論説の最近のブログ記事

科学ニュースの扱われ方

 今日は科学ニュースの扱われ方です。

 理化学研究所の小保方博士が画期的なSTAP細胞の作成方法を発見したニュースは、多くの人が目にしたことだと思います。日本でも注目され、多くの新聞で取り上げられています。しかし、次第に記事における取り上げられ方が非道くなってきました。

 例えば、日本経済新聞は1月29日では真面目な記事を書いています。

理研、万能細胞を短期で作製 iPS細胞より簡単に
2014/1/29 21:00日本経済新聞 電子版

 理化学研究所などは29日、様々な臓器や組織の細胞に成長する新たな「万能細胞」を作製することにマウスで成功したと発表した。成果は30日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。iPS細胞よりも簡単な方法で、効率よく短期間で作製できるという。人間の細胞でも成功すれば、病気や事故で失った機能を取り戻す再生医療への応用が期待される。

 成功したのは理研の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダーらで、米ハーバード大学や山梨大学との成果。

 iPS細胞は複数種類の遺伝子を組み込んで作る。小保方リーダーらは、マウスの細胞を弱い酸性の溶液に入れて刺激を与えることにより、様々な組織や臓器の細胞に育つ能力を引き出した。「刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得」の英語の頭文字からSTAP(スタップ)細胞と名づけた。

 生後1週間のマウスの血液細胞を使ったところ、STAP細胞になる確率は7?9%で、iPS細胞の作製効率(1%未満)よりも高いという。作製に要する期間も2?7日で、iPS細胞の2?3週間よりも短い。このほか皮膚や肺、心臓の筋肉などの細胞からも作ることができた。いったん皮膚などに育った細胞が、こうした刺激で万能細胞になることはありえないとされていた。

 STAP細胞を培養したり、マウスの体内に移植したりすると、神経や筋肉、腸など様々な細胞に変化した。iPS細胞では困難だった胎盤に育つことも確かめた。研究グループはSTAP細胞が様々な細胞に変化することを証明できたと説明している。

 人間の細胞からSTAP細胞が作れるかは不明。iPS細胞では、人間の皮膚や血液の細胞から様々な臓器や組織の細胞ができることが確認されている。研究グループは他の動物や人間の細胞から作る研究も始めた。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG2901L_Z20C14A1MM8000/

 ところが、次の日である1月30日には、写真記事として以下のような取り上げ方になりました。

日本経済新聞「万能細胞 リケジョの革命」2014年1 月30日。

 リケジョ? 割烹着? ピンク? すっぽん? 今回の発見とどのような関連があるのでしょうか。しかも、小保方博士の肩書きが「リーダー」から「さん」に変わっています。女性研究者という呼び方も違和感があります。日本経済新聞はゴシップ紙になってしまいました。

 いずれにしても、発見された方法について科学的に掘り下げていくのではなく、発見した人について取材して記事にする方向にシフトしています。うーむ。取材することで研究の邪魔になっているのではないでしょうか。

 と心配していたら、案の定、ものすごい邪魔になっていたようです。

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター:メディアの皆さまへのお願い

 本当に日本のマスコミは日本人の足を引っ張ることしかしないですね。ライバル研究者が送り込んできた刺客かと思うほどです。いや、刺客のほうがまだマシでしょうか。

 なお、英国びいきの私は、みんな大好きFinancial Timesの記事が良いと思いました。

Japan team discovers new technique to make stem cells
By Clive Cookson in London
January 29, 2014 2:07 pm

Researchers in Japan have discovered a remarkably simple new way to make embryo-like stem cells: by exposing blood cells briefly to dilute acid. The technique has been demonstrated so far only in mice but scientists say that if it works with human cells too, as they expect, it could have important medical implications.

The Japanese team, led by Haruko Obokata at Riken Centre for Developmental Biology, converted mouse blood cells to "pluripotent" stem cells capable of developing into any type of specialist cell, by treating them with dilute hydrochloric acid. The study appears in the journal Nature.

Independent experts enthused about the unexpected results, which have been replicated at Harvard University in the US. "Who would have thought that to reprogramme adult cells to an embryonic stem cell-like (pluripotent) state just required a small amount of acid for less than half an hour? An incredible discovery," said Chris Mason, professor of regenerative medicine at University College London.

"If it works in man, this could be the game changer that ultimately makes a wide range of cell therapies available using the patient's own cells as starting material - the age of personalised medicine would have finally arrived," Prof Mason added.

The last big development in stem cell biology took place in Japan in 2006, when Shinya Yamanaka discovered how to convert adult cells into "induced pluripotent stem cells" or iPSCs, by treating them with a biochemical and genetic cocktail. iPSC technology, for which Dr Yamanaka shared a Nobel Prize in 2012, is the subject of a huge international research effort. Previously, very early embryos were the only source of pluripotent stem cells.

Dr Obokata told a news conference that her group's new technique, known as stimulus-triggered acquisition of pluripotency or STAP, would have the advantage of speed and simplicity over iPSC technology. STAP cells could be produced without the need for chemical or genetic treatments. Nor would they require the destruction of an embryo.

The research project started two years ago, to investigate the idea that there might be a mammalian equivalent of the well-known ability of some plant cells to generate a new plant in response to environmental stress or injury. The scientists exposed mouse blood cells to various non-lethal stresses and found that weak acid had the desired effect - to the "real surprise" of Dr Obokata.

They are now working to improve STAP's speed and efficiency and, most importantly, to confirm that adult human cells respond in the same way. Even if all goes well, it will take several years to develop STAP to the stage when it could be used safely in clinical trials - the first trial of iPSCs, to treat eye disease, is getting under way in Japan seven years after the technique was discovered.

Asked about plans to commercialise the discovery, Dr Obokata first responded: "Yes we have filed for a patent." Then she paused and said: "No, sorry, due to various reasons no comment on the patent."

Robin Lovell-Badge, head of stem cell biology at the UK National Institute for Medical Research, commented: "It is going to be a while before the nature of these cells are understood, and whether they might prove to be useful for developing therapies, but the really intriguing thing to discover will be the mechanism underlying how [acidity] shock triggers reprogramming. And why it does not happen when we eat lemon or vinegar or drink cola."

http://www.ft.com/intl/cms/s/0/7123096c-88e2-11e3-9f48-00144feab7de.html

 発見された方法が画期的である理由(誰でも簡単にSTAP細胞を研究できる可能性がある点)のほか、さらに、この方法を応用して何が新しく解明されうるか(酸に対して細胞がどのように反応し再構成されるかの構造解明など)、平易な用語を用いて的確に解説しています。

 日本では、理系離れとかものづくり離れとかが懸念されていますが、今回の発見の取り上げられ方を見ていると、その理由はマスコミによる部分が多いとつくづく思います。

靖国戦争神社?

 今日は靖国戦争神社?です。

 12月26日に安倍首相が靖国神社を参拝したことですが、私は問題とすべきことではないと考えています。批判もあるようですが、基本的に中国と韓国からの批判しかありませんし、両国は日本が何をしても批判する姿勢が外交の基本ですので、エールの交換とでも思えばよいでしょう。

 しかし、この機に乗じて、さらに捏造情報を流すメディアには厳格に対処するべきです。

Japanese prime minister visits Yasukuni war shrine

TOKYO (AP) -- Prime Minister Shinzo Abe paid his respects Thursday at a shrine honoring Japan's war dead in a move that drew a quick rebuke from China warning that the visit celebrated Japan's military attacks on its neighboring countries.

The visit to the shrine, which honors 2.5 million war dead including convicted class A war criminals, appears to be a departure from Abe's "pragmatic" approach to foreign policy, in which he tried to avoid alienating neighboring countries.

It was the first visit by a sitting prime minister since Junichiro Koizumi went to mark the end of World War II in 2006.

Visits to Yasukuni by Japanese politicians have long been a point of friction with China and South Korea, because of Japan's brutal aggression during World War II.

Abe, wearing a formal black jacket with tails and striped, gray pants, spent about 15 minutes at the Shinto shrine in central Tokyo. TV cameras followed him inside the shrine property, but were not allowed in the inner shrine where he paid respects to the war dead.

"I prayed to pay respect for the war dead who sacrificed their precious lives and hoped that they rest in peace," he told waiting reporters immediately afterward.

He said criticism that Yasukuni visits are an act of worshipping war criminals is based on a misunderstanding.

"Unfortunately, a Yasukuni visit has largely turned into a political and diplomatic issue," he said, adding, "I have no intention to neglect the feelings of the people in China and South Korea."

Chinese Foreign Ministry spokesman Qin Gang issued a strong rebuke in a statement posted on the ministry's website.

"We strongly protest and seriously condemn the Japanese leader's acts," Qin said.

He called visits to Yasukuni "an effort to glorify the Japanese militaristic history of external invasion and colonial rule ... and to challenge the outcome of World War II."

He added: "Japanese leaders are not only showing no moderation but have doubled their efforts and created a serious incident on historical issues. This poses a major political obstacle in the improvement of bilateral relations. Japan must take responsibility for all the consequences that this creates."

Thursday's visit came on the first anniversary of Abe's taking office as prime minister. Abe, who had visited previously when he was not prime minister, had expressed extreme regret over his decision not to visit Yasukuni during an earlier one-year term in office in 2006-2007.

"It's been one year since I took office and I chose this day to come here and report to the spirits about the progress over the past year and to renew my commitment to peace so that we will never cause anyone to suffer in war," Abe said.

Adding to the unease of Japan's neighbors is Abe's support for revising Japan's pacifist constitution and expanding the military to counter rising tensions over a cluster of uninhabited islands in the East China Sea claimed by both Japan and China.

December 26, 2013(Mainichi Japan)
http://mainichi.jp/english/english/newsselect/news/20131226p2g00m0dm032000c.html

 何ですか? Yasukuni war shrineって? 靖国戦争神社?

 こうした正確ではない情報を、日本のメディアが報道しています。毎日新聞はいったい誰の利益を代表しているのでしょうか。しかも、大多数の日本人が読まない英語版でこうした情報をこっそり報道しています。その姑息さにも辟易します。

 もっとも、こうした下品な手段しかとれなくなっているのは、日本のメディアが消滅しかかっている現状を反映しているのかもしれません。正攻法では何もできないので、卑怯ないたずらをするしかないのでしょう。無言電話を何百回もかけたりする人をメディアが取り上げるのは、自分と似たところがあるという親近感からかも。

貿易収支=輸出ー輸入

 今日は貿易収支=輸出ー輸入です。

 先日、2011年度の貿易収支が発表されました。貿易収支が大幅な赤字となったため、貿易立国日本としては非常に良ろしくない状況になった、というか、日本はもう終わりだ、といった論調が支配的になっています。

 事実、看過すべき状況ではないと思いますが、その前に統計的事実を確認すべきだと思います。というのは、そうした論調のなかでは貿易収支だけを取り上げて議論する言説がほとんどであるからです。もちろん、貿易収支が赤字であることは統計的事実ですが、それだけで議論することは至極一面的です。

 周知のように、貿易収支(額)は輸出(額)から輸入(額)を引いて算出します。ですので、貿易収支を見るだけでなく、輸出と輸入とも同様の重きをもって見るべきです。以下に実際の数値を経年的に示します。パソコンの環境によっては若干表示が崩れるかもしれません。

貿易収支の推移:億円

年度   収支    輸出    輸入
1985 134,465  400,742  266,276
1986 158,078  339,222  181,145
1987 123,332  323,851  200,519
1988 120,058  344,425  224,366
1989 107,951  385,230  277,282
1990 102,836  410,526  307,689
1991 141,232  417,294  276,065
1992 160,305  419,855  259,552
1993 152,690  385,608  232,917
1994 141,031  394,823  253,796
1995 114,561  409,442  294,882
1996  85,628  448,337  362,710
1997 133,927  498,886  364,959
1998 157,772  476,442  318,670
1999 135,226  467,162  331,936
2000 113,756  498,047  384,291
2001  88,630  461,858  373,229
2002 113,739  501,134  387,396
2003 130,115  533,663  403,548
2004 131,571  588,300  456,729
2005  95,633  651,722  556,089
2006 104,839  736,653  631,814
2007 116,861  809,446  692,584
2008  11,591  677,117  665,527
2009  65,998  555,669  489,671
2010  64,955  644,513  579,557
2011 -34,495  626,272  660,767

出所:財務省「国際収支状況:s-1-2 国際収支総括表【年度】」

 2011年度の貿易収支の赤字は輸出の減少というよりは輸入の増加が主因であることがわかると思います。貿易収支は確かに黒字が減少して赤字になる傾向にありますが、それは輸出がへろへろになっているからではありません。輸入がもりもりになっているからです。

 貿易収支の赤字は日本にとっては稀なことですから、大騒ぎしたくなる気持ちも理解できますが、輸出と輸入との計算結果だけを取り上げて日本の将来が暗いとか論じることは間違いと言えるでしょう。

 本格的に論じられるべき点は、輸出の減少傾向よりはむしろ、輸入の増加傾向とその要因です。この10年で2倍近く(2000年度の約38.4兆円から2011年度の約66.1兆円:約1.7倍)になっています。こちらをまずは丁寧に検討するべきですが、今は面倒くさいので、また今度の機会にします。お楽しみに!

歴史認識の是正

 今日は歴史認識の是正です。

日韓首脳会談  懸案乗り越える努力を

 野田佳彦首相と韓国の李明博大統領との首脳会談がきのう、京都で行われた。経済連携協定(EPA)締結交渉の再開などでは一致したものの、従軍慰安婦の問題をめぐる認識の隔たりは大きく、重い歴史を背負ってきた日韓関係の難しさも浮き彫りにした。

 会談のかなりの時間が費やされたのが、慰安婦問題だった。大統領は「優先的に解決する誠実な勇気を持つ必要がある」と強い調子で述べ、日本側に対応を求めた。前日の在日韓国人との懇談会でも問題に言及しており、経済的実利をより重視して直接言及を避けてきたこれまでの姿勢とは一変した。

 背景には日本との交渉を強く迫る憲法裁判所の違憲判断と、少女像設置を契機とした元慰安婦に同情的な国内世論の高まりがある。

 今年8月、韓国の憲法裁判所は元慰安婦の請求権をめぐり政府が具体的な措置を講じてこなかったのは違憲との初判断を下した。今月14日には、元慰安婦の支援団体がソウルの日本大使館前に被害女性を象徴する少女像を設置した。

 これらをきっかけに韓国国内の世論は硬化している。首脳会談で問題提起しなければ「憲法違反」との突き上げに遭うのは必至だ。

 与党候補が敗れたソウル市長選をめぐる内紛や実兄の秘書らが関わる疑獄事件もあり、残り任期1年余りとなった大統領の求心力低下は著しい。来年4月に総選挙、12月に大統領選を控え、世論に配慮せざるを得なかったのだろう。

 日本政府は、植民地支配に関する個人請求権は日韓国交正常化の際の協定で解決済みで、元慰安婦もこれに含まれるとの立場だ。野田首相も会談で日本の立場をあらためて伝えたが、一方で人道的見地から努力する考えも示した。

 村山内閣の1995年、元慰安婦への「償い金」支払いなどを目的に基金が設けられた。役割を終えたとして07年に解散したが、高齢化が進む元慰安婦への支援は課題として残る。日本政府は水面下で要望を聞く努力を続けてきたがなお知恵を絞る必要があろう。

 そのほかの議題は時間切れの感が強い。2004年以来中断しているEPA交渉については再開で一致したが、時期は示されず、前回会談からの進展はないに等しい。

 環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の弾みとしたい日本、日中韓自由貿易協定(FTA)を見据える韓国、双方にとって日韓EPAは重要だ。交渉は曲折も予想されるが、粘り強く臨む必要がある。

 北朝鮮の脅威をめぐる防衛協力や拉致問題…。日韓が緊密に協力すべき課題は多く、互いに重要な隣国であることに変わりはない。未来志向の関係構築のため、懸案を乗り越え、大局的見地から歩み寄る努力が双方に求められよう。

[京都新聞 2011年12月19日掲載]

http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20111219.html

 いわゆる慰安婦問題に関する京都新聞の社説です。注目すべきは冒頭で「従軍慰安婦」という単語を使っていながら、以後の文章では慰安婦としか言っていない点です。両者の使い分けについて何も説明されないままですので、あたかも両者が同じ意味であるかのように読者を印象づけようとしています。

 高知新聞の社説も「従軍慰安婦」となっています。

【日韓首脳会談】再燃した未来志向の懸案
2011年12月19日08時27分

 野田首相と韓国の李明博大統領が目指す「未来志向」の日韓関係に、「過去」が影を落としそうだ。両首脳の会談で、焦点の従軍慰安婦問題についての話し合いは平行線をたどった。

 李大統領が日韓首脳会談で慰安婦問題に具体的に言及したのは、これが初めてだ。この問題に対し「優先的に解決する誠実な勇気を持つ必要がある」と、日本側に強く迫った。

 これに対し野田首相は、賠償や謝罪については解決済みとの認識を表明した上で、「これからも人道的見地から知恵を絞ろう」と応じた。

 首相は就任後、国際会議以外の最初の外遊先に韓国を選ぶなど、日韓関係重視をアピールしてきた。大統領も過去2回の会談では、慰安婦問題に具体的に言及することは避けてきた。

 両国関係の「トゲ」であるこの問題が再燃したのは、ことし8月の韓国憲法裁判所の判決がきっかけだ。慰安婦と在韓被爆者の賠償請求権について、同国政府が措置を講じなかったのは違憲と断じた。

 その後、韓国内では賠償などを求める議論が沸騰し、ソウルの日本大使館前に従軍慰安婦を象徴する少女の像が設置されるまでになった。首脳会談で野田首相はこの像について「誠に残念だ」と述べ、早期の撤去を求めた。

 韓国では10月のソウル市長選で大統領与党のハンナラ党候補が大敗。その後も米韓自由貿易協定(FTA)批准同意案の国会強行採決など、李政権の求心力低下を示す事態が相次いでいる。大統領も慰安婦問題で世論に配慮せざるを得なかったのだろう。

 首脳会談のタイミングとしては、悪過ぎた。この問題に多くの時間が費やされ、日韓経済連携協定(EPA)締結交渉再開などの問題にこれといった前進がなかったのは残念だ。

 また慰安婦問題と並ぶもう一つの「トゲ」である竹島の領有権をめぐっても、韓国国会議員らの訪問について首脳会談の前日、玄葉外相が韓国側に抗議した。

 慰安婦問題も竹島問題も、容易に解決できることではない。日韓両国が信頼関係を深める中で、冷静に対応すべき問題だ。中国の急速な台頭など東アジア情勢が変化する中で、日本が重要なパートナーであることには、李大統領も異論はあるまい。懸案はあっても、両国は連携の強化に向けて互いに努力を続けるべきだ。

http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=283387&nwIW=1&nwVt=knd

 高知新聞では「従軍慰安婦」が2回も使われています。よほど強調したいのでしょうが、こちらも「従軍慰安婦」と慰安婦との使い分けについては解説されてません。「従軍慰安婦」と書きたいものの、それはできない、ならばこっそり印象づけてしまえ、との必死さが伝わってきます。

 裏返せば、もはや「従軍慰安婦」が存在しなかったことは、歴史的事実としてほぼ確定しつつあるのでしょう。それに伴い、誤った事実に基づいていた歴史認識も是正されつつある、そうした過程に現在はあるのだと思います。

 それを裏付けているのが、この問題の急先鋒であった朝日新聞の社説です。

日本と韓国―人道的打開策を探ろう

 野田首相と李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領との首脳会談は、これまでとうって変わり、元慰安婦の問題をめぐる重い言葉が交わされた。

 個人が受けた被害にどう向きあうかは、歴史認識や領土問題とともに、双方の国民の感情に直接響きあう。ナショナリズムにも流されやすい。

 それだけに政治指導者は、互いに信頼を築き、冷静にことにあたる努力を続けねばならぬ。

 李大統領は日本との公式会談の場で初めて、元慰安婦問題を論じた。「日本政府が認識を変えれば直ちに解決できる」と訴え、「誠意ある温かい心」に基づく対応を求めた。

 なぜそう主張するのか、歴史的にわからないではない。

 日本政府は、1965年の国交正常化時の協定で完全解決したとの立場を一貫してとる。野田首相もそう主張した。

 けれども、正常化交渉の当時に想定していなかった問題が後になって出てきた。元慰安婦はその典型的な例だ。

 今年、韓国政府は憲法裁判所から、日本への個人賠償請求を「交渉しないのは憲法違反」と断じられた。米国との貿易協定や政治腐敗をめぐる政権批判も強まるいま、元慰安婦問題の進展を迫る世論を無視できない。そんな事情もあった。

 ただここで、韓国の人たちに知ってほしい点もある。

 国交正常化で日本が払った資金を、当時の朴正熙(パク・チョンヒ)政権は個人への償いではなく経済復興に注いだ。それが「漢江の奇跡」といわれる高成長をもたらした。

 また、元慰安婦への配慮がなかったとの思いから、日本は政府資金も入れて民間主導のアジア女性基金が償い事業をした。

 この事業は日本政府の明確な賠償でないとして、韓国で受け入れられなかったのは残念だったが、当時の橋本首相ら歴代首相のおわびの手紙も用意した。韓国は韓国で独自の支援をしたけれど、日本が何もしてこなかったわけではないのだ。

 元慰安婦は高齢化し、何人もが亡くなっている。なのに尊厳は侵されて報われぬままという怨念が、支援団体がソウルの日本大使館前にたてた「記念像」につながった。

 野田首相は李大統領との会談で「人道主義的な見地から知恵を絞っていこう」と語った。

 問題を打開する糸口は、ここにあるのではないか。65年の協定で解決したかしていないかではなく、人道的に着地点を見いだしていく。

 それは行政ではなく、政治の仕事だ。日韓の政治がともに探る。そういう時期にきている。

http://www.asahi.com/paper/editorial20111219.html

 朝日新聞の社説には「従軍慰安婦」の文字はありません。あの朝日新聞でさえも「従軍慰安婦」とは書けないほど、単なる慰安婦問題、いや問題でもなく、単なる慰安婦であったことが認識されているのです。それでも賠償しようぜと主張する姿勢は、さすが朝日新聞といったところですが。

 京都新聞や高知新聞が言う「従軍慰安婦」とは何か、是非とも聞いてみたいところです。おそらく明確な回答はないでしょう。もし回答できるとしたら、それはそれですごいことですが。

 そもそも、李明博大統領は日本に「謝罪と反省は求めない」と表明していましたので、今回も日本は取り合う必要もありません。この問題も長くは続かないでしょう。

 というわけで、現代の慰安婦に会いに行くために、ちょっとメキシコに行ってきます。Yukoちゃん、マジ天使。

オフレコ発言の報道

 今日はオフレコ発言の報道です。

 先月11月末に、沖縄防衛局の局長が「犯す」発言をしたことで更迭されました。この発言に対しては鬼畜三昧の私もさすがに擁護できませんが、その一方で、いささか違和感を覚えました。というのは、オフレコの意見交換における発言が報道されたからです。

 オフレコの発言は報道してはいけない、というのは、取材現場を住処としない門外漢の私でも理解しています。それを報道してしまったことに、最近の新聞は質が落ちたな、いや、日本の新聞は死んだ、というか、早く死ね、と思っていました。

 そうは言うものの、マスコミの取材におけるオフレコの位置づけがよくわからずに、オフレコとはそもそもその程度のものなのかもしれぬ、と悶々としていました。そのような折、産経新聞のiZaが非常に興味深い記事を提示しました。

「犯す前に…」発言 琉球新報のオフレコ破りを考える
12/04 12:20

【高橋昌之のとっておき】

 沖縄防衛局の田中聡前局長が11月28日夜の記者団とのオフレコ懇談会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する環境影響評価書の提出時期をめぐり、「(女性を)犯す前にこれから犯しますよと言うか」と発言した問題は、琉球新報が29日付朝刊でオフレコを破って報道、各社も30日夕刊で追随して報道したことから問題化し、田中前局長が更迭される事態に発展しました。さらには野党が一川保夫防衛相の問責決議案提出を決めるきっかけにもなりました。

 確かに田中前局長の発言は、報道されれば沖縄県民をはじめ国民が怒るのは当然の内容です。ただ、私は田中氏の懇談会が「オフレコ」という約束で行われたにもかかわらず、琉球新報が報道に踏み切ったことは、今後の取材活動、ひいては取材、報道の自由、国民の知る権利にも多大な影響を与える可能性があると懸念しますので、今回はこの問題を考えたいと思います。

 取材には「オンレコ」、「オフレコ」という手法があって、オンレコは記者会見などのように実名で発言内容もすべて報道されますが、オフレコは発言を直接報道しないことを前提とした取材をいいます。さらにオフレコには発言者を「政府高官」や「政府筋」、「与党幹部」といった表現にとどめて発言内容は報道するものと、発言者も発言内容も一切報道しない「完全オフレコ(完オフ)」があります。

 田中前局長の懇談会に産経新聞の記者は出席していませんが、朝日新聞の報道によると、懇談会は田中氏が「記者会見以外に率直な意見交換会ができれば」と設定し、約10社の記者が出席、田中氏は会の冒頭、「これは完オフですから」と述べたそうです。

 オフレコは取材する側と取材される側とが約束して成立するもので、田中氏が「完オフ」とすることを要請し、それに出席した記者が反対しなかったわけですから、「完オフ」は成立したことになります。

 田中前局長の発言は「完オフ」という安心感から本音が出たといえばそうかもしれませんが、発言内容が報道されるという前提での懇談会なら、田中前局長はおそらく「犯す前に…」という発言はしなかったでしょう。それにもかかわらず、「完オフ」との約束に応じておいて、発言を聞いた後で「けしからん内容だから、約束を破って報道する」というのは「だまし討ち」です。

 では、出席した記者たちは本来、どうすべきだったのでしょうか。私はまず、懇談会に出席した記者側が田中前局長の発言内容次第では報道するという意思があったのなら、田中前局長が「完オフで…」と言った時点で、「了解できない」と反対して「オンレコ」にすべきだったと思います。

 そうせずに「完オフ」を受け入れて懇談会に臨んだ以上、記者側には約束を守る道義的責任があります。それでも、発言内容は「どうしても報道する必要がある」と判断したのなら、その場で田中前局長に対して「発言内容を報道したい」と提起して、同席した記者とともに対応を協議すべきでした。

 現場にいた記者はなぜそうしなかったのでしょうか。おそらく「報道しなければならない」との感覚がなかったからでしょう。それにもかかわらず、琉球新報が報道したのは、「田中前局長の発言内容について社内で議論し、人権感覚を疑う内容の上、重要な辺野古移設にかかわる発言で、県民に伝えるべきニュースだと判断した」からとのことです。

 また、琉球新報は掲載にあたってあらかじめ防衛局側に通告したそうですが、それで済む話ではありません。懇談会には約10社の記者が同席していたのですから、まずそれらの社と協議したうえで田中前局長に「完オフの解除」を求めて同意を得るべきでした。そこまできちんと手続きを踏まなければ、田中前局長だけでなく出席した他社との道義的責任も破ったことになります。

 取材で記者がオフレコに応じるというのは、それほど重い判断なのです。取材はあくまでオンレコが基本であって、記者側はオフレコにすることを安易に考えてはなりません。懇談会に出席した記者が「完オフ」に同意したことも、発言内容を受けて田中前局長とすぐに協議しなかったことも、琉球新報が一方的に約束を破って報道したことも、オフレコに対する認識の甘さが根底にあります。

 実は私も同様の問題を経験したことがあります。平成7年11月に当時の江藤隆美総務庁長官が記者会見後のオフレコ懇談で、日韓併合をめぐり、「日本は植民地時代にいいこともした」と発言したことが報じられ、辞任した問題です。

 私は当時、首相官邸クラブのキャップ代行で、産経新聞社は内閣記者会(首相官邸担当の記者クラブ)の幹事社でした。江藤氏の発言は、同氏が「ここからはオフレコだ」と宣言し、出席した記者も反対しなかったため、オフレコが成立したうえでの発言だったことから、発言直後は報道されませんでした。

 しかし、その後、韓国の東亜日報が江藤氏の発言を報道したことから、内閣記者会も追随して報道するかどうかの判断を求められました。このため、私は内閣記者会の幹事社の責任者として、各社キャップによる協議を行いました。

 各社からは「海外のプレスとはいえ報道された以上、オフレコは解除すべきだ」との意見も出ましたが、まずは江藤氏にオフレコの解除を求めることになりました。そこで、幹事社が代表して江藤氏に「オフレコ解除」への同意を要請しましたが、江藤氏は「自分はオフレコだから発言した。報道される前提ならそういう発言はしなかった」と同意しませんでした。

 その結果を各社の代表者に報告して再度、対応を協議した結果、意見は分かれましたが、多数決で「オフレコに同意した以上、報道はしない」との結論に至りました。しかし、毎日新聞と東京新聞は「内閣記者会からペナルティーを受けても報道する」として報道、内閣記者会は両社に対して「首相官邸出入り禁止1カ月間」というペナルティーを課しました。

 この問題を受けて、全国のほとんどの新聞社が加盟する日本新聞協会の編集委員会は、オフレコ問題について協議し、平成8年2月に見解をまとめて発表しました。

 見解は「オフレコはニュースソース(取材源)側と取材記者側が相互に確認し、納得したうえで、外部に漏らさないことなど、一定の条件のもとに情報の提供を受ける取材方法で、取材源を相手の承諾なしに明らかにしない『取材源の秘匿』、取材上知り得た秘密を保持する『記者の証言拒絶権』と同次元のものであり、その約束には破られてはならない道義的責任がある」と、オフレコ破りを禁じています。

 その理由として「新聞・報道機関の取材活動は、もとより国民・読者の知る権利にこたえることを使命としている。オフレコ取材は、真実や事実の深層、実態に迫り、その背景を正確に把握するための有効な手法で、結果として国民の知る権利にこたえうる重要な手段である」と、オフレコ取材の必要性を指摘しています。

 そのうえで、「ただし、これ(オフレコ取材)は乱用されてはならず、ニュースソース側に不当な選択権を与え、国民の知る権利を制約・制限する結果を招く安易なオフレコ取材は厳に慎むべきである」として、あくまでも取材はオンレコを基本とすべきで、オフレコを乱用しないよう警告しています。

 私はこの見解に全く同感ですし、加盟社はこの見解に従うべきです。私自身、約20年間の政治取材を通して、記者会見などのオンレコ取材だけでは、読者に対して真実や事実の深層や実態を伝えることはできないと実感しています。オフレコを条件に取材対象からオンレコでは聞けない本音や、深層などを聞き出すことは、読者に対して正確で充実した報道を行うには必要不可欠だからです。

 しかし、今回の田中前局長の発言が報道された経緯や、各紙の報道ぶりをみると、この日本新聞協会の見解を知らない社や記者がほとんどなのではないかと思ってしまいます。つまり、オンレコ、オフレコの意義も含めて取材、報道はどうあるべきかという基本姿勢が乱れているのではないでしょうか。

 田中前局長の発言を最初に報道した琉球新報も、もちろん日本新聞協会に加盟していますから、協会の見解に従った行動をとるべきです。30日付朝刊で田中前局長の発言を報道するにあたり、オフレコ発言による問題の経緯や日本新聞協会の見解を掲載し、琉球新報のオフレコ破りについて問題を提起したのは産経新聞と朝日新聞だけでした。毎日新聞はオフレコ問題には一切言及せず、田中前局長の発言を1面コラムの「余録」と社説で厳しく批判しました。

 一方、読売新聞は1面コラムの「編集手帳」で、「非公式の記者懇談にしても、今回はかばいようがない」として、オフレコ破りも仕方がないとの見方を示しました。

 さらに驚いたのは東京新聞の論評です。まず1面コラムの「筆洗」で「琉球新報が非公式発言を書いたことは言葉狩りとは思わない。オフレコが前提の懇談でも、人権感覚を著しく疑わせる防衛局長の発言への怒りが、記事化の根底にあったのだろう。その決断を支持したい」とオフレコ破りを支持し、社説でも「発言の重大性を鑑みれば報道するのは当然だろう。まずは琉球新報の報道姿勢を支持する」としました。

 読売新聞と東京新聞の論評は、オフレコでの発言であっても「記事にする必要がある」と判断したら、「オフレコを破りますよ」と宣言しているようなものです。これでは今後、オフレコの約束が守られない可能性があり、両社の記者を入れてオフレコの懇談会をやることはできなくなります。両社が今後はオフレコの懇談会には出席しなくてもいいというなら別ですが、そこまで考えてのことだとは思えません。

 一方、取材対象側からしてみれば「オフレコの約束をしても内容によっては後で破られる」ということになってしまうと、今後、オフレコ取材に応じない理由に正当性を与え、その動きが広がりかねません。オフレコは守るという日本新聞協会の見解に沿った報道姿勢の社にとっては、取材の機会が狭められてしまうことになります。

 非公式発言をめぐっては、今回の田中前局長の問題だけでなく、最近では鉢呂吉雄前経済産業相が「放射能をうつしてやる」との趣旨の発言をして更迭された問題がありました。あの発言は、国会議員宿舎の玄関前という周囲にいれば誰でも聞こえる状況での発言でしたから、私はオフレコは成立していないと思いますが、聞いていて報道しなかった記者にはオフレコという認識があったようです。

 数年前まで国会議員の夜回り取材の多くは、議員の宿舎の部屋や自宅で行われていましたから、オフレコが守られる状況でしたが、現在は宿舎前での立ち話ですから、オフレコが成立する状況にはありません。したがって、これについてはもはやオンレコ取材とすべきではないでしょうか。

 このように、現在の取材現場は、オンレコとオフレコの取り扱いが乱れてしまっています。日本新聞協会は今回の問題を契機として、改めてオフレコ問題について協議し、見解を確認すべきだと思います。そしてもちろん、現場の記者一人ひとりも、この問題を真剣に考えて取材に臨むべきです。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/537285/

 秀逸な記事です。今回の意見交換がオフレコのなかでも完全なオフレコ(完オフ)であったこと、オフレコに関しては平成7年11月の江藤大臣(当時)の事件を教訓に日本新聞協会が業界の決まりを作成したこと、その決まりを日本新聞協会に加盟している琉球新報が破ったこと、が明快に解説されています。

 とても勉強になりました。なお、こちらが日本新聞協会のオフレコ取材に関する見解です。こうした見解を踏みにじった琉球新報に対する静かな、しかし、強い憤りを、記事から感じました。貴重な情報源であるオフレコ取材を封じられる可能性があるから当然でしょう。

 震源地となった琉球新報は左翼の新聞です。琉球新報は、名前の通り、新聞というより左翼の機関誌です。消えつつある左翼勢力ですが、起死回生をはかって沖縄防衛局長を生け贄に捧げたのでしょう。えげつないやり方だと嫌悪する一方で、そうまでしなければ消滅してしまうとの必死さが感じられました。

 戦後はもうすぐ、本当の意味で、終わりそうになっているな、と改めて思いました。

 ちなみに、高知新聞は12月1日の社説でこの問題を取り上げています。

【沖縄局長暴言】「正心誠意」が問われる
2011年12月01日08時26分

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題をめぐり沖縄や女性を侮辱する発言をしたとして、田中聡沖縄防衛局長が更迭された。

 名護市辺野古への県内移設に向けた手順として、政府は同県に環境影響評価(アセスメント)の評価書を提出する。田中局長はその時期を問われ、「犯す前に、犯しますよと言いますか」と応じたとされる。

 米軍基地が集中する沖縄の忍苦に真面目に向き合い負担軽減を本気で考えている人の口からは、こうした言葉は決して出まい。更迭は当然だ。

 沖縄をめぐっては日米の政府高官らによって、不適切な発言が繰り返されている。県民はもとより国民一般にとっても聞くに堪えないことだ。

 田中氏は以前にも那覇防衛施設局に勤務し地元との調整に当たるなど、基地問題のエキスパートの一人だったという。沖縄への理解が深いと思われていただけに、「裏切られた」と感じる県民は多いはずだ。

 沖縄がどれだけ辺野古移設に反対しようとも、最後には同意なしでまた不合理な負担を押しつければよい―。田中氏の蔑視発言からはそんな意識さえ感じられる。

 米軍による事件事故の脅威におびえ、不平等な日米地位協定も一向に改定されない。そんな状況が放置されてきたことを、沖縄では国家による構造的差別ととらえてきた。田中発言はそうした思いを強めたに違いない。

 今回の問題は、田中氏の更迭だけで済まされない点も深刻だ。

 政府はアセスの年内提出方針を堅持している。野田首相がオバマ米大統領との会談で表明した「対米公約」でもあるからだろう。しかし、田中発言で沖縄の理解を得るハードルは格段に上がった。現状のまま強行すれば沖縄との溝は絶望的に深まる。

 普天間移設問題を進展させるには沖縄との信頼関係が不可欠だ。それを無にしてまで年内提出にこだわることが得策とは思えない。今は首相が沖縄に行くなどして信頼を少しでも取り戻すよう、努力するべき時ではないか。首相の「正心誠意」が問われる。

 辺野古移設の日米合意一点を追求することも疑問だ。米議会には辺野古以外の案を模索する動きもある。それを踏まえながら沖縄の民意を尊重した移設案を検討できないか。日本にはもっと主体的な外交が求められる。

http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=282711&nwIW=1&nwVt=knd

 オフレコ発言が報道されたことには一切触れていません。琉球新報の行為に賛同もしない代わりに批判もしていません。でも、報道内容を論拠に権力に対してはきっちり難癖をつけています。かつては時代を牽引した土佐のジャーナリズムも、今ではこの程度です。

医療崩壊は自業自得

 今日は医療崩壊は自業自得です。

上小阿仁 再び無医村の危機

医師が退職願 中傷で心労か

 上小阿仁村唯一の医療機関である村立上小阿仁国保診療所の有沢幸子医師(66)が退職願を出し、受理されたことが28日、分かった。有沢医師は昨年、一部住民の嫌がらせが原因で辞意を示したが、住民の熱意で、その後、撤回した。今回は、健康上の理由だというが、今でも嫌がらせが続いていることが背景にあると指摘する村関係者もいる。後任探しは難航が予想され、再び無医村の危機を迎えた。(糸井裕哉)

 有沢医師は昨年9月、小林宏晨(ひろあき)村長に対し、「激務をこなせる体力がもうない」と退職願を提出した。小林村長は「土日を完全休診にする」「週2日は非常勤医に任せる」などの待遇改善策を提示して慰留に努めた。

 しかし、有沢医師は昨年末の検査入院で「現状が続けば健康維持は難しい」と診断されたことを挙げ、申し出を断った。意志は固いと判断した小林村長は2月下旬、受理した。退職にあたり、有沢医師は「後任に引き継ぐまでは頑張る」と話していた。

 有沢医師は当初、辞任の公表を望まなかったが、今月中旬に有沢医師から「いつ辞めるか分からないのに実情を知らせないのは村民に不誠実」との申し入れがあり、村は事実の公表と、ホームページ上での医師公募に踏み切った。また、退職願を受け、村は、有沢医師の負担を軽減するため、4月から秋田市立秋田総合病院長を週1回招いて、外科と泌尿器科の診療を実施する。

 有沢医師は2009年に赴任。年間約20日しか休診せず、夜間や早朝でも往診する献身的な診療で、住民から絶大な信頼を得た。その一方で、一部住民から、「平日に休むな」「患者を待たせすぎだろ」などの心無い中傷で心労が重なり、辞意を表明した。

 1週間で慰留を求める約800人の署名を集めた村民の熱意で翻意した。だが、その後も無言電話があり、年始に休診した際には「正月だからって休むのか」と嫌がらせの電話があるなど、有沢医師に対する中傷は続いたという。

 さらに、周辺自治体で医療機関が続々と縮小した影響などで、有沢医師のいる診療所では患者が急増。昨年は1日あたりで前年比約10人も増えた。

 村の担当者は「有沢先生は後任が決まるまで続けると言ってくれているが、夏までに医師を見つけないと先生が倒れる」と、後任探しに奔走している。

 だが、有沢医師のように村に移住し、急患や往診に即応できる医師の確保は困難だ。村では、常駐の医師が見つからない場合として、非常勤の医師を複数おいて、診療態勢を維持することも考えている。

 月一度、診療所に通っている山田ツル子さん(75)は「一人暮らしで移動手段が限られる私には診療所と有沢先生だけが頼り。無医村になるのは避けたい」と不安な表情を浮かべた。

(2011年3月29日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20110328-OYT8T01034.htm

 医療崩壊の基本的問題の続きです。同じ読売新聞が記事にしていますが、この記事も新聞にしては良い内容になっています。地域唯一の医者が住民や患者から激しい嫌がらせを受けていたことを明示しているからです。

 当該医者は昨年から退職願を提出していましたが、医者がいなくなっては困る行政側は慰留を続けていました。その退職願が今月末になってやっと受理されましたので、これより、地域では医療崩壊が発生するでしょうが、それは自業自得だと評価すべきです。

 地域から医者がいなくなる可能性が高まっても、当該医者に対する嫌がらせは続いていたようです。その一方で、医者がいなくなると困ると残念がっているのですから、田舎の人間は本当に理解不能です。

 前任者は2008年2月から2009年1月までの約11ヶ月で退職しています。その医者は僻地医療に20年も従事してきた人ですが、それでも1年もちませんでした。僻地医療の専門家をも追い出すような住民たちの嫌がらせがあったのでしょう。

 今回の医師は2009年1月から2011年3月までとなりますので、2年以上も嫌がらせに耐えて医療を提供してきました。十分です。お疲れさまでした。もう嫌がらせに悩まされることはありません。ゆっくりと休養してください。

 この地域にしばらくは医者はやってこないでしょう。それによって高齢者を中心に被害が出るかもしれません。ですが、仕方のないことです。医者を追い出したのは住民たちですから、その結果は住民たち自身が望んだことです。

 医者がいない地域、というと、社会政策上の大きな問題になるため、救済しなければとの思いに駆られてしまいがちです。しかしながら、これは住民たちが望んだことです。外野の人間である私たちから提言することは何もありません。

 井堀利宏が『公共事業の考え方』(2001年、中公新書)で、地域を維持することは無駄であるため、積極的に切り捨てるべきだ、と主張して世間を驚かせましたが、意外に重要な指摘だと思います。一方的な切り捨ては妥当ではないでしょうが、地域を大切にすることを金科玉条にする必要はないと、私も考えます。

 地方分権も素晴らしいこととして批判が封じられる傾向にありますが、権限を移譲される地域が本当に自治の担い手として適切かどうかは検討されるべきでしょう。地域の視点や庶民の感覚が政治過程に直接反映されると、明るい未来が開けるのでしょうか。

 今回の問題は、単に医療問題のみならず、他の問題領域へも拡大して考えるべきだと思います。また、議論する際には医者や行政を批判するのではなく、問題の原因となっている住民側にも大きく切り込んでいくべきでしょう。地域の問題は根深いです。

迷惑な奉仕精神

 今日は迷惑な奉仕精神です。

【再掲】災害現場の困ったちゃん!? ボランティアに求められる自己責任の大原則

 台風18号が2009年10月8日早朝、愛知県に上陸。各地を暴風雨に巻き込みながら日本列島を北上した。愛知県の国道ではトラック4台が横転し、和歌山県では倒木に新聞配達中の男性がバイクで衝突して死亡。気象庁によれば、「昭和34年に東海地方などを襲い、死者・行方不明者5,098人を出した伊勢湾台風に匹敵する」としている。

 アジアモンスーン地帯に位置する日本列島は、元々が台風の常襲地帯。地形も急峻で断層や破砕帯が散在するなど、地理的にも地形的にも災害が発生しやすい自然条件にある。このため、毎年のように台風や地震等の自然災害に見舞われている。

 そして、こうした災害復旧に欠かせないのが民間の「災害ボランティア」だ。全国の自治体が立案している「市町村災害復旧計画」も民間ボランティアの参加を大前提にしており、今や我が国の災害対策は彼ら抜きには語れないのが実情だ。しかし、そんなありがたいはずのボランティアが、とても迷惑な存在になってしまう場合があるという。

 災害ボランティアの大原則は「自己責任」だ。現地への交通費や宿泊費、食費などの必要経費は、いうまでもなく自分負担。ところが現実には、「フラっとやってきて、『寝る場所はどこですか』とあたりまえに聞いてくる人が多い」(中部地方の某町役場職員)のも現実だ。災害対策本部(市町村役場の総務課などに設置される場合が多い)に電話をかけてきて、「安い民宿を紹介してくれ」と宿の斡旋を求める人もいる。徹夜で業務に追わることもある現地の役場職員が、全国からの宿の斡旋に対応していたらそれだけで業務はパンクしてしまう。各自で確保するように説明する職員に「手伝いに行ってやるのになんという冷たい対応だ! だから役人はダメなんだ!」と逆ギレして周囲を呆れさせる例も少なくない。

 また、ボランティア志願者はどうしても土日に集中するため、必然的にこの二日間は人手が余りがち。その結果、土日のボランティアセンターでは大勢の人がテントで待機する光景がしばしば見うけられる。すると「貴重な休みをさいてやって来たのにいつまで待たせるのか」と怒り出す困った人が現れる。復旧作業を遊園地のアトラクションと勘違いしているのだろうか。仕事量と人手がちょうどよくかみ合う日ばかりではない。「待つのもボランティアの仕事ということでご理解を......。もう少しお待ち下さい」となぜかお詫びをしているスタッフさえもいる。

 ちなみに筆者は北陸のある被災地へボランティアに行った際、ボランティアセンターの職員が、長時間待機する人たちに、即席の「方言講座」を開いて必死になだめている場面に遭遇。「そんな話を聞きにきたんじゃない!」と声を荒げる男に頭を下げるスタッフの姿は、実に痛々しかった。

 また、若い層に多く見られるのが異様なまでの頑張り屋さんだ。体力に自信があるのか使命感が強いのか、とにかく全身全霊で作業を続け、「疲れた」「きつい」を連呼しながら頑張り続け、自らのブログに「意識が朦朧として更新もつらいがガンバルしかない」と悲壮な覚悟を綴るストイック(?)な人たちもいる。その結果、熱中症で倒れて救急車のお世話になり、かえって現場に迷惑をかけてしまう例も。疲労がたまれば休みも必要。意識が朦朧とするほど疲れているなら一日くらい休めばいい。どうしても休みたくなければ睡眠をたっぷりとり、たまには午後から"出勤"する方法もある。健康面での自己管理もボランティアに求められる重要な要素の一つだ。

 支援物資も大きな問題。実は「救援物資は第二の災害」といわれるほど、現地にとっては厄介な存在なのだ。全国から怒涛の如く送られてくる物資の整理は自治体職員らが人海戦術で行うしかなく、しかも利用価値がない物も大量に含まれている。1993年北海道南西沖地震の被災地・奥尻島では、救援物資 5,000トンの保管のために1000平米の仮設倉庫を3,700万円かけて建築。さらに仕分の結果、衣類を中心とする1200トンが不要と判断され、カビや腐敗など衛生面の問題から焼却処分となり、これに560万円の予算が投入された。

「とりあえず何か送ろう」という安易な支援ほど現地にとって迷惑なことはなく、実際に京都府災害ボランティアセンターのように「救援物資は現地の復旧作業の妨げになる場合があるので送らないように」とサイトではっきりと呼びかけている例もあるほどだ。

 とはいっても、被災地で人助けをしたいという気持ちそのものは非常に尊いもの。先にも述べたように、無償で貢献してくれるボランティアの存在なくして災害復旧が成り立たないのも事実だ。最近では各ボランティアセンターともサイト上でかなりの情報を提供してくれる。まずはネットや電話で被災地の情報を収集し、危険度や必要な経費も考慮に入れながら行くかどうかを判断したい。自己管理が原理原則の大切さを理解したうえで、その時自分ができると思う範囲で参加することが、災害ボランティアのあるべき姿といえるだろう。

http://www.cyzo.com/2011/03/post_6817.html

 周知のように、東北を中心に東日本で大地震による発生しました。連日、現場からの情報が届き、今回の災害が巻き起こした惨状を私たちに伝えています。

 誰もが「被災地の人々を助けるために何かしたい!」との思いに駆られます。事実、現地へは救援のための物資や人々が連日のように到着しています。

 私も何かをしたいと思っている人の一人です。ですが、今は耐えて拙速な行動を抑えるべきだと感じてます。物資も人も現地での受け入れ体制がなければ迷惑なのです。

 何かをしたいとの思いは個人の勝手な感情です。それを満足させるために、現地での状況を無視して行動することは、傲慢な自己満足でしかありません。

 千羽鶴も現地では無用の長物です。食料や衣料品を求めているところで、千羽鶴が何の役に立つのでしょうか。乱暴に言えば、ゴミでしかありません。

 自己満足で済めば良いのですが、それが他人の迷惑をかけることもあります。まして、被災者が困るようなら、もはや何が目的なのかわからなくなります。

 現時点ではまずは冷静に事態を見守ることが、意外に重要だと私は考えます。日常生活を継続して体力と資力を蓄え、必要となった時にいつでも現地に行けるように備えましょう。

 それでも何かしたい場合は、募金がオススメです。しかるべき機関に募金をすれば、その機関が現地と連携して必要な物資や人を組織してくれるはずです。

 くれぐれも怪しい機関には注意しましょう。個人が募っている募金はもってのほかです。それなりの組織であっても募金が現地に届かない場合もありますので、ご注意ください。

 推奨組織は日本赤十字社です。ユニセフよりも信頼できます。本日3月14日より募金を受け付けています

 いずれにしても、過剰な情報に左右されることなく、日常生活を大切に過ごしましょう。

【追記】3月16日
けしからん! けしからん!

【追記】3月17日
ファミポートから日本赤十字社へ募金を送ることができます。500円から募金でき、匿名ですので、気軽に利用できると思います。とりあえず万札をぶち込んできました。

【追記】3月24日
やはり、迷惑な人々が被災地に押し寄せているようです。

ボランティア「仕事ない」 需給ミスマッチ深刻

東京新聞:2011年3月24日

 東日本大震災で復興の担い手となるボランティアが殺到し、作業を割り当てられないという「需給のミスマッチ」が起きている。沿岸部で百体以上の遺体が見つかるなど大きな被害を受けた仙台市若林区のボランティアセンターを二十三日、訪ねた。(森本智之)

 「こんなに待たされるとは。仕事する前に疲れちゃいました」

 受け付けから三時間以上待っていた同市宮城野区の石川明典さん(30)は嘆息した。待合室では大勢のボランティア希望者がいすに座り込んでいる。

 センターは区内の避難所や市民から依頼を募り、ボランティアに仲介する仲人のような存在だ。だが、スタッフは「希望者が多すぎて現時点では回せる仕事がない」と申し訳なさそうに話す。

 午前九時の受け付け開始時から約百三十人が列をつくった。「避難所のトイレ掃除四人」「倒れた家具の片付け五人」…。スタッフが声を掛けると、次々に希望者が手を挙げ、仕事はあっという間になくなっていく。

 余った人たちにはセンターの事務などが割り当てられた。ボランティアは避難所の手伝いや民家内での作業を想定して来る人が多い。若林区の高校三年女子(18)は「被災者と触れ合えるような仕事が良かった。事務作業なら応募しなかったのに」と残念そうだ。

 センター開設直後の十八日には六百人が殺到したが、仕事は五十人分だけだった。ミスマッチが深刻化し、仙台市と宮城県では原則として地元市町村以外からのボランティアを受け入れていない。

 仙台市内より被害の大きい沿岸部では自衛隊や警察による遺体の捜索とがれきの撤去が続く。多くの地域は立ち入り禁止で、ボランティアに適した仕事がない。県社会福祉協議会の担当者は「食料や燃料不足も深刻で、とても各地からボランティアを引き受ける余裕がない」と話す。

 若林区のセンターを運営する仙台市社会福祉協議会若林区事務所の古沢良一所長は「ボランティアは押し売りではなく、被災者のニーズが最も重要。希望に沿う仕事ばかりでないことを理解してほしい」と話す。その上で「立ち入り禁止が解除されれば多数のボランティアが必要になる時は来る。それまでは待っていてほしい」と呼び掛ける。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011032402000025.html

 被災地に勝手に押し寄せて、十分な仕事がないと不満を言っています。被災者とふれあいたい、という欲求を満たすためにボランティアに応募しています。彼らからは自己愛しか感じません。一刻も早く故郷に帰るべきです。

審議拒否

 今日は審議拒否です。

41 名前: サブちゃん(三重県):2011/01/29(土) 23:15:13.02 ID:k8ctKrV10

民主党 野党時代の審議拒否の歴史

安倍内閣時代
・大臣が子供を産む機械などと発言をしたから辞任しろと審議拒否
・憲法改正のために必要な国民投票法で民主案を飲んだら審議拒否
・民主党が出した教育基本法改正案を自民党が丸呑みしたら審議拒否
・参院選で勝った民主党の要求どおりに解散しないから審議拒否

福田内閣時代
・参院選で負けたのに首のすげ替えで福田に変わった
 民意を問わないで首をすげ替えたのは民意に反しているから審議拒否
・日銀総裁人事が気に入らないと審議拒否
・イージス艦と漁船の衝突事故の真相究明がされるまで認めないと審議拒否
・後期高齢者医療制度を廃止しない事、
 ガソリンの暫定税率を復活させた事を理由に問責可決
 →問責したのだからと以降審議拒否

麻生内閣時代
・民意を問わずに首相が替わることは許されない。解散しないから審議拒否
・定額給付金を撤回しないから審議拒否
・麻生が補正予算案を臨時国会に出してこないから審議拒否
・中川昭一酩酊会見
 中川が謝罪するまで審議拒否
 中川が辞任しないから審議拒否
 今すぐに辞任しないから審議拒否
 中川の辞任について首相が謝罪するまで審議拒否
 麻生内閣が予算案を撤回するまで審議拒
 予算案撤回→民主「このとおり麻生内閣は無責任だ。政権担当能力はない。だから審議拒否」
 民主「麻生が衆院を解散しない」事を理由として麻生太郎問責決議可決
・麻生首相が衆院解散を決めたので審議拒否

 国会で来年度予算の審議が始まっていますが、与党民主党が野党自民党などに審議に協力するよう呼びかけています。新聞の社説などでも与野党の歩み寄りによって審議をするよう主張しています。

 その一方で、自民党政権時代には野党であった民主党は審議拒否を連発してきました。新聞もそれに対して批判することなく、むしろ悪いのは自民党だからと、審議拒否を積極的に評価していました。

 民主党も新聞も過去の行いについて総括が必要ではないでしょうか。審議拒否によって重要な法案が成立しないと困る状況は、過去についても言えるはずです。自民党に審議拒否するなと批判する前に、自分たちのかつての言動を反省しなければならないと思います。

 もっとも、同じことは自民党にも言えるかもしれません。野党時代の民主党を、何でも批判するだけ批判して建設的な議論をするつもりがない、と攻撃していました。現在の予算審議で、自民党は何か建設的な提案をしているでしょうか。解散、解散と叫んでいるだけです。

 これが、いわゆる「二大政党制」の現実の姿なのかもしれません。与党は与党の立場で、野党は野党の立場で、好き勝手なことを主張するのみです。本当にこれで政策論議が深まるのでしょうか。ディベートにありがちな不毛な対立だと思います。

 国民にとっては国会での審議はなおざりでも良いのかもしれません。民主党も自民党も、その議員を選んだのは国民自身です。難しいことがわからない国民には、込み入った政策論議ではなく、単純な政治と金の問題でも批判しておけば十分なのです。

 国会の審議がこの程度でも、日本がそれなりに運営されていることに、今更ながら驚きます。実務を担う役人たちが優秀であるためでしょうか。いずれにしても、日本の政治における動揺はいまだしばらく続きそうです。

追記:2010-01-31

 新聞報道で見落としていたことがありました。

31日に実質審議入り=自公は反発、欠席へ−11年度予算案

 衆院予算委員会は28日、社民党を除く野党4党が欠席する中、2011年度予算案の提案理由説明を行った。この後4党不在のまま理事会を開き、菅直人首相と全閣僚が出席して31日と2月1日に基本的質疑を行うことを決めた。ただ、野党側は与党の国会運営に「強権的だ」と反発を強めており、31日からの審議も欠席する構えだ。

 自民、公明、共産、みんなの野党4党は、小沢一郎民主党元代表の証人喚問問題で民主党の姿勢が不明確なことなどを理由に、28日の委員会と理事会への出席を拒否した。

 4党は31日以降の日程の白紙撤回を求めている。自民党の逢沢一郎国対委員長は記者会見で、基本的質疑について「当然、出席できない」と語り、公明党の漆原良夫国対委員長も「審議に応じる環境にはない」と記者団に述べた。みんなの党も欠席する方針だ。共産党の笠井亮氏は会見で「日程の合意を拒否しているのは民主党だ」と批判しつつ、欠席するかどうかは明言しなかった。

 これに対し民主党の安住淳国対委員長は記者団に「欠席は国民の理解を得られない。『政治とカネ』で疑問があるならば、審議の場でただせばいい」と野党側をけん制。野党が欠席しても31日に予算委を開き、予算案の実質審議に入る考えを強調した。(2011/01/28-23:53)

時事通信2010年1月28日(金)

 審議拒否をした政党のなかに、日本共産党が入っています。これは非常に重要な点であり、注目すべきです。

 日本共産党は、主義主張はあれですが、国会での審議を拒否することはありません。原則として論戦で相手を追い詰めていく方針を徹底しています。国会での審議に対するこのような真摯な姿勢は、私は高く評価をしています。主義主張はあれですが。

 その日本共産党が審議拒否です。これは与党民主党による国会運営で相当の問題が生じていることが示唆されます。問題の中身は日本共産党の機関誌にまとめられています。

日程協議も行わず、証人喚問に背
与党の横暴許されない
衆院予算委の異常事態なぜ
穀田国対委員長に聞く

 国会は冒頭から、与党が来年度予算案の提案理由説明を衆院予算委員会で一方的に強行し、質疑に入ろうとする異常事態になっています。どうしてこんな事態になっているのか、日本共産党の穀田恵二国対委員長に聞きました。

 与党・民主党は28日、衆院予算委員会を理事会での与野党協議をまったく行わないまま一方的に開会し、来年度予算案の提案理由説明を強行しました。出席したのは民主、国民新、社民の議員だけでした。

運営の慣例破る

 民主党は、「衆参の代表質問終了後直ちに予算委員会で説明聴取するのは長年の慣例であり、野党側は理由もなく拒否した」などと言っていますが、とんでもないことです。

 審議入りなどの委員会運営については、与野党による理事会で協議し合意のうえすすめるのが慣例です。同日はそうした協議のための理事会は一度も開かれませんでした。与党は、理事会で共産、自民、公明の野党側と協議もせず、一方的に委員会開会を強行したのです。議会運営は各党合意ですすめていくべきものであり、多数党が一方的にすすめるというのは議会制民主主義をふみにじる横暴なやり方です。

 その上、与党・民主党は、菅直人首相と全閣僚が出席する基本的質疑を31日と2月1日に行う日程と、質疑時間は与党5時間・野党9時間という割り振りまで一方的に中井洽委員長の職権で決めました。予算委員会を冒頭から委員長の職権ですすめるなど前代未聞のことであり、絶対に認められません。

 日本共産党の笠井亮議員など野党4党の理事は、予算委員会の日程について、暮らしや外交など国民にとって重要な課題を議論するために、31日に提案理由説明を行い、2月1日から基本的質疑に入る日程を提案していました。これは、菅首相がダボス会議から30日夜に帰国することや、野党が求めている予算委員会での小沢氏の証人喚問について民主党が対応策を協議するための時間も考慮したものでした。ところが、民主党はそうした野党側の提案には一顧だにせず、強行したというのが経過です。

同時並行を主張

 民主党はまた、「喚問問題は予算審議と切り離すべきだ」と主張し、野党が喚問問題をからめて審議拒否しているかのようにいいますが、それも事実と違います。予算審議と小沢氏の喚問問題についての協議を同時並行で行うよう主張しているのがわが党であり、自民、公明、みんなの党なども同様の立場に立っています。まともな審議と証人喚問の協議を拒んでいるのは民主党のほうです。

 社民党以外の野党6党は、政治資金規正法違反容疑に問われている小沢一郎民主党元代表の国会招致について「政治的道義的責任の追及と真相究明を行うためには証人喚問以外にない」と主張し、予算委員会での民主党としての態度を示すよう求めてきました。

 日本共産党は、小沢氏の疑惑の核心は、公共事業費がゼネコンを通じて献金として還流したのではないかという予算執行にかかわる大問題であり、予算案審議のなかで明らかにする必要があると主張してきました。

 この問題で民主党の岡田克也幹事長は27日の与野党書記局長・幹事長会談で、証人喚問を拒否しながらも、「予算委の現場で各党でよく議論してほしい」とのべました。これを受けて野党側が、民主党としての対応策を求めたのは当然です。27日に開かれた野党6党による国対委員長会談でも私は、予算案審議と並行して証人喚問の実施を求めていこうと主張し、各党も同様の立場を表明しました。

 与党・民主党は、予算委員会の一方的強行を中止し、証人喚問問題に対する責任ある対応策を示すとともに、まともな審議を行う道に立ち返るべきです。

 民主党が横暴な議会運営に出てきているのは、ねじれ国会のもとで、参院で予算・法案が否決されても、衆院で3分の2の賛成で再議決して成立させる展望を開きつつあることや、強制起訴される小沢氏の問題を国会審議と切り離しておきたいなどの思惑が反映していると思います。

展望示す論戦を

 今国会では、代表質問を見ても、消費税増税に前のめりの菅政権に対して自民、公明が翼賛体制ともいうべき姿勢を示すなかで、消費税増税に反対し、消費税に頼らずに社会保障を充実させる道筋を打ち出しているのは日本共産党だけです。

 環太平洋連携協定(TPP)や沖縄・辺野古への米軍新基地建設についても真正面から反対し、閉塞(へいそく)状況を打開する展望を示しているのも日本共産党だけです。政治を転換する展望を示す論戦がいっそう重要になっており、全力あげる決意です。

しんぶん赤旗2011年1月30日(日)

 与党民主党が野党側と日程調整を行わないまま予算委員会を一方的に開催したため、野党が出席できなかった、というのが実情のようです。野党が欠席して審議拒否したのではなく、与党が野党の出席できなくして審議拒否したことになります。審議拒否したのは民主党です。

 民主党が一方的に予算委員会を開催したのが1月28日です。その日の新聞報道では、野党が審議拒否したと伝えられました。上記の時事通信の記事でもそう書いています。しかし、実際は、民主党が野党との協議をせず、調整を怠ったことが原因です。にもかかわらず、野党が身勝手に審議拒否していると報道されています。

 本当に日本のマスコミは死んでいます。また、自らの調整不足により生じた事態を、野党の責任にすり替えて自己正当化しようとする民主党も、非常に問題です。誰が投票したのですか、この政治素人集団に!

日本国債の格下げ

 今日は日本国債の格下げです。

日本国債、ダブルAマイナスに格下げ S&P
2011/1/27 17:03

 米格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)は27日、日本の国債格付けを「ダブルA」から「ダブルAマイナス」に格下げしたと発表した。S&Pは日本の財政赤字の国内総生産(GDP)に対する比率が今後さらに悪化し、大規模な財政再建策を実施しない限り、2020年より前に基礎的財政収支(プライマリーバランス)の均衡を達成することはできないとしている。あわせて、長引くデフレも日本の債務問題をさらに深刻なものにしているとの認識を示した。短期国債格付けは「A―1+」で据え置いた。格付け見通しは「安定的」としている。

 S&Pは2002年4月15日に日本国債の格付けをダブルAからダブルAマイナスに格下げしている。07年4月23日にはダブルAマイナスからダブルAに格上げしていた。2010年1月26日には格付け見通しを「安定的」から「格下げ方向で見直す」と発表していた。

日本経済新聞

 何も問題ないと思います。理論では、国債の格下げは、当該国の金利と通貨の低下になりますが、現在の国際経済環境では、日本には何も影響がないでしょう。

 米国も欧州も日本より遙かに経済情勢が良くないので、日本円からドルやユーロに資金が大量に流れることはないでしょう。円ドルレートも円ユーロレートも動かないと予測します。

 今回の格下げは、とどのつまり、米国が自国の経済悪化から世界の目をそらすために、日本を攻撃しているにすぎないと思います。米国のいつものやり方です。

 サブプライムローン問題では、格付け機関の信頼性にも疑問符がつけられました。そのような機関が今更何を格付けするつもりでしょうか。

 むしろ、現在、AAAとなっている米国、英国、仏国、独国の格付けを変更しなくても良いのでしょうか。もっとも、これらの格付けを変更したら世界経済は破綻しますが。

 日本国債の格下げに敏感な反応を見せる人は少ないでしょう。市場関係者も冷ややかに見ていると思います。騒ぐのは政治家と新聞記者くらいだと思います。

新宿区西早稲田2-3-18

 今日は新宿区西早稲田2-3-18( Yahoo!:ウェブ検索 )( Google:ウェブ検索 )です。

住所が同じな謎の団体一覧

619 :陽気な名無しさん:2010/10/14(木) 08:48:32 ID:G5iU2hel0
 日本福音同盟社会委員会 新宿区西早稲田2-3-18
 日本キリスト教協議会 新宿区西早稲田2-3-18
 在日外国人の人権委員会 新宿区西早稲田2-3-18
 在日韓国基督総会全国青年協議会(全協)新宿区西早稲田2-3-18
 平和を実現するキリスト者ネット 新宿区西早稲田2-3-18
 キリスト者女性のネットワーク 新宿区西早稲田2-3-18
 女たちの戦争と平和資料館 新宿区西早稲田2-3-18
 戦時性暴力問題連絡協議会 新宿区西早稲田2-3-18
 キリスト教アジア資料センター 新宿区西早稲田2-3-18
 難民・移住労働者問題キリスト教連絡会<難キ連> 新宿区西早稲田2-3-18
 石原やめろネットワーク 新宿区西早稲田2-3-18
 歴史歪曲を許さない!アジア連帯緊急集会事務局 新宿区西早稲田2-3-18

 いま巷で流行っているコピペです。ネット界隈では、この一覧にある団体がアレなことから、新宿区西早稲田2-3-18とは怪しい団体が集う密集地として喧伝されています。

 その解釈もあながち間違いではないのですが、Wikipediaさんに相談すれば明らかなように、この住所は、キリスト教関連の施設が多数ある早稲田奉仕園があるところです。

 また、Googleマップさんに相談してみると、この住所にはキリスト教に関連した団体が入っていることもわかります。Googleマップさんで表示される団体を一覧にしてみると、以下の28件が表示されます。

(株)アバコブライダルホール
日本基督教団
Avaco Creative Studios Inc.
(社)日本キリスト教海外医療協力会
(株)アバコクリエイティブスタジオ
アクティブ・ミュージアム女たちの戦争と平和資料館
日本基督教団出版局
日本キリスト教協議会
アジアキリスト教教育基金
在日韓国人問題研究所
キリスト教学校教育同盟
(財)基督教視聴覚センター
難民・移住労働者問題キリスト教連絡会
日本バプテスト同盟
日本キリスト教協議会教育部
日本基督教団東京教区事務所
日本盲人基督教伝道協議会事務所
(財)日本クリスチャンアカデミー
(株)アバコブライダルホール 写真室
(株)スペースプロダクツ らく貸BOX受付センター
(社)キリスト教保育連盟
日本キリスト教奉仕団
宣教協力協議会
日本キリスト教会館
日本基督教団全国教会婦人会連合
(社)キリスト教保育連盟 関東部会
在日本インターボード宣教師社団
基督教新生社団

Google:マップ検索 新宿区西早稲田2-3-18

 基本的にはキリスト教のための施設です。これらが入っているビルはAVACOビル(Googleマップ)ですが、このAVACOもキリスト教関係団体です。

 以上のことから判断するに、新宿区西早稲田2-3-18を怪しげな団体の巣窟のように思い込んでしまうことは限界がある認識だと言えましょう。少なくとも、この住所はキリスト教関連の団体が入っている施設のあるところだと認識すべきだと思います。

 キリスト教の活動については私もすべてを好意的に受け止めてはいませんが、それだけで怪しいと断じることは差別的だろうと思います。上記のコピペが正しい情報をともなって流通することを期待します。

 とはいえ、上記のコピペにある団体は必ずしも全部がキリスト教に関係しているわけではありません。1つの住所に密集している問題は別にしても、これらの団体が何をしてるところであるかは知っておく必要があるでしょう。

 一覧にある団体についてGoogleさんに相談した結果にリンクしておきます。

日本福音同盟社会委員会
日本キリスト教協議会
在日外国人の人権委員会
在日韓国基督総会全国青年協議会
平和を実現するキリスト者ネット
キリスト者女性のネットワーク
女たちの戦争と平和資料館
戦時性暴力問題連絡協議会
キリスト教アジア資料センター
難民・移住労働者問題キリスト教連絡会
石原やめろネットワーク
歴史歪曲を許さない!アジア連帯緊急集会事務局

 下の2つは現在は消滅しているみたいですが、ほぼすべてが日本キリスト教協議会の下部組織です。同じ住所にあるのは当然でしょう。それを過度に誇張してミスリーディングを狙っているのが上記のコピペであると思います。

 その一方で、日本キリスト教協議会と言えば、日本の戦争責任を何度も蒸し返して攻撃する古い型の反日左翼団体として有名です。ですから、今回の問題の本質は、この日本キリスト教協議会をどのように評価するかということだろうと思います。

 同じ住所に集まっていること自体が論点ではありません。住所が一緒であるのは同じ組織であるから当然であるとして、その組織の母体である日本キリスト教協議会を議論の対象とすべきです。私はこの点で上記のコピペは恣意的にすぎると考えます。

 と、格好良く言ってみましたが、こうして慎重に組み立てられた議論だとしても、その結論はコピペだけで議論する場合と変わりません。なぜなら、私も、キリスト教一般以上に日本キリスト教協議会を好意的に受け止めていないからです。

 せめて言えることがあるとすれば、私はコピペを鵜呑みにせずに、一通りネットで調べてみた、くらいです。それだけですが、しかしながら、こうした確認作業が意外に重要ではないかと私は思います。今回の私の記事も広まると良いと願っています。

自己紹介

benyamin ♂

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

月別アーカイブ

Powered by Movable Type 5.13-ja
Support Wikipedia