team discovers new technique to make stem cells
By Clive Cookson in London
January 29, 2014 2:07 pm

Researchers in Japan have discovered a remarkably simple new way to make embryo-like stem cells: by exposing blood cells briefly to dilute acid. The technique has been demonstrated so far only in mice but scientists say that if it works with human cells too, as they expect, it could have important medical implications.

The Japanese team, led by Haruko Obokata at Riken Centre for Developmental Biology, converted mouse blood cells to "pluripotent" stem cells capable of developing into any type of specialist cell, by treating them with dilute hydrochloric acid. The study appears in the journal Nature.

Independent experts enthused about the unexpected results, which have been replicated at Harvard University in the US. "Who would have thought that to reprogramme adult cells to an embryonic stem cell-like (pluripotent) state just required a small amount of acid for less than half an hour? An incredible discovery," said Chris Mason, professor of regenerative medicine at University College London.

"If it works in man, this could be the game changer that ultimately makes a wide range of cell therapies available using the patient's own cells as starting material - the age of personalised medicine would have finally arrived," Prof Mason added.

The last big development in stem cell biology took place in Japan in 2006, when Shinya Yamanaka discovered how to convert adult cells into "induced pluripotent stem cells" or iPSCs, by treating them with a biochemical and genetic cocktail. iPSC technology, for which Dr Yamanaka shared a Nobel Prize in 2012, is the subject of a huge international research effort. Previously, very early embryos were the only source of pluripotent stem cells.

Dr Obokata told a news conference that her group's new technique, known as stimulus-triggered acquisition of pluripotency or STAP, would have the advantage of speed and simplicity over iPSC technology. STAP cells could be produced without the need for chemical or genetic treatments. Nor would they require the destruction of an embryo.

The research project started two years ago, to investigate the idea that there might be a mammalian equivalent of the well-known ability of some plant cells to generate a new plant in response to environmental stress or injury. The scientists exposed mouse blood cells to various non-lethal stresses and found that weak acid had the desired effect - to the "real surprise" of Dr Obokata.

They are now working to improve STAP's speed and efficiency and, most importantly, to confirm that adult human cells respond in the same way. Even if all goes well, it will take several years to develop STAP to the stage when it could be used safely in clinical trials - the first trial of iPSCs, to treat eye disease, is getting under way in Japan seven years after the technique was discovered.

Asked about plans to commercialise the discovery, Dr Obokata first responded: "Yes we have filed for a patent." Then she paused and said: "No, sorry, due to various reasons no comment on the patent."

Robin Lovell-Badge, head of stem cell biology at the UK National Institute for Medical Research, commented: "It is going to be a while before the nature of these cells are understood, and whether they might prove to be useful for developing therapies, but the really intriguing thing to discover will be the mechanism underlying how [acidity] shock triggers reprogramming. And why it does not happen when we eat lemon or vinegar or drink cola."

http://www.ft.com/intl/cms/s/0/7123096c-88e2-11e3-9f48-00144feab7de.html

 発見された方法が画期的である理由(誰でも簡単にSTAP細胞を研究できる可能性がある点)のほか、さらに、この方法を応用して何が新しく解明されうるか(酸に対して細胞がどのように反応し再構成されるかの構造解明など)、平易な用語を用いて的確に解説しています。

 日本では、理系離れとかものづくり離れとかが懸念されていますが、今回の発見の取り上げられ方を見ていると、その理由はマスコミによる部分が多いとつくづく思います。

自己紹介

benyamin ♂

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia